スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Jim Hall & Basses (2001年)

Jim Hall & Basses

オススメ度

★★★☆☆

所感

素人には薦められない。ジム・ホールと4人のベーシストがかわるがわる延々とデュオを繰り広げる。5人のベースはクリスチャン・マクブライド、チャーリー・ヘイデン、デイヴ・ホランド、ジョージ・ムラーツ、スコット・コリー。ジム・ホールとの相性は、このなかではスコット・コリーとの相性がが一番よさそうかな~。なんというか二人の音がなじむ。

曲の大半はAbsractと名づけられた即興曲が占める。複雑で旋律の破壊をも試みたとも思える独創的で前衛的なインプロビゼションだ。#2.Abstract 2なんてベース2本とギターという超変則トリオ。しかもベースはアルコ(弓)だ。さらに、おそらくジム・ホール自身がギターを休めた合間にマラカス(カバサ?)を振っていたりして好き放題やりたい放題でございます。年老うごとにますます新しい手法を展開するジムの貪欲さにためいき。

しかし、おなじみの#4.All the Things You Areやちょっとポップな展開の#8.Dog Walkなんかもあったりして、そこそこ親しみやすい要素も盛り込まれている。

つーことで日本の歌謡文化になじんだ人には薦められないアルバムかも。しかしベースマニアなら垂涎のアルバムだろうか。

詳細

アルバムタイトル(原題)
JimHall&Basses
アルバム名義
JimHall&Basses
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
2001/1/7~8,2/21
発売元,レーベル
Telarc International Corporation
所有盤
輸入CD
販売元
Telarc International Corporation
CD発売日
2001
規格品番
CD-83506
UPC
089408350627
定価
-

曲目

  1. End the Beguine!
     作曲: Jim Hall
  2. Bent Blue
     作曲:Jim Hall
  3. Abstract1
     作曲:Jim Hall,Charlie Haden
  4. All the Things You Are
     作曲: Jerome Kern,Oscar Hammerstein II
  5. Abstract 2
     作曲:Jim Hall,George Mraz,Scott Colley
  6. Sam Jones
     作曲: Jim Hall
  7. Don't Explain
     作曲:Arthur Herzog Jr.,Billie Holiday
  8. Dog Walk
     作曲:Jim Hall
  9. Abstract 3
     作曲: Jim Hall,George Mraz,Scott Colley
  10. Besame Mucho
     作曲: Consuelo Velázquez,Sunny Skylar
  11. Dream Steps
     作曲:Jim Hall
  12. Abstract 4
     作曲:Jim Hall,Scott Colley
  13. Tango Loco
     作曲: Jim Hall

演奏者

Jim Hall
guitar
Charlie Haden
bass (on tracks 3,7)
Christian McBride
bass (on tracks 2,8)
Dave Holland
bass (on tracks 1,6)
George Mraz
bass (on tracks 4,5,9,13)
Scott Colley
bass (on tracks 5,9,10,11,12,13)
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Telarc 演奏編成.デュオ・ベースとギター 共演者.CharlieHaden 共演者.CristianMcBride 共演者.DaveHolland 共演者.GeorgeMraz 共演者.ScottColley

拍手する

Chet Baker,Jim Hall,Hubert Laws : Studio Trieste (1982年)[CD]

Jim Hall : Studio Trieste

オススメ度

★★★☆☆

所感

CTIの「Concierto(アランフェス協奏曲)」(1975年)が売れたらしく、もう一度クラッシクをオシャレチックに作ってみました、という作品。つことで1曲目がチャイコスフキーの「白鳥の湖」で始まるアルバム。3曲目はキューバの音楽家エルネスト・レクオーナによる情熱的な曲「マラゲーニャ」。2曲目はマイルス・デイビスの「オール・ブルース」、4曲目はジョン・ルイスの「ジャンゴ」とジャズのアレンジ演奏。アルバム全体はおとなしめというか、上品な印象で、ジム・ホールの演奏についてもお上品で流麗な面がつよく押し出されている。でもやっぱり、悪くはないがやはり「パート2」的なものは第一作を超えられないか・・・と感じる。渋めな内容で曲数が4曲てことで控えめに星3つ。

視点を変えて、参加プレイヤーをみると、後年ジム・ホールがともにアルバムをつくったりするメンバーがいて興味深い。収録曲は4曲だが、どれも8~10分と演奏時間が長いのも特徴。 なお、国内盤の名義はジム・ホールだが、オリジナル(海外盤)ではチェット・ベイカー(トランペット)、ジム・ホール(ギター)、ハーバート・ロウズ(フルート)の3人の連名になっている。

なお、1992年に本アルバムからジム・ホールのギターとチェット・ベイカーのトラックを利用しアレンジしたアルバム「Youkali」が発売された。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Studio Trieste
アルバム名義
Chet Baker,Jim Hall,Hubert Laws
アルバムタイトル(邦題)
スタジオ・トリエステ
アーティスト表記(日本語表記)
ジム・ホール
収録年
1982/3;4
発売元,レーベル
CTI Records
所有盤
国内版CD
販売元
キングレコード株式会社
CD発売日
2000/7/26
規格品番
KICJ-8302
JAN
4988003248918
定価
1,800円

曲目

  1. Swan Lake
    作曲
    Peter Iryich Tchaikovsky
  2. All Blues
    作曲
    Miles Davis
  3. Malaguena
    作曲
    Ernesto Lecuona
  4. Django
    作曲
    John Lewis

演奏者

Jim Hall
guitar
Hubert Laws
flutes
Chet Baker
trumpet,flugelhorn
Kenny Barron
Keybords(1,4)
Jorge Dalto
Keybords(2,3)
Sammy Figueroa
Percussion
Steve Gadd
drums
Gary King
Electric Bass(2,3)
George Mraz
Acoustic Bass(1,4)
Jack Wilkins
guitar(2)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.CTI 共演者.ChetBaker 共演者.KennyBarron 共演者.GeorgeMraz 共演者.SteveGadd 演奏編成.クインテット

拍手する

grand slam : grand slam Live at the Regattabar (2000年)[CD]{ライブ録音}

grand slam : grand slam Live at the Regattabar

オススメ度

★★★★☆

所感

クール。ジムとサックスのジョー・ロバーノを中心としたカルテット「grandsram」のライブ。常にJAZZの新しい表現を目指し貪欲に音楽に取り組む姿勢が好感。1曲「Slam」の先を予測できない展開から「ふっ」とブレイクに持ちこむあたりはまさに貫禄。ある程度JAZZを聴きこんで普通の曲には物足りない人でないと「さっぱりわからんちん」な感じですが。

詳細

アルバムタイトル(原題)
grand slam Live at the Regattabar
アルバム名義
grand slam
アルバムタイトル(邦題)
グランド・スラム
アーティスト表記(日本語表記)
ジム・ホール
収録年
2000/1/20~22
発売元,レーベル
Telarc International Corporation
所有盤
国内版CD(海外版CDに国内用帯がつけられている)
国内CD輸入発売元
ユニバーサルミュージック株式会社
販売元
ビクターエンタテインメント株式会社
国内CD発売日
2000/9/20
規格品番
UCCT-1003(CD-83485)
JAN
4988005253415
UPC
089408348525
定価
2,548円(税込)

曲目

  1. Slam
    作曲
    Jim Hall
  2. Chelsea Rendez-Vous
    作曲
    Joe Lovano
  3. Border Crossing
    作曲
    Jim Hall
  4. Say Hello to Calypso
    作曲
    Jim Hall
  5. Blackwell's Message
    作曲
    Joe Lovano
  6. All Across the City
    作曲
    Jim Hall
  7. Feel Free
    作曲
    Jim Hall

演奏者

Jim Hall
guitar
Joe Lovano
trumpet,soprano saxophone,alto saxophone,alto clarinet
George Mraz
bass
Lewis Nash
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Telarc 演奏編成.カルテット 録音.ライブ録音 共演者.GeorgeMraz 共演者.LewisNash 共演者.JoeLovano

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。