スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Terry Clarke : It's About Time (2000年)[CD]{ライブ録音}

 Terry Clarke It's About Time

オススメ度

★★★★★

所感


Bandcamp, Incでは全9曲をmp3、FLAC形式などでダウンロード購入可能(CDは7曲、iTunesStoreはm4a形式)。しかも全曲一括で価格USD7.99。1曲買いもできUSD1。試聴も大サービスで全トラックをフルサイズでストーリーミング再生可能。http://bluemusicgroup.bandcamp.com/album/its-about-time
(情報提供:Shaolinさん)

ジャズ・ドラマーのテリー・クラーク名義の2000年1月のカナダのライブ音源。ジム・ホール、ドン・トンプソン、ジョー・ロバーノ、グレッグ・オスビー、フィル・ドワイヤーが参加。ライブ音源は3会場分からの収録。
やばいです。最高です。Juno Award 2010 "Traditional Jazz Album of the Year "Winnerって触れ込みですが、カナダ版グラミー賞と呼ばれるジュノー賞で、2010年トラディショナル・ジャズ・アルバム年間最優秀賞受賞アルバムってことみたいです。
そんな能書きはいいとして、本当に素晴らしくて涙が出ます。この2014年にまたこうしてジム・ホール御大の知らなかったライブ音源に出会えたことに感謝。
といっても2009年カナダでCDが、世界的にはiTunes Storeでダウンロード版がとっくに発売されたのですが2014年にディスク・ユニオンがCDを輸入販売するまで存在を知らなかったわー。
CDは7曲収録、iTunes Store版は2曲多く9曲収録。ジム・ホールはCDでは5曲演奏、iTunes Store版では7曲演奏。

えーと、いつもみたいにこまごまと評価・レビューというか感想を述べるのめんどくさいっ(笑)今はただ聴いていたい。
ジム・ホールのよく訓練されたファンなら涙ちょちょぎれるメンバー、まだまだ切れのある時期のジムおじさまのプレイ、いい音で文句なしです。
冒頭のFeel Freeの緊張感のあるプレイで身が引き締まったと思いきや、Say Hello to Calypsoでは途中でSt.Thomasのフレーズが入って和み、All the things you areが近年多かった3拍子のまったりプレイでなく4拍子の スインギーなノリで高揚し、またまた大大大好きなIn a Sentimental Moodで目頭が熱くなり、そのエンディングがこれまた好きな長いソロバージョンを演奏なされており嗚咽し、ラストのHide & SeekはJim Hall & Friendsばりのスリリングな展開でありながらも、日本人がいないであろうカナダの聴衆の面前で突如「鉄道唱歌」のフレーズをなさり、国内なら拍手喝さいのところ聴衆は当然ながらスルーするところに国境を越えたジムおじさまの音楽性にわたくしはもう、えうあうえおうtぅtg  文章滅裂。
あと、ワーミーのエフェクターもいい感じにキマっております。
最高。

詳細(CDおよびiTunes Storeのm4aダウンロード版)

メディア
CD
アルバムタイトル(原題)
It's About Time
アルバム名義
Terry Clarke
アルバムタイトル(邦題)
イッツ・アバウト・タイム
アーティスト表記(日本語表記)
テリー・クラーク
収録年
CDトラック準拠の収録年月日 2000/1/15 Ontario Science Center for Jazz.FM 91(Track 3,4,5);2000/1/6 CBC-FM at the Montreal Jazz Festival (Track1,2);2000/1/8 CBC-FM at the Montreal Jazz Festival (Track 6,7) #tracks 8,9も2000/1/8と推測
発売元,レーベル
BlueMusicGroup.com
所有盤
輸入CD
海外CD発売元
BlueMusicGroup.com
海外CD発売日
2009(iTunes Store released 2009/9/10)
海外規格品番
BMG7023
UPC
884502170238
国内輸入販売
株式会社ディスク・ユニオン
国内発売日
2014/2/26
国内規格品番
DUJ-112
JAN
4988044930476
定価
-

曲目(CD版)

  1. Feel Free
    作曲
    Joe Lovano
  2. Say Hello To Calypso
    作曲
    Jim Hall
  3. Flanders Road
    作曲
    Phil Dwyer
  4. Passion Dance
    作曲
    McCoy Tyner
  5. Days Gone By
    作曲
    Don Thompson
  6. In a Sentimental Mood
    作曲
    Duke Ellington
  7. All the Things You Are
    作曲
    Jerome Kern,Oscar Hammerstein II

曲目(iTunes Store m4a版、CD版より2曲多く収録。トラックの順番が少し違う)

  1. Feel Free
    作曲
    Joe Lovano
  2. Say Hello To Calypso
    作曲
    Jim Hall
  3. Flanders Road
    作曲
    Phil Dwyer
  4. Passion Dance
    作曲
    McCoy Tyner
  5. Days Gone By
    作曲
    Don Thompson
  6. Furnished Flats [included in only iTunes Store Album Version]
    作曲
    Jim Hall
  7. All the Things You Are
    作曲
    Jerome Kern,Oscar Hammerstein II
  8. In a Sentimental Mood
    作曲
    Duke Ellington
  9. Hide & Seek [included in only iTunes Store Album Version]
    作曲
    Jim Hall

演奏者および楽器

Joe Lovano (appears courtesy of Blue Note Records) 
tenor saxophone (tracks 1,2)
Phil Dwyer
tenor saxophone (tracks 3,4,5)
Greg Osby
alto saxophone (tracks 6,7,8,9)
Jim Hall
guitar (tracks 1,2,6,7,8,9)
Don Thompson
bass,piano
Terry Clarke
drums

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.BlueMusicGroup 演奏編成.カルテット 共演者.TerryClarke 共演者.JoeLovano 共演者.GregOsby 共演者.DonThompson

拍手する

Jim Hall : By Arrangement (1998年)[CD]

By Arrangement

オススメ度

★★★☆☆☆

所感

ジム・ホールがジャズ・スタンダードナンバーをアレンジした曲をアルバム集。様々な楽器を駆使した楽曲全体の編曲を重視したつくりのため、このアルバムを聴くとき、ジム・ホールの情熱的なアドリブを期待してはいけない。ギターはあくまで全体の一部となっている。アレンジはもはや原型をとどめていない状態で、ジムのイマジネーションにある意味感服。聖歌隊のようなコーラス隊やストリングスの導入が、アドリブ重視のジャズといよりもしっかりと構築された楽曲という印象にいっそう拍車をかけている。

演奏の基本ははジム・ホール、スコット・コリー(ベース)、テリー・クラーク(ドラム)のトリオ。そこにソロをフューチャーしたゲスト1人にストリングス(バイオリンなどの弦楽器隊)やブラスが加わった構成となっている。ビッグバンドというほどでもない編成だが、ストリングスによってちょっと大仰な編曲になっている。共演およびゲストはパット・メセニー(ギター、本作ではガット弦のアコースティックギターを演奏)、ジョー・ロバーノ(クラリネット、ソプラノサックス)、トム・ハレル(フリューゲル・ホーン)、グレッグ・オズビー(アルト・サックス)で、ジム・ホールと親しい間柄の人物達だ。ジム・ホールの著名なアルバムに慣れ親しんでちょっと変わったアルバムも聴いてみたいな、と思った頃に手を出してみるのが吉。ジム・ホール中級者以上むけってことで星3つ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
By Arrangement
アルバム名義
Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1998/1/12-14 - 1998/3/13
発売元,レーベル
Telarc International Corporation
所有盤
輸入CD
販売元
Telarc International Corporation
CD発売日
1998
規格品番
CD-83436
UPC
089408343629
定価
-

曲目

  1. Django
     作曲: John Lewis
  2. Waltz for Debby
     作曲:Bill Evans,Gene Lees
  3. Ruby, My Dear
     作曲:Thelonious Monk
  4. Goodbye
     作曲: Gordon Jenkins
  5. Art Song
     作曲:Jim Hall
  6. October Song
     作曲: Jim Hall
  7. Wendy
     作曲:Paul Desmond
  8. The Wind
     作曲:Jerry Gladstone,Russ Freeman
  9. Whisper Not
     作曲:Benny Golson

演奏者

Jim Hall
electric guitar,acoustic guitar,fletless classical guitar,12-strings guitar
Scott Colley
bass
Terry Clarke
drums
Pat Metheny
acoustic guitar (on track 1)
The New York Voices
vocal,chorus(on track 2,8)
Tom Harrell
flugelhorn (on tracks 3,5,7,9)
Jim Pugh
trombone (on track 3)
Marcus Rojas
tuba (on track 3)
Joe Lovano
clarinet,soprano sax (on track 4)
Loise Schuman
viola (on track 6)
Greg Osby
alto sax (on track 8)
Alex Brofsky
horns (on track 9)
*Omit
strings

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Telarc 演奏編成.ビッグバンド 共演者.ScottColley 共演者.TerryClarke 共演者.TomHarrell 共演者.JoeLovano 共演者.GregOsby 共演者.PatMetheny

拍手する

Jim Hall : Textures (1997年)[CD]

Jim Hall : Textures

オススメ度

★★☆☆☆

所感

映画のサウンドトラックみたいなアルバム。もしあなたがジム・ホールを聴いたことがなく、「ジャズギターの有名な人らしいし、何かを聞いてみるか」とCDを適当に購入するときに、このアルバムだけは最初の1枚として絶対に選択してはいけない(笑)。おそらくジム・ホールのファンでも好みが大きく分かれるであろうアルバムで、ギターはまるでついでのような存在になっているからだ。

私も初めて聴いた当時はあまりの内容に口があんぐり。しばらくは封印することに。けして演奏がひどいとかではなく、それはもう映画音楽のサントラのようにしっかりとした内容でございます。だがしかしそれがリスナーの期待に反してしまうのでしょう。ここは頭をすっかり入れ替えて、ジム・ホールが作ったストリングスとホーンによる映画のサントラでも聞いているとわりきることが必要でございます。そういう意味では、ジム・ホールは自分の楽器であるギターだけでなくトータルで音楽を表現する才能をもっていることを証明している内容ともいえる・・・かも。私の場合はジム・ホールを聞き続けて10年以上たってようやく抵抗無くきけるようになったですよー。それでもやはりリピート率が低いですががが。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Textures
アルバム名義
Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1996/9/17,9/18,9/19
発売元,レーベル
Telarc International Corporation
所有盤
輸入CD
販売元
Telarc International Corporation
CD発売日
1997
規格品番
CD-83402
UPC
089408340222
定価
-

曲目

  1. Fanfare
     作曲: Jim Hall
  2. Ragman
     作曲:Jim Hall
  3. Reflections
     作曲:Jim Hall
  4. Quadrologue
     作曲: Jim Hall
  5. Passacaglia
     作曲:Jim Hall
  6. Sazanami
     作曲: Jim Hall
  7. Circus Dance
     作曲:Jim Hall

演奏者

Jim Hall
guitar
Jamie Finegan
trumpet (on tracks 1,3,7)
Ryan Kisor
trumpet (on tracks 1,3,7)
Claudio Roditi
flugelhorn (on tracks 1,3)*solist
Alex Brofsky
french horn (on tracks 1,3)
Conrad Herwig
trombone (on tracks 1,3,7)
Jim Pugh
trombone (on tracks 1,3)*solist
Marcus Rojas
tuba (on tracks 1,3,7)
Marcus Rojas
tuba (on tracks 1,3,7)
Joe Lovano
soprano sax (on tracks 2)
Gordon Gottlieb
timpani, others (on tracks 2)
Kenny Wollenson
clay pot,others (on tracks 2)
Mitsuru Tsubota
violins (on tracks 2,5)
Loise Schuman
violins (on tracks 2,5)
Myron Lutzke
cello (on tracks 2,4,5)
Loise Schuman
viola (on track 4)
Anthony Falanga
bass (on tracks 2,5)
Scott Colley
bass (on tracks 2,3,4,5,6)
Terry Clarke
drums (on tracks 1,2,3,7)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Telarc 演奏編成.ビッグバンド 共演者.TerryClarke 共演者.ScottColley 共演者.JoeLovano

拍手する

Jim Hall : Dialogues (1995年)[CD]

Jim Hall : Dialogues

オススメ度

★★★☆☆

所感

特徴はジム・ホールのトリオが5人のゲストを迎えてカルテットとなり2曲づつ演奏している構成と、楽曲のほとんどがジム・ホールのオリジナル曲であること(曲によって一部のパートは抜けている)。以前はあまり好きじゃないアルバムだったが今聴くと毛嫌いするほどでもない。ぶっちゃけこのアルバムで特筆すべきはマイク・スターンとの共演2曲がかっこいいってことだ。あとは地雷も多少ありのアルバム・・・(笑)。てことで星3つ。ゲストについて感想をば少々。

  • ビル・フリゼール(ギター)。ビルはもともとはクラリネットを習っていたそうだ。16歳の頃ジム・ホールのレコードを聴いて衝撃を受け、20歳のころ当時住んでいたデンバーに来たジム・ホールのライブを見てそれまで演奏していたクラリネットをやめてギターに専念することを決意し、バークリー音楽院で1学期分の間、ジム・ホールからレッスンを受けたという。てなわけでジム御大の複雑なハーモニーのセンスから多大な影響を受けたビルとジムの、ポップだかジャズだか分類とかもう必要なさげな#1.Frisell Frazzleから始まりちょっと不安になる(笑)。ジム・ホールとは後にアルバム「Hemispheres」(内部リンク)を連名で制作した。
  • ジョー・ロバーノ(テナーサックス)との#3.Bon Amiがなかなかにムードのある曲でいいんでないかい、と。後にジム・ホールとバンドを組み、ライブアルバム「grand slam」(内部リンク)を残している
  • ギル・ゴールドスタイン(アコーディオン)が意外にも今回の爆弾(笑)!ジム・ホールのほかのアルバムで彼は実にいい仕事をしており非常に期待したのだが、今回はどんよりどよどよな曲でございましてわけわからんちん。
  • マイク・スターン(ギター)はロック寄りの曲も得意とするマルチなインストギター弾きかと思うが、特段に#7.Stern Stuffの出来がすばらしい。このアルバムの一番の聴きどころだ。ところでもう1曲の#9.Uncle Edではジムおじさんが自分のアコギソロにあわせて歌っているのがばっちり録音されておりちょっと気になるかなぁ~~。後の Jim Hall Enrico Pieranunzi : Duologues(内部リンク)ではめちゃめちゃ声とか息が入っていて、タイトルも似ていることだしその布石なんじゃろか・・・。
  • トム・ハレル(フリューゲルホーン)はスタンダードの#10.Skylarkでしっとりと締め。アルバムを通して楽曲が右往左往する中で、ほっと一息ついて締めくくることができたってかんじ。ジム・ホールとは過去にアルバム「These Rooms」(内部リンク)を制作した。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Dialogues
アルバム名義
Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1995/2/3,4,25
発売元,レーベル
Telarc International Corporation
所有盤
輸入CD
販売元
Telarc International Corporation
CD発売日
1995
規格品番
CD-83369
UPC
089408336928
定価
-

曲目

  1. Frisell Frazzle
     作曲: Jim Hall
  2. Simple Things
     作曲:Jim Hall
  3. Calypso Joe
     作曲:Jim Hall
  4. Bon Ami
     作曲: Jim Hall
  5. Dream Steps
     作曲:Jim Hall
  6. Snowbound
     作曲: Jim Hall
  7. Stern Stuff
     作曲:Jim Hall
  8. Dialogue
     作曲:Jim Hall
  9. Uncle Ed
     作曲:Jim Hall
  10. Skylark
     作曲:Hoagy Carmichael

演奏者

Jim Hall
guitar
Scott Colley
bass (on tracks 1,2,3,4,7,10)
Andy Watson
drums  (on tracks 1,2,3,4,5,7,9,10)
Bill Frisell
guitar (on tracks 1,2)
Joe Lovano
tennor sax (on tracks 3,4)
Tom Harrell
flugelhorn (on tracks 5,10)
Gil Goldstein
accordion, bass accordion (on tracks 6,8)
Mike Stern
guitar (on tracks 7,9)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Telarc 演奏編成.カルテット 共演者.BillFrisell 共演者.ScottColley 共演者.JoeLovano 共演者.TomHarrell 共演者.GilGoldstein 共演者.MikeStern

拍手する

grand slam : grand slam Live at the Regattabar (2000年)[CD]{ライブ録音}

grand slam : grand slam Live at the Regattabar

オススメ度

★★★★☆

所感

クール。ジムとサックスのジョー・ロバーノを中心としたカルテット「grandsram」のライブ。常にJAZZの新しい表現を目指し貪欲に音楽に取り組む姿勢が好感。1曲「Slam」の先を予測できない展開から「ふっ」とブレイクに持ちこむあたりはまさに貫禄。ある程度JAZZを聴きこんで普通の曲には物足りない人でないと「さっぱりわからんちん」な感じですが。

詳細

アルバムタイトル(原題)
grand slam Live at the Regattabar
アルバム名義
grand slam
アルバムタイトル(邦題)
グランド・スラム
アーティスト表記(日本語表記)
ジム・ホール
収録年
2000/1/20~22
発売元,レーベル
Telarc International Corporation
所有盤
国内版CD(海外版CDに国内用帯がつけられている)
国内CD輸入発売元
ユニバーサルミュージック株式会社
販売元
ビクターエンタテインメント株式会社
国内CD発売日
2000/9/20
規格品番
UCCT-1003(CD-83485)
JAN
4988005253415
UPC
089408348525
定価
2,548円(税込)

曲目

  1. Slam
    作曲
    Jim Hall
  2. Chelsea Rendez-Vous
    作曲
    Joe Lovano
  3. Border Crossing
    作曲
    Jim Hall
  4. Say Hello to Calypso
    作曲
    Jim Hall
  5. Blackwell's Message
    作曲
    Joe Lovano
  6. All Across the City
    作曲
    Jim Hall
  7. Feel Free
    作曲
    Jim Hall

演奏者

Jim Hall
guitar
Joe Lovano
trumpet,soprano saxophone,alto saxophone,alto clarinet
George Mraz
bass
Lewis Nash
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Telarc 演奏編成.カルテット 録音.ライブ録音 共演者.GeorgeMraz 共演者.LewisNash 共演者.JoeLovano

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。