スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Charlie Haden - Jim Hall (1990年)[CD]{ライブ録音}

Charlie Haden -Jim Hall

オススメ度

★★★★☆

所感

国内盤CD

ベーシスト、チャーリー・ヘイデン(1937/8/6-2014/7/11)とジャズギタリスト、ジム・ホール(1930/12/4-2013/12/10)のデュオによるライブ・アルバム。1990年7月2日、カナダ、モントリオール・ジャズ・フェスティバルでのライブ音源。

嗚呼なんということでしょう。今年2014年の8月にぼけっとネットを巡回していたらたまたま見かけたユニバーサルミュージックのニュースでさらっとこのアルバムのリリースが予告されているのを見たときの高揚感ときたら。ていうか4月に告知されていたのにまったく気がつかなかったわー。
以来いまかいまかと待ちかねていたわけですがようやく国内CDは予定通り2014年10月1日に発売。そして別途注文した海外CDは遅延の案内があり到着未定。海外CDなんてそんなもんだよねー。待つことはジムおじさまのレーベルArtistshareで鍛えられました。

さて与太話はいいとして音源はというと。
うん。1990年のジム・ホールといえば私的にはかなり好きな時期。演奏も叙情的なものからビビッドなスタイルまでいろいろありよいかなと。
チャーリー・ヘイデンのベース演奏はっと、失礼、Jim Hall & Basses(2001年)はあんまり聴いてなかったのであまり印象になかったのですが、わりとまったりというか、すごく基本的なプレイですね。それに比べると年長のジム・ホールのほうがまだぜんぜん若々しく元気なプレイ。Down From Antiguaの弦が切れんばかりの激しいカッティングソロときたら聴いてるほうが汗かくわー。

ジムおじさま+ベースのデュオといえば、ロン・カーターやレッド・ミッチェルが思い浮かぶけど、あれらは緊張感がある曲があったりして緩急があったけど、このアルバムは全体的にのんびりしてるというか穏やかな印象かな。まぁBig Bluesとかおなじみのジャズブルースや、後期のジムおじさまの特徴である変態意味分からん系が最後にあったりして、変化はあるんだけど。なんというか若かりし頃(といっても40代)のとんがった感じとは違って、二人とも円熟の時期でなごやかな空気が感じられます。
などとすごく抽象的な感想ですが、詳しくは国内CDのライナーノーツなどを御参照くださいってことでー。

あとは音源の問題と思いますが、終始サーッという昔のカセットテープのノイズみたいのが聞こえるのが気になる。1990年の音源でこれかよー。たぶん本来は発売目的がなかった、簡単にとったPA音源とかを使ったのかなぁと憶測。

ジムおじさまが存命のころにこれを聞いていたら星3つかな、てところですが、今このタイミングでリリースされたということで、思い出補正で星4つですっ!

ちなみに国内では3種類のCDが入手でき、iTunes Storeでもダウンロード購入できます。

追記 海外サイト「HDtracks」でもダウンロード購入できます(情報提供:Shaolinさん)。
http://www.hdtracks.com/charlie-haden-jim-hall-live-from-montreal-international-jazz-festival-canada-1990
(注)96kHz/24ビットの高解像音源を購入できますが、対応機器がないと本来の音質で再生されません

関連:

詳細

アルバムタイトル(英題)
Charlie Haden - Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
チャーリー・ヘイデン&ジム・ホール
アルバム名義(英語表記)
Charlie Haden & Jim Hall
アルバム名義(英語表記)
チャーリー・ヘイデン&ジム・ホール
収録年
1990/7/2 Jazz Beat at the Montreal International Jazz Festival Live in Concert
オリジナルレコード レーベル
Impulse! Canadian Broadcasting Corporation. Under exclusive license to Impulse! Universal Music France
Maked & Distributed
Universal Music LLC
所有盤
国内CD
制作
ユニバーサル クラッシクス&ジャズ
国内CD 発売・販売元
ユニバーサルミュージック合同会社
CD販売元
A&M Records
CD発売日
2014/10/1
規格品番
UCCM-1229
JAN
4988005845535
定価
2,600円+税

曲目

  1. Bemsha Swing
    作曲
    Thelonious Monk ,Denzil Best
  2. First Song
    作曲
    Charlie Haden
  3. Turnaround
    作曲
    Ornette Coleman
  4. Body And Soul
    作曲
    lyrics:Edward Heyman, Robert Sour,music:Johnny Green
  5. Down From Antigua
    作曲
    Jim Hall
  6. Skylark
    作曲
    lyrics:Johnny Mercer,music:Hoagy Carmichael
  7. Big Blues
    作曲
    Jim Hall
  8. In The Morment
    作曲
    Charlie Haden

演奏者

Charlie Haden
bass
Jim Hall
guitar

(以下、2種類の海外CD。推測なので店舗にご確認ください)
下記はたぶんJewelcase仕様。いわゆるプラスチックケース。
Amazon掲載のEANが0602537841820。メーカーの規格品番(カタログナンバー)3784182なので

下記は多分digipack仕様。Amazon掲載のEANが0602537841837。
メーカーの規格品番(カタログナンバー)3784183なので
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 共演者.CharlieHaden レーベル.Impulse!

拍手する

Ornette Coleman : Broken Shadows (1971-1972年)[CD]

Ornettte Coleman : Broken Shadows

オススメ度

★★☆☆☆

所感

フリー・ジャズの開祖と呼ばれるオーネット・コールマン(アルトサックス)の未発表音源集。#1~#5はアルバム「サイエンス・フィクション」(1971年9月録音)の未発表音源で、#6~8は1972年9月のセッションからの美発表音源。1982年に発売されたLPをCD化したもの。オーネット・コールマンの名は聞いたことがあるなーってくらいで楽曲はこれまでしらなかった。その宣伝文句たるや「ハーモロディックという音楽的手法を取り入れ」だのなんだのと大仰で、聞く前からいささか及び腰でしたが、まぁ普通に聴ける変態系です。1曲にドラムが2人とか、ふつーに変態!素敵。1970年代の当時を考慮すると衝撃的な曲たちだったかもしれないが、今聞くとこういうのもあるよねーと、ある程度ききやすさも考慮されたちょいトンがったジャズってかんじです。まぁきくひとの音楽嗜好や経験にもよりますが。

はてさてジム・ホールは#7.Good Girl Bluesと#8.Is It Foreverの2曲のみに参加。しかも狙ったようにアルバムでこの2曲だけなぜか男性ボーカルもの。ギターは#7ではバッキングのみ、#8もほぼバッキングです。てことで残念ながら星2つ!毎度ですがアルバム全体のレベルは高くよいかと思いますがジムおじさん目当てならってことでの評価です。マニアアイテム度90%の1枚です。#7ははやめのテンポで軽快なランニングベースが印象的なナンバー。ギターがちょっとブルースロック的な演奏をしており、この時期のジムにしては珍しいスタイルかと思う。#8はバラード。イントロの数秒だけジムのギターによるイントロがきけてそれだけでもう満足・・・!するしかないです。ジム・ホールのギターの音色が1975年の代表作「アランフェス協奏曲」時のの音に近づいており、1970年代には、彼独特のギターの音作りは完成の域に達していたことが伺える。あと、24bitマスタリングてことで、CDの音はよい。

詳細

メディア
CD
アルバムタイトル(原題)
Broken Shadows
アルバム名義
Ornette Coleman
アルバムタイトル(邦題)
ブロークン・シャドウズ
アーティスト表記(日本語表記)
オーネット・コールマン
収録年
1972/9(#1-5),1972/9(#6-9)
発売元,レーベル
Original LP:Columbia FC 38029
所有盤
国内CD
CD販売元
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント(Sony Music Japan International Inc.)
CD発売日
2006/3/1
規格品番
SICP1041
JAN
4547366024265
定価
1,890円

曲目

  1. Happy House
    作曲
    Ornette Coleman
  2. Elizabeth
    作曲
    Ornette Coleman
  3. School Work
    作曲
    Ornette Coleman
  4. Country Town Blues
    作曲
    Ornette Coleman
  5. Broken Shadows
    作曲
    Ornette Coleman
  6. Rubber Gloves
    作曲
    Ornette Coleman
  7. Good Girl Blues
    作曲
    Ornette Coleman
  8. Is It Forever
    作曲
    Ornette Coleman

演奏者

Ornette Coleman
alto sax
Dewey Redman
tenor sax
Don Cherry
pocket trumpet
Bobby Bradford
trumpet
Charlie Haden
bass
Ed Blackwell
drums
Billy Higgins
drums
Cedar Walton
piano
Jim Hall
guitar (on tracks 7,8)
Webster Armstrong
vocal (on tracks 7,8)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 共演者.OrnetteColeman レーベル.SonyMusic 共演者.CharlieHaden

拍手する

Jim Hall & Basses (2001年)

Jim Hall & Basses

オススメ度

★★★☆☆

所感

素人には薦められない。ジム・ホールと4人のベーシストがかわるがわる延々とデュオを繰り広げる。5人のベースはクリスチャン・マクブライド、チャーリー・ヘイデン、デイヴ・ホランド、ジョージ・ムラーツ、スコット・コリー。ジム・ホールとの相性は、このなかではスコット・コリーとの相性がが一番よさそうかな~。なんというか二人の音がなじむ。

曲の大半はAbsractと名づけられた即興曲が占める。複雑で旋律の破壊をも試みたとも思える独創的で前衛的なインプロビゼションだ。#2.Abstract 2なんてベース2本とギターという超変則トリオ。しかもベースはアルコ(弓)だ。さらに、おそらくジム・ホール自身がギターを休めた合間にマラカス(カバサ?)を振っていたりして好き放題やりたい放題でございます。年老うごとにますます新しい手法を展開するジムの貪欲さにためいき。

しかし、おなじみの#4.All the Things You Areやちょっとポップな展開の#8.Dog Walkなんかもあったりして、そこそこ親しみやすい要素も盛り込まれている。

つーことで日本の歌謡文化になじんだ人には薦められないアルバムかも。しかしベースマニアなら垂涎のアルバムだろうか。

詳細

アルバムタイトル(原題)
JimHall&Basses
アルバム名義
JimHall&Basses
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
2001/1/7~8,2/21
発売元,レーベル
Telarc International Corporation
所有盤
輸入CD
販売元
Telarc International Corporation
CD発売日
2001
規格品番
CD-83506
UPC
089408350627
定価
-

曲目

  1. End the Beguine!
     作曲: Jim Hall
  2. Bent Blue
     作曲:Jim Hall
  3. Abstract1
     作曲:Jim Hall,Charlie Haden
  4. All the Things You Are
     作曲: Jerome Kern,Oscar Hammerstein II
  5. Abstract 2
     作曲:Jim Hall,George Mraz,Scott Colley
  6. Sam Jones
     作曲: Jim Hall
  7. Don't Explain
     作曲:Arthur Herzog Jr.,Billie Holiday
  8. Dog Walk
     作曲:Jim Hall
  9. Abstract 3
     作曲: Jim Hall,George Mraz,Scott Colley
  10. Besame Mucho
     作曲: Consuelo Velázquez,Sunny Skylar
  11. Dream Steps
     作曲:Jim Hall
  12. Abstract 4
     作曲:Jim Hall,Scott Colley
  13. Tango Loco
     作曲: Jim Hall

演奏者

Jim Hall
guitar
Charlie Haden
bass (on tracks 3,7)
Christian McBride
bass (on tracks 2,8)
Dave Holland
bass (on tracks 1,6)
George Mraz
bass (on tracks 4,5,9,13)
Scott Colley
bass (on tracks 5,9,10,11,12,13)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Telarc 演奏編成.デュオ・ベースとギター 共演者.CharlieHaden 共演者.CristianMcBride 共演者.DaveHolland 共演者.GeorgeMraz 共演者.ScottColley

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。