スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Terry Clarke : It's About Time (2000年)[CD]{ライブ録音}

 Terry Clarke It's About Time

オススメ度

★★★★★

所感


Bandcamp, Incでは全9曲をmp3、FLAC形式などでダウンロード購入可能(CDは7曲、iTunesStoreはm4a形式)。しかも全曲一括で価格USD7.99。1曲買いもできUSD1。試聴も大サービスで全トラックをフルサイズでストーリーミング再生可能。http://bluemusicgroup.bandcamp.com/album/its-about-time
(情報提供:Shaolinさん)

ジャズ・ドラマーのテリー・クラーク名義の2000年1月のカナダのライブ音源。ジム・ホール、ドン・トンプソン、ジョー・ロバーノ、グレッグ・オスビー、フィル・ドワイヤーが参加。ライブ音源は3会場分からの収録。
やばいです。最高です。Juno Award 2010 "Traditional Jazz Album of the Year "Winnerって触れ込みですが、カナダ版グラミー賞と呼ばれるジュノー賞で、2010年トラディショナル・ジャズ・アルバム年間最優秀賞受賞アルバムってことみたいです。
そんな能書きはいいとして、本当に素晴らしくて涙が出ます。この2014年にまたこうしてジム・ホール御大の知らなかったライブ音源に出会えたことに感謝。
といっても2009年カナダでCDが、世界的にはiTunes Storeでダウンロード版がとっくに発売されたのですが2014年にディスク・ユニオンがCDを輸入販売するまで存在を知らなかったわー。
CDは7曲収録、iTunes Store版は2曲多く9曲収録。ジム・ホールはCDでは5曲演奏、iTunes Store版では7曲演奏。

えーと、いつもみたいにこまごまと評価・レビューというか感想を述べるのめんどくさいっ(笑)今はただ聴いていたい。
ジム・ホールのよく訓練されたファンなら涙ちょちょぎれるメンバー、まだまだ切れのある時期のジムおじさまのプレイ、いい音で文句なしです。
冒頭のFeel Freeの緊張感のあるプレイで身が引き締まったと思いきや、Say Hello to Calypsoでは途中でSt.Thomasのフレーズが入って和み、All the things you areが近年多かった3拍子のまったりプレイでなく4拍子の スインギーなノリで高揚し、またまた大大大好きなIn a Sentimental Moodで目頭が熱くなり、そのエンディングがこれまた好きな長いソロバージョンを演奏なされており嗚咽し、ラストのHide & SeekはJim Hall & Friendsばりのスリリングな展開でありながらも、日本人がいないであろうカナダの聴衆の面前で突如「鉄道唱歌」のフレーズをなさり、国内なら拍手喝さいのところ聴衆は当然ながらスルーするところに国境を越えたジムおじさまの音楽性にわたくしはもう、えうあうえおうtぅtg  文章滅裂。
あと、ワーミーのエフェクターもいい感じにキマっております。
最高。

詳細(CDおよびiTunes Storeのm4aダウンロード版)

メディア
CD
アルバムタイトル(原題)
It's About Time
アルバム名義
Terry Clarke
アルバムタイトル(邦題)
イッツ・アバウト・タイム
アーティスト表記(日本語表記)
テリー・クラーク
収録年
CDトラック準拠の収録年月日 2000/1/15 Ontario Science Center for Jazz.FM 91(Track 3,4,5);2000/1/6 CBC-FM at the Montreal Jazz Festival (Track1,2);2000/1/8 CBC-FM at the Montreal Jazz Festival (Track 6,7) #tracks 8,9も2000/1/8と推測
発売元,レーベル
BlueMusicGroup.com
所有盤
輸入CD
海外CD発売元
BlueMusicGroup.com
海外CD発売日
2009(iTunes Store released 2009/9/10)
海外規格品番
BMG7023
UPC
884502170238
国内輸入販売
株式会社ディスク・ユニオン
国内発売日
2014/2/26
国内規格品番
DUJ-112
JAN
4988044930476
定価
-

曲目(CD版)

  1. Feel Free
    作曲
    Joe Lovano
  2. Say Hello To Calypso
    作曲
    Jim Hall
  3. Flanders Road
    作曲
    Phil Dwyer
  4. Passion Dance
    作曲
    McCoy Tyner
  5. Days Gone By
    作曲
    Don Thompson
  6. In a Sentimental Mood
    作曲
    Duke Ellington
  7. All the Things You Are
    作曲
    Jerome Kern,Oscar Hammerstein II

曲目(iTunes Store m4a版、CD版より2曲多く収録。トラックの順番が少し違う)

  1. Feel Free
    作曲
    Joe Lovano
  2. Say Hello To Calypso
    作曲
    Jim Hall
  3. Flanders Road
    作曲
    Phil Dwyer
  4. Passion Dance
    作曲
    McCoy Tyner
  5. Days Gone By
    作曲
    Don Thompson
  6. Furnished Flats [included in only iTunes Store Album Version]
    作曲
    Jim Hall
  7. All the Things You Are
    作曲
    Jerome Kern,Oscar Hammerstein II
  8. In a Sentimental Mood
    作曲
    Duke Ellington
  9. Hide & Seek [included in only iTunes Store Album Version]
    作曲
    Jim Hall

演奏者および楽器

Joe Lovano (appears courtesy of Blue Note Records) 
tenor saxophone (tracks 1,2)
Phil Dwyer
tenor saxophone (tracks 3,4,5)
Greg Osby
alto saxophone (tracks 6,7,8,9)
Jim Hall
guitar (tracks 1,2,6,7,8,9)
Don Thompson
bass,piano
Terry Clarke
drums

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.BlueMusicGroup 演奏編成.カルテット 共演者.TerryClarke 共演者.JoeLovano 共演者.GregOsby 共演者.DonThompson

拍手する

Jim Hall : Live Vol.2-4 (1975年) [CD]{ライブ音源}

Jim Hall Live Vol.2-4 

オススメ度

★★★★★

所感

(2012/10/27:加筆修正中)
ジム・ホールのトリオ・ライブ盤「Live!」(1975年)の未発表音源集。最高すぎる。至上のジャズギター。ハードディスクが擦り切れるまで聴き続けたい。
なお、A&M Recordsの「Live!」は感嘆符の「!」がついているが、本作では感嘆符がなくなっており「Live Vol.2-4」と表示されている。

Live Vol.2-4の入手方法
USAのレーベルサイトArtistshare http://www.artistshare.com/v4/Projects/Experience/7/431/1で注文する。2012/10/27現在、日本国内の小売店・流通では取り扱いがないので直接注文するしかない。・・・が、なんてこった、現時点は在庫切れみたい。再販売を期待するしかない・・・(追記)2012/11/27から再販しています。
(さらに追記)2013/12/25現在、
ArtistshareでCDは完売しているようです。iTunes Storeでダウンロード販売しています。

追記:2017/6/22、ArthistShareが通常版CDを販売開始した。
注文ページ: ArtistShare Jim Hall Live! vol. 2-4 (3 cd set)
価格はUSD34.95+送料

ディスクについて
このアルバムの構成はCDが3枚(Live vol.2-4)、DVDが1枚となっている。DVDは24bit/48kの高音質オーディオデータで、Live vol.2-4の音源をすべて収録。高音質版はパソコンなどで再生する。しかしながら24bit/48対応の再生ソフトやオーディオインターフェースがないと本来の音質で楽しむことができない。
また、製品には収録されていないボーナストラック7曲も存在する。発売元のArtistShareのサイトにログインしてmp3でのみ入手できる。

ブックレットについて

Jim Hall Live Vol.2-4
ブックレットはこんなん
Jim Hall Live Vol.2-4
ジム・ホールとエラ・
フィツジェラルドが
共にいる写真。
これは初めて見た
※下記は通常版CD
  • 分厚いブックレットが付属しており、123ページある。さながら昔の重厚な書籍のようなカバーと装丁だ。ブックレットの主な内容は次の通り
  • 本アルバムの演奏者であるジム・ホール(ギター)、ドン・トンプソン(ベース)、テリー・クラーク(ドラム)のコメント
  • ジム・ホールを紹介した過去の新聞・雑誌の記事の切抜きの写真
  • 交流のある音楽家へのインタビュー。インタビューしたのはPat Metheny、Chris Potter、Scott Colley、Nels Cline
  • テクニカル・ノート。マスタリングの使用機材などをドン・トンプソンが解説。署名の日付は2012/6/28となっており、最初の発売日の5/1を余裕で越してる(笑

発売までのまとめ

  • 2011/11/19:(USでは201/11/18?)米国のレーベルArtistShareがJim Hallの新作「Live Project」を発表する。ドン・トンプソン(ジム・ホールとよく演奏したベース/ピアノ奏者)がA&M Recordsから発売されたLive!(1975年)の未発表音源を見つけたため、これを収録したCD3枚組みのボックスセットを発売することになった。同時に、2011年時のカルテット編成でのライブ音源(バードランドでのライブ音源)を発売する内容であった。この時点での発売予定は2012/5/1。(参照:内部リンク
  • 2012/5/1:ArtistShareが「Live Vol.2-4」の発売延期を案内。理由は豪華ブックレットを制作することになったため。このころLive Vol.2-4のカバーアートも公開された。明示されていなかったがバードランドでのライブ音源の発売も延期になった。再設定された発売日は2012/7/15。(参照:内部リンク
  • 2012/7/15:ArtistShareが「Live Vol.2-4」の発売再延期を案内。4枚目のディスクを追加することが案内された。4枚目には高音質版(24bit/48k)の音源を収録するとの案内だった。同日、注文者には延期の代替処置(お詫び)として、Live Vol.2-4の全曲をmp3音源でダウンロードできるようにした。(参照:内部リンク
  • 2012/8/18:ArtistShareが「Live Vol.2-4」の注文者に、ボーナストラックのmp3をダウンロードできるように案内した。ボーナストラックは製品版(CD)に収録されていなく、7曲ある。これらはCDに収録されている曲の別テイクと、完全に未収録の追加曲であった。(参照:内部リンク
  • 2012/10/16:ArtistShareが「Live Vol.2-4」と「Live At Birdland」を出荷開始した。わたくしの分は2012/10/17にUSPSのFirst-Class Internationalで発送され、2012/10/25に配達完了。

詳細

メディア
CD,DVD(DVDは24bit/48kのAudio Dataを収録)
アルバムタイトル(原題)
Live Vol.2-4
アルバム名義
Jim Hall
収録年
Volume Two;1975/6/12,Volume Three;1975/6/11,Volume Four;1975/6/13,  at Bourbon Street,Tronto,Ontario,Canada
発売元,レーベル
Artistshare http://www.artistshare.com/v4/Projects/Experience/7/431/1
所有盤
CD,DVD,ボーナストラックはmp3
CD発売日
2012/10/16
規格品番
AS0116
UPC
None
定価
$75-

曲目:Live Volume 2 (1枚目のCD)

  1. How Deep Is The Ocean
    作曲
    Irving Berlin
  2. Emily
    作曲
    Johnny Mandel, Johnny Mercer
  3. Valse Hot
    作曲
    Sonny Rollins
  4. Love Letters
    作曲
    Edward Heyman,Victor Young
  5. Chelsea Bridge
    作曲
    Billy Strayhorn
  6. Something Tells Me
    作曲
    Jane Hall
  7. Fly Me To The Moon
    作曲
    Bart Howard

曲目:Live Volume 3 (2枚目のCD)

  1. Secret Love
    作曲
    Sammy Fain,Paul Francis Webster
  2. Baubles, Bangles and Beads
    作曲
    George Forrest,Robert C. Wright
  3. In A Sentimental Mood
    作曲
    Duke Ellington
  4. Star Eyes
    作曲
    Gene de Paul,Don Raye
  5. Where Would I Be?
    作曲
    Jane Herbert
  6. Body And Soul
    作曲
    Edward Heyman,Robert Sour,Frank EytonJohnny Green
  7. Careful
    作曲
    Jim Hall

曲目:Live Volume 4 (3枚目のCD)

  1. Someday My Prince Will Come
    作曲
    Frank Churchill,Larry Morey
  2. Come Rain Or Come Shine
    作曲
    Harold Arlen ,Johnny Mercer
  3. Prelude To A Kiss
    作曲
    Duke Ellington,Irving Gordon,Irving Mills
  4. Everything I Love
    作曲
    Cole Porter
  5. Blue Dove
    作曲
    Mexican folk song
  6. Embraceable You
    作曲
    George Gershwin,Ira Gershwin
  7. The Theme
    作曲
    Kenny Dorham

曲目:Live Vol.2-4 Audio Files (DVD,High Resolution 24bit/48k Audio Files)

4枚目のディスクとしてDVDが入っている。DVDはCDで提供されたLive Volume 2-4をパソコン用の高解像オーディオファイル(wave形式、ビットレート/サンプリングレートは24bit/48k)で収録。CD3枚の合計曲数は21曲だが、オーディオファイルは20ファイルとなっている(Embraceable YouとThe Themeの2曲が1ファイルになっているため)。曲名は重複するので省略。

<ボーナストラック> Live Vol.2-4 Bonus Tracks (mp3ダウンロード提供のみ)

下記は2012/8/18にArtistShareにて注文者に無償提供されたLive vol.2-4のボーナストラック。下記はそのリスト。Live vol 2-4未収録の曲(+印)と、別テイクの音源(*印)がある。
  1. Emily (*)
    作曲
    Johnny Mandel, Johnny Mercer
  2. Prelude to a Kiss (*)
    作曲
    Duke Ellington,Irving Gordon,Irving Mills
  3. Spring Is Here (+)
    作曲
    Richard Rodgers,Lorenz Hart
  4. Fly Me To The Moon (*)
    作曲
    Bart Howard
  5. Two's Blues (+)
    作曲
    Jim Hall
  6. Moonlight In Vermont (+)
    作曲
    Karl Suessdorf,John M. Blackburn
  7. Careful (*)
    作曲
    Jim Hall

演奏者

Jim Hall
Guitar
Don Tompson
Bass
Terry Clarke
Drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.ArtistShare 演奏編成.トリオ 録音.ライブ録音 共演者.TerryClarke 共演者.DonThompson

拍手する

無言歌 / Jazz Impressions Of Japan (1976年)[CD]

Jim Hall : Jazz Impressions Of Japan

オススメ度

★★★★★

所感


Jim Hall : Jazz Impressions Of Japan CD
やっとCD版査収。

(追記)2015/12/9にCD再発されました(記事はこちら。サイト内リンク) 以下は2011年に記述。

やっとCD版の「ジム・ホール 無言歌/Jazz Impressions Of Japan」を査収。これについてはさんざん書き留めたのでいまさらだが、CDは1993年に1度だけ生産されたようで、2011年の今となってはとにかくレア。オリジナルのLPレコードは1977年の初回版GXU-1と1980年の再発版GP-3216(初回に曲を追加)があり、このCDは再発版のジャケットと音源を元にした内容。演奏よし、音よしで星5つ。
なお、ライナーノーツによると#7.Two Special Peopleは1976年のジム・ホール来日コンサートに関し「日本に招へいしたプロモーターの神原音楽事務所の松山ユリ(リリー)さんと富岡清(トミー)さんの2人捧げられている」とのこと。うむ。

ダウンロード販売はこちら
Jazz Impressions Of Japanは、現在はジム・ホールがアルバムをリリースしてい るレーベルArtistShareで、誰でもLP収録の全8曲のリマスター音源(mp3)をダウンロード購入できます。
購入リンクはこちら(海外サイトになります。購入などは自己責任でお願いします)

サイト内関連リンク

詳細

アルバムタイトル(英題)
Jazz Impressions Of Japan
アルバム名義(英語表記)
Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
無言歌
アーティスト表記(日本語表記)
ジム・ホール
収録年
1976/11/1
発売元,レーベル
Paddle Wheel(キングレコードのレーベル)
所有盤
国内版CD
CD発売元
キングレコード株式会社
国内CD発売日
1993/9/22
規格品番
KICJ-8023
JAN
4988003146139
定価
2,345円(税込)

曲目

  1. Light
    作曲
    Jim Hall
  2. Carefull
    作曲
    Jim Hall
  3. Kyoto Bells
    作曲
    Jim Hall
  4. Without Words
    作曲
    Jim Hall
  5. Echo
    作曲
    Jim Hall
  6. Young One
    作曲
    Jim Hall
  7. Two Special People
    作曲
    Don Thompson
  8. Something For Now
    作曲
    Jim Hall

演奏者

Jim Hall
guitar
Don Thompson
bass,piano (piano on tracks "Young One","Two Spesial People")
Terry Clarke
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.PaddleWheel 共演者.DonThompson 共演者.TerryClarke

拍手する

ジム・ホール / ライブ・イン・トーキョー~完全版~(1976年)[CD]{ライブ録音}

Jim Hall And Live In Tokyo Comolete Version

オススメ度

★★★★★

所感


Jim Hall Live In Tokyo LP
写真はCDジャケット裏面
にある JIM HALL
LIV IN TOKYO
(GP-3513)の
LPレコードジャケット。

(追記) 2015/12/9にCD再発されました。(記事はこちら。サイト内リンク) 以下は2010年の記述。

「ジム・ホール / ライブ・イン・トーキョー~完全版~」の単品CDを最近になってやっとこさ査収しました。このアルバムは1976年にジム・ホールが来日コンサートを行ったときのライブ音源です。「Jazz Impressions Of Japan & Live In Tokyo(無言歌&ライブ・イン・トーキョー)」(2001年)は持っていたのですが、この完全版は持っていなかったのです。完全版では、前述のCDには未収録だった曲「Secret Love」を収録しており大満足。これでやっと「ライブ・イン・トーキョー」の全容を補完。内容もよく星5つ。廃盤のため今となっては入手困難なCDですが、ジムファンならぜひ納めておきたい1枚。

このCDが完全版と銘打っている理由をライナーノーツより引用させていただきます。

ジム・ホール・トリオが76年来日時のライブ録音がコンプリートな形でCD化された。なにをもって完全版というのか、まずそのところを説明しておこう。当初発売のLP(GP-3513)は5曲入り、「アランフェス協奏曲」は未収録だった。この曲は前年、75年にCTIに録音したばかりで、向う5年間は別の アルバムに収録しない契約になっていたのだそうだ。そして5年後の80年に再発されたLP(GP-3217)には「アランフェス協奏曲」追加されたが、そ のかわりに「シークレット・ラブ」がカットされてしまった。したがって、これまで2枚のLPを持っていないと全6曲が揃わなかったものだが、それらをまと めたのが今回のCDというわけである。

以上、完結な説明ですな。

  • 補足1:最初のLP(GP-3513)は1977年に発売し、ジャケットはジム・ホール本人の写真を使用している(本稿にある小さい画像のもの)。
  • 補足2:再発LP(GP-3217)は1980年に発売。1980年にジム・ホール・トリオでの来日コンサートを記念して発売したもので、ジャケットは変更され、ジム・ホールを描いたイラストとなっており、CD「ライブ・イン・トーキョー~完全版~」のジャケットは再発LPのジャケットです。このジムを描いたイラストレーターはFujiyama Toshioとのことですが有名なのか無名なのかわかりませーん。
  • 「Jazz Impressions Of Japan(無言歌)」はArtistShareで全曲ダウンロード購入でき、ボーナストラックとして「ライブ・イン・トーキョー」からの未発表音源「LuLu's Back In Town」を入手できます。購入リンクはこちら(海外サイトになります。購入などは自己責任でお願いします)

このアルバムは1976年のライブ音源ってことですが、近い時期のライブアルバムに「LIVE!」(1975年)があります。メンバーが同じで同じ楽器のトリオ編成で時間もあいていないのに「LIVE!」(カナダでのライブ録音)と「ライブ・イン・トーキョー」(東京でのライブ録音)の両者はだいぶ雰囲気が違っていて聞き比べると面白いです。「LIVE! 」はどこか憂いを秘めているドジャズーな内容ですが、「ライブ・イン・トーキョー」は陽気で明るく元気な内容。以前は「LIVE!」のほうが断然好みでした。とにかくカッコいいし、ジャズギターの演奏テクニックも傑出しているアルバムなので。それに比べるとライブ・イン・トーキョーはどこか物足りない、というか明るすぎる内容であまり好きではなかったけど、今はそんなことなくこっちも結構好きになったです。ライブ・イン・トーキョーは疲れてるときに聴くと元気になります。車の中でもよく聴きますー。

詳細

アルバムタイトル(英題)
LIVE IN TOKYO-Complete Version
アルバム名義
Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
ライブ・イン・トーキョー~完全版~
アーティスト表記(日本語表記)
ジム・ホール
収録年
1976/10/28 東京・中野サンプラザ・ホール
発売元,レーベル
Paddle Wheel(キングレコードのレーベル)
所有盤
国内版CD
CD発売元
キングレコード株式会社
国内CD発売日
1997/7/2
規格品番
KICJ-8239
JAN
4988003200787
定価
1,800円(税込)
備考
上記は1997年の再発CDのデータ。初CD化は以下の通りタ。発売日:1991/9/21;規格品番:KICJ-62,
価格:2,825円(税込) JAN:4988003109271

曲目

  1. Billie's Bounce
    作曲
    Charlie Parker
  2. Twister
    作曲
    Jim Hall,Terry Clarke
  3. Secret Love
    作曲
    Sammy Fain,Paul Francis Webster
  4. Concierto De Aranjuez
    作曲
    Joaquin Rodorigo
  5. Chelsea Bridge
    作曲
    Billy Strayhorn
  6. St. Thomas
    作曲
    Sonny Rollins

演奏者

Jim Hall
guitar
Don Thompson
bass
Terry Clarke
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.PaddleWheel 録音.ライブ録音 共演者.TerryClarke 共演者.DonThompson

拍手する

Jim Hall : Jazz Impressions Of Japan & Live In Tokyo (1976年)[CD]{ライブ録音}

Jazz Impressions Of Japan / Live In Tokyo : Jim Hall

オススメ度

★★★★☆

所感

意外とイケてます。日本のキングレコードが発売した2つのLPレコードアルバム「Jazz Impressions Of Japan/無言歌」と「Live In Tokyo/ライヴ・イン・トーキョー」を1枚にまとめたお徳版。LP2枚分の全曲はCD枚に入りきらず、曲がカットされて収録されている。実に残念!もし入手できるなら元の2枚のアルバムそれぞれを堪能するのが本来望ましい。それぞれ単独で楽しむなら星5つだが、この2in1CDでは曲が補完されていなく残念ッってことで星4つ。

CDジャケト上側はアルバム「Jazz Impressions Of Japan」のもので、1976年11月に東京で録音したものです。ジム・ホールのイラストを初めて見たとき、そのくどめの絵に少し退きましたが、演奏の内容は実に素晴らしいです。ジム・ホールのオリジナル作曲で代表曲のひとつ「Careful」がやや速めのテンポで演奏されたテイクがあり、スリリングで熱い展開となっています。
ジャケット下側の絵はアルバム「Live In Tokyo/ライブ・イン・トーキョー」。1976年10月28日の中野サンプラザでのライブ音源を収録。ドラムの盟友テリー・クラークとの競演 「Twister」が熱い。アコースティックギターで珍しくザカザカとカッティングメインのナンバー。
これら2つのアルバムからは全体的に元気で勢いのある内容が選曲されており、内省的で渋めと思われがちなジム・ホールの明るく快活な一面がわかります。
以下、元の2枚のアルバムの個別情報など。

「Jazz Impressions Of Japan」の初回LPと再発LP
このCDの元となっているLP「Jazz Impressions Of Japan」は初回発売版と再発売版の2種類があります。

LP「無言歌/Jazz Impressions Of Japan」(カタログ#GXU-1、1977年、このCDのジャケットの上側
収録曲 A面:Something for Now,Echo,Without Words,B面:Two Special People,Kyoto Bells
初回LPではダイレクトカッティングという録音方法が採用され、非常に高音質だったそうです。

Jm Hall : Jazz Impressions Of Japan LP
写真は1980年に再発
されたJazz Impressions
Of Japan(GP-3216)の
ジャケット。知人の所有
レコードを撮影。

再発LP「無言歌/Jazz Impressions Of Japan」(カタログ#GP-3216,1980年)
再発LPは曲の追加とジャケットの変更があります。ジャケットについては草原にたつ1本の樹木の絵になっています。1980年のジム・ホール来日コンサートを記念して再発されたそうです。
収録曲 A面:Light,Careful,Kyoto Bells,B面:Without Words,Echo,Young One,Two Special People,Something For Now

つまり、CDの収録曲は再発LPのA面1~3曲目とB面1曲目の4曲(太字)を収録したものっとなっています。しかしながらCDジャケットには初回のLPのものを採用しており、かなりややこしいことになっています。なお、CDの音源はダイレクトカッティングのLPから再編集したのではなく、テープ録音から編集しています。ライナーノーツを引用する次の通り。

「本CDはダイレクト・カッティングと平行して収録された通常のアナログ・テープ録音から編集しています」

無言歌/Jazz Impressions Of Japanの単品CDについて
一度CD化されたようですが、残念ながら廃盤で再発されていないため私もCD版は所有していません。
検索で確認したところCDはKICJ-8023 1993年9月22日発売 2,345円として発売されたようです。(2011/7/4追記、CD版を査収 CD版はこちら)

ダウンロード販売があります。
Jazz Impressions Of Japanは、現在はジム・ホールがアルバムをリリースしてい るレーベルArtistShareで、誰でもLP収録の全8曲のリマスター音源(mp3)をダウンロード購入できます。非常にオススメ。
購入リンクはこちら(海外サイトになります。購入などは自己責任でお願いします)
当初からこのアルバムをダウンロード販売する目的だったのではなく、Jim Hall/Bill Frisell Duoのアルバム「Hemispheres」(2008年)の発売延期に関し予約注文者への代替措置として2008年1月5日に注文者には無償で配信されたという経緯があります。

このCDに収録されていない「Young One」と「Two Spesial People」はジム・ホールのギターとドン・トンプソンのピアノによるデュオになっており、実に繊細で綺麗な音楽を堪能できます。まじヤバイ。これが廃盤とかないわ!「Something For Now」はジム・ホールの12弦ギター1本でのギターソロ曲。Jazz Impressions Of Japanはこの完全版ともいえる全曲がそろってこそ名盤といえます。

なお、ダウンロード購入では、ボーナストラックとして「Live in Tokyo」のLPに収録されなかった未発表音源の曲「LuLu's Back In Town」が入手できます。

「Live In Tokyon」の初回LPと再発LP
このCDの元となっているLP「Live In Tokyo」も初回発売版と再発売版の2種類があります。

LP「Jim Hall Trio/Live In Tokyo」(カタログ#GP-3513,1977年、このCDのジャケットの下側)
収録曲 A面:Billie's Bounce,Twister,Seclet Love,B面:Chelsea Bridge,St.Thomas
このCDのジャケットは初回LPのジム・ホールの写真のものだが、収録曲は下記再発LPの「Secret Love(music by Sammy Fain and lyrics by Paul Francis Webster)」が無い選曲となっています。

再発LP「Jim Hall Trio/Live In Tokyo」(カタログ#GP-3217,1980年の再発版)
収録曲 A面:Billie's Bounce,Twister,Concierto De Aranjuez,B面:Chelsea Bridge,St.Thomas
このCDではこちらの再発LPから全5曲を収録。再発LPは初回LPに収録されていた1曲Secret Loveが省略され、代わりに「Concierto De Aranjuez(アランフェス協奏曲)」が収録されています。また、ジャケットはジム・ホールのイラストに変更されています。LPレコードのLive In Tokyoに「Concierto De Aranjuez(アランフェス協奏曲)」が収録されなかった理由は、LPから転載したCDのライナーノーツで次のように記述されています。

ファンお目当ての<アランフェス協奏曲>が収録されなかったのは残念だが、向う5年間は同曲の採録不可という契約上の拘束があっては、これもいたしかたあるまい。(注)

注:CTIのアルバム「アランフェス協奏曲」(1975年)発売から5年間という意味。

Live In Tokyoの単品CDについて
「Live In Tokyo -Complete Version-(ジム・ホール ライブ・イン・トーキョー~完全版~)」(初回 KICJ-62,1991年)(再発売 KICJ-8239,1997年7月2日)があります。詳細はリンク先参照。細かい話ですがアルバム題名の日本語表記についてLPでは「ライヴ・イン・トーキョー」とウに濁点で表示していますが、CDでは「ライブヴ・イン・トーキョー」とフに濁点で表示しています。

Jazz Impressions of Japanの発売経緯や初回収録曲、再発時の追加収録曲などについてmicrogroove.jp: Jazz Impressions of Japan / Jim Hall(外部リンク)に大変詳しい記述があります。本文はこちらのサイトを参考に、CDについて独自にまとめさせていただきました。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Jazz Impressions Of Japan & Live In Tokyo
アルバム名義
Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
無言歌&ライブ・イン・トーキョー
アーティスト表記(日本語表記)
ジム・ホール
収録年
1976/11/1(#1-4),1976/10/28(#5-9)
発売元,レーベル
Paddle Wheel(キングレコードのレーベル)
所有盤
国内版CD
CD発売元
キングレコード株式会社
国内CD発売日
2001/4/25
規格品番
KICJ-8354
JAN
4988003258498
定価
2,200円(税込)

曲目:Jazz Impressions Of Japan & Live In Tokyo (KICJ-8354)

  1. Light
    作曲
    Jim Hall
  2. Carefull
    作曲
    Jim Hall
  3. Kyoto Bells
    作曲
    Jim Hall
  4. Without Words
    作曲
    Jim Hall
  5. Billie's Bounce
    作曲
    Charlie Parker
  6. Twister
    作曲
    Jim Hall,Terry Clarke
  7. Concierto De Aranjuez
    作曲
    Joaquin Rodorigo
  8. Chelsea Bridge
    作曲
    Billy Strayhorn
  9. St. Thomas
    作曲
    Sonny Rollins

曲目:Jazz Impressions Of Japan (+Bonus track)/ mp3 Download version From artistShare

  1. Light
    作曲
    Jim Hall
  2. Carefull
    作曲
    Jim Hall
  3. Kyoto Bells
    作曲
    Jim Hall
  4. Without Words
    作曲
    Jim Hall
  5. Echo
    作曲
    Jim Hall
  6. Young One
    作曲
    Jim Hall
  7. Two Special People
    作曲
    Don Thompson
  8. Something For Now
    作曲
    Jim Hall
  9. LuLu's Back In Town [*Unreleased bonus track form "Live In Tokyo" ]
    作曲
    Harry Warren,Al Dubin

演奏者

Jim Hall
guitar
Don Thompson
bass,piano (piano on tracks "Young One","Two Spesial People")
Terry Clarke
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 演奏編成.トリオ 共演者.TerryClarke 共演者.DonThompson 演奏編成.デュオ・ピアノとギター 録音.ライブ録音 レーベル.PaddleWheel 演奏編成.ギターソロ

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。