Terry Clarke : It's About Time (2000年)[CD]{ライブ録音}

 Terry Clarke It's About Time

オススメ度

★★★★★

所感


Bandcamp, Incでは全9曲をmp3、FLAC形式などでダウンロード購入可能(CDは7曲、iTunesStoreはm4a形式)。しかも全曲一括で価格USD7.99。1曲買いもできUSD1。試聴も大サービスで全トラックをフルサイズでストーリーミング再生可能。http://bluemusicgroup.bandcamp.com/album/its-about-time
(情報提供:Shaolinさん)

ジャズ・ドラマーのテリー・クラーク名義の2000年1月のカナダのライブ音源。ジム・ホール、ドン・トンプソン、ジョー・ロバーノ、グレッグ・オスビー、フィル・ドワイヤーが参加。ライブ音源は3会場分からの収録。
やばいです。最高です。Juno Award 2010 "Traditional Jazz Album of the Year "Winnerって触れ込みですが、カナダ版グラミー賞と呼ばれるジュノー賞で、2010年トラディショナル・ジャズ・アルバム年間最優秀賞受賞アルバムってことみたいです。
そんな能書きはいいとして、本当に素晴らしくて涙が出ます。この2014年にまたこうしてジム・ホール御大の知らなかったライブ音源に出会えたことに感謝。
といっても2009年カナダでCDが、世界的にはiTunes Storeでダウンロード版がとっくに発売されたのですが2014年にディスク・ユニオンがCDを輸入販売するまで存在を知らなかったわー。
CDは7曲収録、iTunes Store版は2曲多く9曲収録。ジム・ホールはCDでは5曲演奏、iTunes Store版では7曲演奏。

えーと、いつもみたいにこまごまと評価・レビューというか感想を述べるのめんどくさいっ(笑)今はただ聴いていたい。
ジム・ホールのよく訓練されたファンなら涙ちょちょぎれるメンバー、まだまだ切れのある時期のジムおじさまのプレイ、いい音で文句なしです。
冒頭のFeel Freeの緊張感のあるプレイで身が引き締まったと思いきや、Say Hello to Calypsoでは途中でSt.Thomasのフレーズが入って和み、All the things you areが近年多かった3拍子のまったりプレイでなく4拍子の スインギーなノリで高揚し、またまた大大大好きなIn a Sentimental Moodで目頭が熱くなり、そのエンディングがこれまた好きな長いソロバージョンを演奏なされており嗚咽し、ラストのHide & SeekはJim Hall & Friendsばりのスリリングな展開でありながらも、日本人がいないであろうカナダの聴衆の面前で突如「鉄道唱歌」のフレーズをなさり、国内なら拍手喝さいのところ聴衆は当然ながらスルーするところに国境を越えたジムおじさまの音楽性にわたくしはもう、えうあうえおうtぅtg  文章滅裂。
あと、ワーミーのエフェクターもいい感じにキマっております。
最高。

詳細(CDおよびiTunes Storeのm4aダウンロード版)

メディア
CD
アルバムタイトル(原題)
It's About Time
アルバム名義
Terry Clarke
アルバムタイトル(邦題)
イッツ・アバウト・タイム
アーティスト表記(日本語表記)
テリー・クラーク
収録年
CDトラック準拠の収録年月日 2000/1/15 Ontario Science Center for Jazz.FM 91(Track 3,4,5);2000/1/6 CBC-FM at the Montreal Jazz Festival (Track1,2);2000/1/8 CBC-FM at the Montreal Jazz Festival (Track 6,7) #tracks 8,9も2000/1/8と推測
発売元,レーベル
BlueMusicGroup.com
所有盤
輸入CD
海外CD発売元
BlueMusicGroup.com
海外CD発売日
2009(iTunes Store released 2009/9/10)
海外規格品番
BMG7023
UPC
884502170238
国内輸入販売
株式会社ディスク・ユニオン
国内発売日
2014/2/26
国内規格品番
DUJ-112
JAN
4988044930476
定価
-

曲目(CD版)

  1. Feel Free
    作曲
    Joe Lovano
  2. Say Hello To Calypso
    作曲
    Jim Hall
  3. Flanders Road
    作曲
    Phil Dwyer
  4. Passion Dance
    作曲
    McCoy Tyner
  5. Days Gone By
    作曲
    Don Thompson
  6. In a Sentimental Mood
    作曲
    Duke Ellington
  7. All the Things You Are
    作曲
    Jerome Kern,Oscar Hammerstein II

曲目(iTunes Store m4a版、CD版より2曲多く収録。トラックの順番が少し違う)

  1. Feel Free
    作曲
    Joe Lovano
  2. Say Hello To Calypso
    作曲
    Jim Hall
  3. Flanders Road
    作曲
    Phil Dwyer
  4. Passion Dance
    作曲
    McCoy Tyner
  5. Days Gone By
    作曲
    Don Thompson
  6. Furnished Flats [included in only iTunes Store Album Version]
    作曲
    Jim Hall
  7. All the Things You Are
    作曲
    Jerome Kern,Oscar Hammerstein II
  8. In a Sentimental Mood
    作曲
    Duke Ellington
  9. Hide & Seek [included in only iTunes Store Album Version]
    作曲
    Jim Hall

演奏者および楽器

Joe Lovano (appears courtesy of Blue Note Records) 
tenor saxophone (tracks 1,2)
Phil Dwyer
tenor saxophone (tracks 3,4,5)
Greg Osby
alto saxophone (tracks 6,7,8,9)
Jim Hall
guitar (tracks 1,2,6,7,8,9)
Don Thompson
bass,piano
Terry Clarke
drums

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.BlueMusicGroup 演奏編成.カルテット 共演者.TerryClarke 共演者.JoeLovano 共演者.GregOsby 共演者.DonThompson

拍手する

Jim Hall : Live At Birdland (2011年)[CD]{ライブ録音}

Jim Hall Live At Birdland  

オススメ度

★★★★☆

所感


2012年発売のジム・ホールの最新作かつライブアルバム。ジム・ホールがもうじき81歳となる直前の、実に御年80歳のときのライブでございます。
もう内容がどうとか以前に、合衆国はジムおじさまを人間国宝として国家レベルで保護すべきではないでしょうかっ!などと鼻息も荒く聞き出すと、出だしの1曲目Furnished Flatsのテーマでジムおじさまが一部のフレーズをわざとなのか弾いてなかったりと、ちょっと心配な演奏で始まり不安になる。この曲は以前、Panorama: Live at Village Vanguard(1996年)でもおなじサックスのグレッグ・オズビーと演奏しており、そのとき見せたキレのよい演奏と比べると、認めたくないものだがやはり加齢を感じてしまう・・・いや、そんなことは無いッと都合よい色眼鏡を装着。2曲目は定番のAll the things you are。やはりこなれた曲のためか徐々に演奏が安定してきて安心。最近ずっと多い3拍子のパターン。もう4拍子ではやらんのじゃろか・・・。と、そこで安心安定のお決まりパターンにおさまらず、3曲目はジョーイ・バロンとの変態無調デュオをみせ、いまだ衰えないアグレッシブなジムの音楽のあくなき探究心にずっきゅんしつつ、きっと初心者様は呆然となること請け合い。4曲目はここ最近、弾く頻度が増えたと思われるBeija Flor。美しいラテンな雰囲気のミディアムテンポのバラード。スティーヴ・ラスピナのねっとりベースが主メロとなり低音の魅力をたっぷりと堪能できる。5曲目はジムおじさまオリジナルのBig Bluesで、活気あるジャズブルースで楽しさ炸裂。6曲目は70年代に演奏することが多かったChelsea Bridge。アダルトなバラードでめろめろん。ラストのSt.ThomasではUSのライブにもかかわらずいつもの鉄道唱歌が入り日本のファンならいつでも安心のジムおじさまに心潤うことでしょう。
それにしても考えてごらんよ、自分が80歳になってこんなにギターがひけるかい?無理無理! てことで、あまあまの星4つ。

詳細

メディア
CD
アルバムタイトル(原題)
Live At Birdland
アルバム名義
Jim Hall (ジャケットのデザインではJim Hall Quartetとなっている)
収録年
2011/11/10-11,  at Birdland,NewYork City
発売元,レーベル
Artistshare http://www.artistshare.com/v4/Projects/Experience/7/431/1
所有盤
CD
CD発売日
2012/10/16
規格品番
AS0120
UPC
None
定価
$18.95

曲目

  1. Furnished Flats
    作曲
    Jim Hall
  2. All The Things You Are
    作曲
    Jerome Kern,Oscar Hammerstein II
  3. Friendly Recollections
    作曲
    Jim Hall,Joey Baron
  4. Beija Flor
    作曲
    Nelson Cavaquinho,Noel Silvia,Augusto Tomaz,Jr
  5. Big Blues
    作曲
    Jim Hall
  6. Chelsea Bridge
    作曲
    Billy Strayhorn
  7. St.Thomas
    作曲
    Sonny Rollins

演奏者

Jim Hall
Guitar
Greg Osby
alto saxophone
Don Tompson
Bass
Terry Clarke
Drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.ArtistShare 演奏編成.カルテット 録音.ライブ録音 共演者.GregOsby 共演者.SteveLaSpina 共演者.JoeyBaron

拍手する

Jim Hall : By Arrangement (1998年)[CD]

By Arrangement

オススメ度

★★★☆☆☆

所感

ジム・ホールがジャズ・スタンダードナンバーをアレンジした曲をアルバム集。様々な楽器を駆使した楽曲全体の編曲を重視したつくりのため、このアルバムを聴くとき、ジム・ホールの情熱的なアドリブを期待してはいけない。ギターはあくまで全体の一部となっている。アレンジはもはや原型をとどめていない状態で、ジムのイマジネーションにある意味感服。聖歌隊のようなコーラス隊やストリングスの導入が、アドリブ重視のジャズといよりもしっかりと構築された楽曲という印象にいっそう拍車をかけている。

演奏の基本ははジム・ホール、スコット・コリー(ベース)、テリー・クラーク(ドラム)のトリオ。そこにソロをフューチャーしたゲスト1人にストリングス(バイオリンなどの弦楽器隊)やブラスが加わった構成となっている。ビッグバンドというほどでもない編成だが、ストリングスによってちょっと大仰な編曲になっている。共演およびゲストはパット・メセニー(ギター、本作ではガット弦のアコースティックギターを演奏)、ジョー・ロバーノ(クラリネット、ソプラノサックス)、トム・ハレル(フリューゲル・ホーン)、グレッグ・オズビー(アルト・サックス)で、ジム・ホールと親しい間柄の人物達だ。ジム・ホールの著名なアルバムに慣れ親しんでちょっと変わったアルバムも聴いてみたいな、と思った頃に手を出してみるのが吉。ジム・ホール中級者以上むけってことで星3つ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
By Arrangement
アルバム名義
Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1998/1/12-14 - 1998/3/13
発売元,レーベル
Telarc International Corporation
所有盤
輸入CD
販売元
Telarc International Corporation
CD発売日
1998
規格品番
CD-83436
UPC
089408343629
定価
-

曲目

  1. Django
     作曲: John Lewis
  2. Waltz for Debby
     作曲:Bill Evans,Gene Lees
  3. Ruby, My Dear
     作曲:Thelonious Monk
  4. Goodbye
     作曲: Gordon Jenkins
  5. Art Song
     作曲:Jim Hall
  6. October Song
     作曲: Jim Hall
  7. Wendy
     作曲:Paul Desmond
  8. The Wind
     作曲:Jerry Gladstone,Russ Freeman
  9. Whisper Not
     作曲:Benny Golson

演奏者

Jim Hall
electric guitar,acoustic guitar,fletless classical guitar,12-strings guitar
Scott Colley
bass
Terry Clarke
drums
Pat Metheny
acoustic guitar (on track 1)
The New York Voices
vocal,chorus(on track 2,8)
Tom Harrell
flugelhorn (on tracks 3,5,7,9)
Jim Pugh
trombone (on track 3)
Marcus Rojas
tuba (on track 3)
Joe Lovano
clarinet,soprano sax (on track 4)
Loise Schuman
viola (on track 6)
Greg Osby
alto sax (on track 8)
Alex Brofsky
horns (on track 9)
*Omit
strings

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Telarc 演奏編成.ビッグバンド 共演者.ScottColley 共演者.TerryClarke 共演者.TomHarrell 共演者.JoeLovano 共演者.GregOsby 共演者.PatMetheny

拍手する

Jim Hall : Panorama: Live at Village Vanguard (1996年)[CD]{ライブ録音}

Jim Hall : Panorama Live at the Village Vanguard

オススメ度

★★★★☆

所感

ジム・ホールのライブ録音アルバム。発売当時に聴いた頃はあんまり好きじゃなかったが、最近は気にいっている1枚。むしろTelarcレーベル時代(1994年~2001年)にリリースした8枚のアルバムの中ではもっとも楽しめる内容ではないかと思う。ほぼ全曲オリジナル曲で、90年代後期当時のジムの最新の音楽性と、生の空気感が垣間見える。ジム・ホールのスタンダード曲の演奏に聴き慣れてきた頃合の人にオススメしたい1枚てことで星4つ。

バンド編成の基本はジム・ホール(ギター)、スコット・コリー(ベース)、テリー・クラーク(ドラム)のトリオで、そこにさまざまなゲストを一人加えてのカルテット編成としている。おそらく録音はゲストごとに行っていたと思うが、アルバムではゲストの順番を入れ替えて収録している。ゲストごとに特徴が異なっているので、聞き比べると楽しい。ジェフリー・キーザー(ピアノ)はカラっとして瑞々しく爽快な印象に対し、ケニー・バロン(ピアノ)は艶があって豪華絢爛な印象。スライド・ハンプトン(トロンボーン)の熱いプレイに対し、グレッグ・オズビー(アルトサックス)はどこまでもクール。そしてジム・ホールの往年の盟友、アート・ファーマー(フリューゲルホーン)のいぶし銀!アート・ファーマーはこの後1999年に逝去しており、これがジムとともに録音した最後の作品でございます(たぶん)。

そういえばこのライブツアーの流れなのか、私が1997年にBluenoteTokyoのジム・ホールのライブに行ったときはケニー・バロンがピアノだったなー。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Panorama: Live at Village Vanguard
アルバム名義
JimHall
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1996/11/4-8
発売元,レーベル
Telarc International Corporation
所有盤
輸入CD
販売元
Telarc International Corporation
CD発売日
1997
規格品番
CD-83408
UPC
089408340826
定価
-

曲目

  1. Pan-O-Rama
    作曲
    Jim Hall
  2. Little Blues
    作曲
    Jim Hall
  3. The Answer Is Yes
    作曲
    Jane Hall
  4. Entre Nous
    作曲
    Jim Hall
  5. Furnished Flats
    作曲
    Jim Hall
  6. Something to Wish For
    作曲
    Jim Hall
  7. No You Don't
    作曲
    Jim Hall
  8. Painted Pig
    作曲
    Jim Hall
  9. Here Comes Jane
    作曲
    Jim Hall

演奏者

Jim Hall
guitar
Scott Colley
bass
Terry Clarke
drums
Geoffrey Keezer [Geoff Keezer] (on tracks 1,9)
piano
Kenny Barron (on tracks 3,6)
piano
Art Farmer (on track 2)
flugelhorn
Slide Hampton (on tracks 4,7)
trombone
Greg Osby (on tracks 5,8)
alto sax

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Telarc 演奏編成.カルテット 録音.ライブ録音 共演者.TerryClarke 共演者.GregOsby 共演者.ScottColley 共演者.GeoffreyKeezer 共演者.KennyBarron 共演者.ArtFarmer 共演者.SlideHampton

拍手する

Greg Osby : The Invisible Hand (1999年)[CD]

Greg Osby : the invisible hand

オススメ度

★★☆☆☆

所感

アルトサックス奏者、グレッグ・オズビーのアルバム。フリージャズっぽいのが多め。いや、アルバムとしてはこういうのは個人的にはいいと思うのだけど、ジム・ホールの参加曲が#1、#5、#7の3曲てことでしかたなく星2つ。グレッグ・オズビーはジム・ホールのライブアルバム「Panorama Live at the Village Vanguard」(1996年)で共演してたのでそのつながりでの参加ですかね。ジム・ホールがらみでいえば、ベースにジムとたびたび共演したスコット・コリー(Scott Colley)が参加してる。

肝心の曲については全体的に、ゆったりとして渋めなのがほとんど。明るい速いテンポの曲はほとんどない(笑)。こーゆうのをハードバップとかモードっつーんでしょうか。ジムは好きだけどジャズは詳しくないんで・・・。唯一#6がテンポは速いけどヘンテコうにょうにょフレーズでございます。ジム・ホールの演奏については#1.Ashesに若干リードあり、#5.Sanctusはジム・ホール作曲ながらもほぼバッキングのみ。#.Nature Boyでまた若干リード。以上でーす。グレッグ・オズビーのファンはともかく、ジムおじさんファンにとってもハードル高めなマニアアイテム。入手難度は高くないと思うので余裕のある方はどぞ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
The Invisible Hand
アルバム名義
Greg Osby
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1999/9/8,9
発売元
Blue Note
所有盤
輸入CD
CD発売日
2000
規格品番
7243 5 20134
EAN
724352013425
定価
N/A

曲目

  1. Ashes
    作曲
    Andrew Hill
  2. Who Needs Forever
    作曲
    Howard Greenfield,Quincy Jones
  3. The Watcher
    作曲
    Greg Osby
  4. Jitterbug Waltz
    作曲
    Thomas "Fats" Waller
  5. Sanctus
    作曲
    Jim Hall
  6. Indiana
    作曲
    James F. Hanley,Ballard MacDonald
  7. Nature Boy
    作曲
    Eden Ahbez
  8. Tough Love
    作曲
    Andrew Hill
  9. With Son
    作曲
    Greg Osby
  10. The Watcher 2
    作曲
    Greg Osby

演奏者

Greg Osby
alto sax,clarinet
Gray Thomas
flute,alto flute,tenor sax
Andrew Hill
piano
Jim Hall
guitar
Scott Colley
bass
Terri Lyne Carrington
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.BlueNote 演奏編成.カルテット 共演者.GregOsby 共演者.ScottColley

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ