Jim Hall : Live At Birdland (2011年)[CD]{ライブ録音}

Jim Hall Live At Birdland  

オススメ度

★★★★☆

所感


2012年発売のジム・ホールの最新作かつライブアルバム。ジム・ホールがもうじき81歳となる直前の、実に御年80歳のときのライブでございます。
もう内容がどうとか以前に、合衆国はジムおじさまを人間国宝として国家レベルで保護すべきではないでしょうかっ!などと鼻息も荒く聞き出すと、出だしの1曲目Furnished Flatsのテーマでジムおじさまが一部のフレーズをわざとなのか弾いてなかったりと、ちょっと心配な演奏で始まり不安になる。この曲は以前、Panorama: Live at Village Vanguard(1996年)でもおなじサックスのグレッグ・オズビーと演奏しており、そのとき見せたキレのよい演奏と比べると、認めたくないものだがやはり加齢を感じてしまう・・・いや、そんなことは無いッと都合よい色眼鏡を装着。2曲目は定番のAll the things you are。やはりこなれた曲のためか徐々に演奏が安定してきて安心。最近ずっと多い3拍子のパターン。もう4拍子ではやらんのじゃろか・・・。と、そこで安心安定のお決まりパターンにおさまらず、3曲目はジョーイ・バロンとの変態無調デュオをみせ、いまだ衰えないアグレッシブなジムの音楽のあくなき探究心にずっきゅんしつつ、きっと初心者様は呆然となること請け合い。4曲目はここ最近、弾く頻度が増えたと思われるBeija Flor。美しいラテンな雰囲気のミディアムテンポのバラード。スティーヴ・ラスピナのねっとりベースが主メロとなり低音の魅力をたっぷりと堪能できる。5曲目はジムおじさまオリジナルのBig Bluesで、活気あるジャズブルースで楽しさ炸裂。6曲目は70年代に演奏することが多かったChelsea Bridge。アダルトなバラードでめろめろん。ラストのSt.ThomasではUSのライブにもかかわらずいつもの鉄道唱歌が入り日本のファンならいつでも安心のジムおじさまに心潤うことでしょう。
それにしても考えてごらんよ、自分が80歳になってこんなにギターがひけるかい?無理無理! てことで、あまあまの星4つ。

詳細

メディア
CD
アルバムタイトル(原題)
Live At Birdland
アルバム名義
Jim Hall (ジャケットのデザインではJim Hall Quartetとなっている)
収録年
2011/11/10-11,  at Birdland,NewYork City
発売元,レーベル
Artistshare http://www.artistshare.com/v4/Projects/Experience/7/431/1
所有盤
CD
CD発売日
2012/10/16
規格品番
AS0120
UPC
None
定価
$18.95

曲目

  1. Furnished Flats
    作曲
    Jim Hall
  2. All The Things You Are
    作曲
    Jerome Kern,Oscar Hammerstein II
  3. Friendly Recollections
    作曲
    Jim Hall,Joey Baron
  4. Beija Flor
    作曲
    Nelson Cavaquinho,Noel Silvia,Augusto Tomaz,Jr
  5. Big Blues
    作曲
    Jim Hall
  6. Chelsea Bridge
    作曲
    Billy Strayhorn
  7. St.Thomas
    作曲
    Sonny Rollins

演奏者

Jim Hall
Guitar
Greg Osby
alto saxophone
Don Tompson
Bass
Terry Clarke
Drums
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.ArtistShare 演奏編成.カルテット 録音.ライブ録音 共演者.GregOsby 共演者.SteveLaSpina 共演者.JoeyBaron

拍手する

Jim Hall And Joey Baron : Conversations (2010年)[CD]

Jim Hall And Joey Baron : Conversations

オススメ度

★★★☆☆

所感

ジム・ホールのギターとジョーイ・バロンのドラムによるデュオアルバム。ジムおじさまの2010年最新のアルバムが遂にきたーッ!と咆哮するのもつかの間、このアルバムはポップス、ロック、歌謡曲に汚染された私の耳への試練だと痛感しジム・ホールへの熱が試される1枚だと認識して激しく眩暈。初心者厳禁、近づくと火傷するぜ・・・。そんな1枚。

Jim Hall And Joey Baron : Conversations 1
写真はCD版
Conversations
Jim Hall And Joey Baron : Conversations 2
紙ジャケット仕様。
その内側。

15曲も収録されているが、よくやるジャズスタンダードがほとんどなく、わかりやすい曲は、#1.Bag's Groove、#8.Uncle Ed、#13.St. Thomasくらい。Uncle EdはDialogues(1995年)以来でめずらしい選曲かなと。残りの大半は1分~2分のインプロヴィゼーション(即興曲)で占められている。即興曲では、ドラムは通常のバスドラとスネアを使ったリズム楽器的な演奏よりも、リズムは刻まずにシンバルなどの金物系を多めにしたエフェクト(効果音)のような使い方が多い。一般的な曲というよりは、サウンドトラックうや環境音楽という印象を受ける楽曲になっている。まさしく楽器を経由した二人の会話(Conversations)を収録したということか。とにかくジムの過去のアルバムの、特に90年代以降の分かりにくくとっつきにくい部分が 8割を占めているアルバムですよー。

だがしかし!そこがいい。生き神のジムおじさまの境地はジャズがどうとかギターがどうとかいう域を越えて 深遠で神々しくすらあり、無我になってただありのままの音を鼓膜で受け止めるしかございません。てことで初心者にはまずオススメできない1枚であり、ジム ファンにもなかなか厳しい一枚ってことで星2つくらいにしてしまいそうだったが、そこは私個人のジムおじさま大好き補正で星3つ。

録音はかなり良好で、ギターの細かい音色の分け方や胴鳴りの雰囲気がかなりリアルに聴こえます。あと、ジムおじさんのアルバムで最近よく入ってた弾きながら歌ってた鼻歌がほとんど録音されていないので、どっちかというとアンプ側の収録を中心にしたと思う。鼻歌が多いとうるさいけど、無ければないで寂しいものですね(笑)。

その他雑感
USAからUPSでCD版Conversationsが着荷。11/2発送で11/5着。思ってたより速い。それにしても先行ダウンロードのmp3で聴いた内容が内容だったので、CDはきっと違うだろうと勝手に思ってたら、CD版も同じだったよとほー。ジャケットに名前が入る特典があるBronzeコースのオーダーをした日本人の方がいるみたいですね・・・インナーに名前が入っているよ。いーなー。$150なら・・・うー

  • 外部リンク:Artist Share (mp3版、CD購入が可能。どちらも収録曲は同じ)

詳細

アルバムタイトル(原題)
Conversations
アルバム名義
Jim Hall & Joey Baron
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
2010/5/2,2010/9/2 at Avatar Studios,NYC
発売元,レーベル
artistShare
所有盤
輸入CD
販売元
artistShare http://www.artistshare.com/
CD発売日
2010/10/31,(mp3 Down load ;2010/9/30)
規格品番
AS0111
UPC
N/A
定価
レーベル直販CD:$18.95,mp3:$12.95

曲目

  1. Bag's Groove
    作曲
    Milto Jackson
    Time
    2:05
  2. Reinhardt
    作曲
    Jim Hall and Joey Baron
    Time
    1:21
  3. Pollock
    作曲
    Jim Hall and Joey Baron
    Time
    1:01
  4. Conversations
    作曲
    Jim Hall and Joey Baron
    Time
    4:55
  5. Ballad Painting
    作曲
    Jim Hall and Joey Baron
    Time
    5:15
  6. What If?
    作曲
    Jim Hall and Joey Baron
    Time
    6:10
  7. In Repose
    作曲
    Jim Hall and Joey Baron
    Time
    1:19
  8. Uncle Ed
    作曲
    Jim Hall
    Time
    0:48
  9. Safari
    作曲
    Jim Hall,Bill Frisell
    Time
    4:55
  10. Monet
    作曲
    Jim Hall and Joey Baron
    Time
    1:00
  11. Travelogue
    作曲
    Jim Hall and Joey Baron
    Time
    9:09
  12. At Sea
    作曲
    Jim Hall and Joey Baron
    Time
    1:52
  13. St. Thomas
    作曲
    Sonny Rollins
    Time
    2:44
  14. Pocketful Of Change
    作曲
    Joey Baron
    Time
    1:52
  15. Time
    作曲
    Jim Hall and Joey Baron
    Time
    5:33

演奏者

Jim Hall
guitar
Joey Baron
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.ArtistShare 共演者.JoeyBaron

拍手する

Jim Hall Trio featuring Tom Harrell :These Rooms (1988年)

TheseRooms : Jim Hall Trio featuring Tom Harrell

オススメ度

★★★☆☆

所感

まったり。ジム・ホール・トリオにトム・ハレル(フリューゲルホーン、トランペット)を加えてのカルテット編成。スタンダード曲も多いし、ジムおじさんのアルバムとしては普通の部類になるでしょうか。カルテットだだけでなく、ギターソロ、デュオなどの演奏編成もあり、いろいろな楽しみ方ができる。曲調はわりとゆったりめの曲が多い。フリューゲルホーンといえばジムとアート・ファーマーとのコンビを思い浮かべるが、この楽器でほかのプレイヤーってあんまり見かけないなぁ。知らんだけかも。ドラムはジム・ホールの最新作(2008年現在)Hemispheresでも参加してるジョーイ・バロン。ジムの公式アルバムではこれが初参加となるのかね。金物系やスネア、総じて音色がやわらかい印象のドラマーだな。フリューゲルホーン独特の温かみのある音色、やわらかい印象のドラムと相まって全体的にほわーっとした印象をうけるアルバムだ。まったりと和むのには最適かと。10曲もあるんだからもうちょっと刺激がほしいかなーと若干物足りなさも感じるので星3つ。

#3.Something Tells Meはジム・ホールのギターとトム・ハレルのトランペットによるデュオ。#5.All Too Soonはギターソロ。アルバムタイトル曲である#6.These Roomsは長い無調音楽のような意味不明イントロが5分続いたあと、やっとこさふつーのテーマになるという実験的な内容。90年代のジム・ホール壊れ系(笑)の兆しが見えます。#7.Darn That Dreamはジムとスティーブ・ラスピナ(ベース)のデュオ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
These Rooms
アルバム名義
Jim Hall Trio featuring Tom Harrell
アルバムタイトル(邦題)
ジーズ・ルームス
アーティスト表記(日本語表記)
ジム・ホール・トリオ・フューチャリング・トム・ハレル
収録年
1988/3/9,10
発売元,レーベル
Concord Jazz,Inc.
所有盤
国内版CD
販売元
コロムビアミュージックエンタテインメント株式会社
CD発売日
2006/4/19
規格品番
COCB-53536
JAN
4988001914679
定価
2,300円(税込)

曲目

  1. With a Song in My Heart
  2. 作曲
    Lorenz Hart;Richard Rodgers
  3. Cross Court
  4. 作曲
    Jim Hall
  5. Something Tells Me
  6. 作曲
    Jane Hall
  7. Bimini
  8. 作曲
    Jim Hall
  9. All Too Soon
  10. 作曲
    Carl Sigman;Duke Ellington
  11. These Rooms
  12. 作曲
    Jim Hall
  13. Darn That Dream
  14. 作曲
    Eddie DeLange;James Van Heusen
  15. My Funny Valentine
  16. 作曲
    Lorenz Hart;Richard Rodgers
  17. Where or When
  18. 作曲
    Lorenz Hart;Richard Rodgers
  19. From Now On
  20. 作曲
    Tom Harrell

演奏者

Jim Hall
guitar
Steve LaSpina
bass
Joey Baron
drums
Tom Harrell
flugelhorn,trumpet

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 演奏編成.カルテット レーベル.Concord 共演者.TomHarrell 共演者.SteveLaSpina 共演者.JoeyBaron

拍手する

Jim Hall & Bill Frisell : Hemispheres (2008年)[CD]

Jim Hall & Bill Frisell : Hemispheres

オススメ度

★★★★☆

所感

円熟と革新の同居。CD2枚組。米国のレーベルArtistShareのサイトではCDなしでmp3のダウンロード購入も可能。ジム・ホールとビル・フリゼールの連名で、CD1枚目は2人のデュオでやりたい放題。ArtistShareのCDでは初の?ブックレットも同封。ブックレットにはレコーディング時の写真、解説、なんだかわからんぐちゃぐちゃな(笑)手書きの楽譜もあり、ファンにはお得感のあるアルバム。全体的に楽曲がマニアックなかんじなので星3つかなーてとこですが、2枚組みで2枚目はまだわかりやすいかーと妥協して星4つ。

DISC1は1曲目からビル・フリゼール作曲のアンビエント系というか電波曲スタートで旧来からのジムファンは悶絶、ジム・ホールをこれではじめて聴いたという人は呆けること請け合いでいきなりハードルが高いです(笑)。2曲目ではジムの古来からのオリジナル曲であり定番かつジャズ・バラードの名曲といっても過言ではないAll Across The Cityとなりやっと安心。ちなみに左チャンネルがジム、右チャンネルがビル。

ブックレットの解説によると1枚目は2007年の7月から12月の期間、録音日が5日あり、本作に収録されなかった曲など46回の録音テイクから採用した9曲を収録。#7はDisc2の別日程時に録音している。いったい何故選曲したのかと気になっていた、ボブ・ディランの「Masters Of War」はビルが持ち寄った曲で、ジムはそれまで知らなかったとのこと。でも歌詞は気に入ったと言ったそうだ。

DISC2はベースにスコット・コリー、ドラムにジョーイ・バロンが加わりカルテット。オリジナルの新曲や、ご無沙汰曲のBeija Flor(これがかっこいい)、得意のスタンダードIn A Sentimental Moodなどがあり、2枚目は一般のみなさまがたにも受け入れやすい内容となっている・・・と思うよー。

ブックレットの解説によると、当初デュオ・アルバムだけ制作するつもりが、2008年の夏ごろ選曲作業中にドラムとベースがほしくなってしまい、カルテットをやることを決めたそうだ。急遽2枚目の制作が決定し、2008年9月9日に録音決行したそうだ。下記の通り当初1月発売が9月になり、さらに10月になったのはそういうこってすか。まったくもってシェフの気まぐれおすすめランチなノリだ。御大は気概が違う。素敵。

本作は発売が2回延期され、注文者は実際にCDが届くまで長期間待つこととなった。当初は2008年1月15日発売予定だったが、直前の1月5日(米国時間)になり9月1日に延期決定。次に10月15日に延期。全注文者にCDを発送するまで3~4週間かかるとの案内があり、わたくしの注文分が発送されたのは11月24日、配達が12月1日であった。販売元ArtistShareは延長の告知とともに注文者に代替措置で貴重な廃盤アルバム(Jazz Impressions Of Japan)のmp3音源や本作のmp3先行ダウンロード提供を行った。詳細は過去の寝言参照。

なお、ビル・フリゼールは20歳の頃(1971年ごろ)にバークリー音楽院でジム・ホールからギターのレッスンを受けたことがあり、1986年にジム・ホールとライブで共演した。1995年にはジム・ホールのアルバム「Dialogues」で共演をしている。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Hemispheres
アルバム名義
Jim Hall & Bill Frisell with Scott Colley and Joey Baron
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
Disc1:2007/7~12(except #7),DIsc2 and Disc1 #7:2008/9/9 at Sear Sound NYC
発売元,レーベル
artistShare
所有盤
輸入CD
販売元
artistShare http://www.artistshare.com/
CD発売日
2008/10/15
規格品番
AS0079
UPC
N/A
定価
レーベル直販CD:$24.95,mp3:$18.95 *国内小売店では4,500円

曲目:Disc1

  1. Throughout
    作曲
    Bill Frisell
  2. All Across the City
    作曲
    Jim Hall
  3. Bag’s Groove
    作曲
    Milto Jackson
  4. Migration
    作曲
    Jim Hall,Bill Frisell
  5. Family
    作曲
    Bill Frisell
  6. Waiting To Dance
    作曲
    Jim Hall
  7. Bimini
    作曲
    Jim Hall
  8. Masters Of War
    作曲
    Bob Dylan
  9. Beijing Blues
    作曲
    Jim Hall,Bill Frisell
  10. Monica Jane
    作曲
    Jim Hall,Bill Frisell

曲目:Disc2

  1. I’ll remember April
    作曲
    Don Raye,Gene De Paul,Pat Johnston
  2. Barbaro
    作曲
    Jim Hall,Bill Frisell,Scott Colley,Joey Baron
  3. Chelsea Bridge
    作曲
    Billy Strayhorn
  4. Owed to Freddie Green
    作曲
    Jim Hall
  5. Beija Flor
    作曲
    Nelson Cavaquinho,Noel Silvia,Augusto Tomaz,Jr
  6. Here and Now
    作曲
    Jim Hall
  7. My Funny Valentine
    作曲
    Lorenz Hart,Richard Rodgers
  8. Card Tricks
    作曲
    Jim Hall,Bill Frisell,Scott Colley,Joey Baron
  9. In a Sentimental Mood
    作曲
    Duke Ellington,Irving Mills,Manny Kurtz
  10. Sonnymoon for two
    作曲
    Sonny Rollins

演奏者

Jim Hall
guitar (on Disc1 and Disc2)
Bill Frisell
guitar (on Disc1 and Disc2)
Scott Colley
bass (on Disc2 except 7)
Joey Baron
drums (on Disc2 except track 7)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.ArtistShare 演奏編成.カルテット 演奏編成.デュオ・ギターとギター 共演者.BillFrisell 共演者.ScottColley 共演者.JoeyBaron

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ