Helen Merrill together with Dick Katz : Deep In A Dream (1965年)[CD]

Helen Merrill together with Dick Katz : Deep In A Dream (The feeling is Mutual)

オススメ度

★★★☆☆

所感

女性ボーカルもの。ジム・ホールがギターを弾いてるトラックは9曲中の7曲。ジムがわりと目立つアレンジでバッキングやソロのギターがよくきこえる。国内CDのタイトルはDeep In A DreamとなっているがオリジナルはThe feeling is Mutual(外部リンク:HELEN MERRILL公式サイト)。ジャズボーカルにしては癖があまりなく聞きやすい歌声かと思う。全体としては音源の要因によるプチノイズがわりと数多く聞こえるのが残念。

ギター的にはジムの音作りの変遷がうかがえる。これ以前の演奏に比べると、このアルバムでは後年のジムの印象を決定付ける「It's Nice To Be With You」(1969年)に近い音作りになってきているのがが興味深い。#9.Deep In A Dreamはボーカルとはジムのギターのみの慎ましやかな演奏でアルバムをそっと締めくくるのにふさわしいバラードかと思う。

詳細

アルバムタイトル(原題)
The feeling is Mutual
アルバム名義
Helen Merrill,together with Dick Katz
アルバムタイトル(邦題)
ディープ・イン・ア・ドリーム
アーティスト表記(日本語表記)
ヘレン・メリル
収録年
1965/6
発売元,レーベル
Milestone Records
所有盤
国内版CD
国内CD発売元
アブソードミュージックジャパン株式会社
国内CD販売元
キングレコード株式会社
国内CD発売日
2005/7/21
規格品番
ABCJ-359
JAN
4520879007352
定価
2,500円(税込)

曲目

  1. You're My Thrill
    作曲
    Ckare,Gorney
  2. It Don't Mean A Thing
    作曲
    Mills,Ellington
  3. Here's Is That Rainy Day
    作曲
    Joney Burke,Jimmy Van Heusen
  4. Baltimore Oriole
    作曲
    Webster,Carmichael
  5. Don't Explain
    作曲
    Hiliday,Herzong
  6. What Is This Thing Called Love
    作曲
    Cole Porter
  7. The Winter Of My Discontent
    作曲
    Edward Heyman,Robert Sour,Frank Eyton,Johnny Green
  8. Day Dream
    作曲
    Latouche,Ellington,Strayhorn
  9. Deep In A Dream
    作曲
    Eddie De Lange,Jimmy Van Heusen

演奏者

Helen Merrill
vocals
Thad Jones
cornet
Jim Hall
guitar (on tracks 2,4,5,6,7,8,9)
Ron Carter
bass
Dick Katz
piano
Pete Laroca
drums
Arnie Wise
drums
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.MileStone 演奏編成.ボーカルとバンド 共演者.RonCarter 共演者.DickKatz 共演者.HelenMerrill

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ