Jim Hall : Panorama: Live at Village Vanguard (1996年)[CD]{ライブ録音}

Jim Hall : Panorama Live at the Village Vanguard

オススメ度

★★★★☆

所感

ジム・ホールのライブ録音アルバム。発売当時に聴いた頃はあんまり好きじゃなかったが、最近は気にいっている1枚。むしろTelarcレーベル時代(1994年~2001年)にリリースした8枚のアルバムの中ではもっとも楽しめる内容ではないかと思う。ほぼ全曲オリジナル曲で、90年代後期当時のジムの最新の音楽性と、生の空気感が垣間見える。ジム・ホールのスタンダード曲の演奏に聴き慣れてきた頃合の人にオススメしたい1枚てことで星4つ。

バンド編成の基本はジム・ホール(ギター)、スコット・コリー(ベース)、テリー・クラーク(ドラム)のトリオで、そこにさまざまなゲストを一人加えてのカルテット編成としている。おそらく録音はゲストごとに行っていたと思うが、アルバムではゲストの順番を入れ替えて収録している。ゲストごとに特徴が異なっているので、聞き比べると楽しい。ジェフリー・キーザー(ピアノ)はカラっとして瑞々しく爽快な印象に対し、ケニー・バロン(ピアノ)は艶があって豪華絢爛な印象。スライド・ハンプトン(トロンボーン)の熱いプレイに対し、グレッグ・オズビー(アルトサックス)はどこまでもクール。そしてジム・ホールの往年の盟友、アート・ファーマー(フリューゲルホーン)のいぶし銀!アート・ファーマーはこの後1999年に逝去しており、これがジムとともに録音した最後の作品でございます(たぶん)。

そういえばこのライブツアーの流れなのか、私が1997年にBluenoteTokyoのジム・ホールのライブに行ったときはケニー・バロンがピアノだったなー。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Panorama: Live at Village Vanguard
アルバム名義
JimHall
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1996/11/4-8
発売元,レーベル
Telarc International Corporation
所有盤
輸入CD
販売元
Telarc International Corporation
CD発売日
1997
規格品番
CD-83408
UPC
089408340826
定価
-

曲目

  1. Pan-O-Rama
    作曲
    Jim Hall
  2. Little Blues
    作曲
    Jim Hall
  3. The Answer Is Yes
    作曲
    Jane Hall
  4. Entre Nous
    作曲
    Jim Hall
  5. Furnished Flats
    作曲
    Jim Hall
  6. Something to Wish For
    作曲
    Jim Hall
  7. No You Don't
    作曲
    Jim Hall
  8. Painted Pig
    作曲
    Jim Hall
  9. Here Comes Jane
    作曲
    Jim Hall

演奏者

Jim Hall
guitar
Scott Colley
bass
Terry Clarke
drums
Geoffrey Keezer [Geoff Keezer] (on tracks 1,9)
piano
Kenny Barron (on tracks 3,6)
piano
Art Farmer (on track 2)
flugelhorn
Slide Hampton (on tracks 4,7)
trombone
Greg Osby (on tracks 5,8)
alto sax
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Telarc 演奏編成.カルテット 録音.ライブ録音 共演者.TerryClarke 共演者.GregOsby 共演者.ScottColley 共演者.GeoffreyKeezer 共演者.KennyBarron 共演者.ArtFarmer 共演者.SlideHampton

拍手する

Chet Baker,Jim Hall,Hubert Laws : Studio Trieste (1982年)[CD]

Jim Hall : Studio Trieste

オススメ度

★★★☆☆

所感

CTIの「Concierto(アランフェス協奏曲)」(1975年)が売れたらしく、もう一度クラッシクをオシャレチックに作ってみました、という作品。つことで1曲目がチャイコスフキーの「白鳥の湖」で始まるアルバム。3曲目はキューバの音楽家エルネスト・レクオーナによる情熱的な曲「マラゲーニャ」。2曲目はマイルス・デイビスの「オール・ブルース」、4曲目はジョン・ルイスの「ジャンゴ」とジャズのアレンジ演奏。アルバム全体はおとなしめというか、上品な印象で、ジム・ホールの演奏についてもお上品で流麗な面がつよく押し出されている。でもやっぱり、悪くはないがやはり「パート2」的なものは第一作を超えられないか・・・と感じる。渋めな内容で曲数が4曲てことで控えめに星3つ。

視点を変えて、参加プレイヤーをみると、後年ジム・ホールがともにアルバムをつくったりするメンバーがいて興味深い。収録曲は4曲だが、どれも8~10分と演奏時間が長いのも特徴。 なお、国内盤の名義はジム・ホールだが、オリジナル(海外盤)ではチェット・ベイカー(トランペット)、ジム・ホール(ギター)、ハーバート・ロウズ(フルート)の3人の連名になっている。

なお、1992年に本アルバムからジム・ホールのギターとチェット・ベイカーのトラックを利用しアレンジしたアルバム「Youkali」が発売された。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Studio Trieste
アルバム名義
Chet Baker,Jim Hall,Hubert Laws
アルバムタイトル(邦題)
スタジオ・トリエステ
アーティスト表記(日本語表記)
ジム・ホール
収録年
1982/3;4
発売元,レーベル
CTI Records
所有盤
国内版CD
販売元
キングレコード株式会社
CD発売日
2000/7/26
規格品番
KICJ-8302
JAN
4988003248918
定価
1,800円

曲目

  1. Swan Lake
    作曲
    Peter Iryich Tchaikovsky
  2. All Blues
    作曲
    Miles Davis
  3. Malaguena
    作曲
    Ernesto Lecuona
  4. Django
    作曲
    John Lewis

演奏者

Jim Hall
guitar
Hubert Laws
flutes
Chet Baker
trumpet,flugelhorn
Kenny Barron
Keybords(1,4)
Jorge Dalto
Keybords(2,3)
Sammy Figueroa
Percussion
Steve Gadd
drums
Gary King
Electric Bass(2,3)
George Mraz
Acoustic Bass(1,4)
Jack Wilkins
guitar(2)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.CTI 共演者.ChetBaker 共演者.KennyBarron 共演者.GeorgeMraz 共演者.SteveGadd 演奏編成.クインテット

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ