スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Four Brothers Sound : Jimmy Giuffre (1958年)[CD]

Four Brothers Sound Jimmy Giuffre

オススメ度

★★☆☆☆

所感

CDのオビによると日本初CD化ってことです。ジ ミー・ジュフリーのこれまた渋い1枚。ジム・ホール、ボブ・ブルックマイヤーとのトリオだが、ジュフリーが一人でテナーサックスを4本分多重録音している曲がる。ボブ・ブルックマイヤーはピアノで参加。ボブはトロンボーンも吹け、どちらかというとトロンボーン奏者のイメージがありますが。
同年12月に同じメンバーでWestern Suite : Jimmy Giuffre (1958年)[CD](ウェスタン組曲)を制作してるのですが、この頃は1年にアルバム2~3枚つくるなんて当たり前の時代だったんですね。
曲は全体的に静かなバラードが多くちょっと地味かな~と。ジム・ホールは5曲弾いております。マニアアイテムっすなー。星2つ。

詳細

アルバムタイトル(邦題)
フォー・ブラザーズ・サウンド
アルバムタイトル(英題)
Four Brothers Sound
アルバム名義(日本語表記)
ジミー・ジュフリー
アルバム名義(英語表記)
Jimmy Giuffre
収録年
#6:1958/6/23 NY,#2:1958/6/25 NY,#1,3,5,7,9:1958/9/1:Lenox, Massachusett
オリジナルレコード レーベル
Atlantic Recording Corp.(Atlantic 1295)
所有盤
国内CD
CD発売元
ワーナーミュージックジャパン
CD発売日
2013/2/20
規格品番
WPCR-27267
JAN
4943674130634
定価
1,000円(税抜価格952円)

曲目

  1. Four Brothers
    作曲
    Jimmy Giuffre
  2. Ode To Switzerland
    作曲
    Jimmy Giuffre
  3. Blues In The Barn
    作曲
    Jimmy Giuffre
  4. Space
    作曲
    Jimmy Giuffre
  5. I Got A Right To Sing The Blues
    作曲
    music by Harold Arlen ,lyrics by Ted Koehler
  6. Come Rain Or Come Shine
    作曲
    music by Harold Arlen,lyrics by Johnny Mercer
  7. Memphis In June
    作曲
    Hoagy Carmichael, Paul Francis Webster
  8. Cabin In The Sky
    作曲
    music by Vernon Duke, lyrics by John La Touch
  9. Ol' Folks
    作曲
    Willard Robison,Dedette Lee Hill

演奏者

Jimmy Giuffre
tennor sax
Bob Brookmeyer
piano (tracks1,3,5,7,9)
Jim Hall
guitar (tracks1,3,5,7,9)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Atlantic 共演者.JimmyGiuffre 共演者.BobBrookmeyer

拍手する

Bob Brookmeyer : The Blues Hot And Cold + 7X Wilder (1960年;1961年)[CD]

BobBrookmeyer The Blues Hot And Cold + 7X Wilder  

オススメ度

★★★★☆

所感



  BobBrookmeyer The Blues Hot And Cold
The Blues Hot And Cold
のジャケット

  BobBrookmeyer 7X Wilder
7X Wilderの
ジャケット

キマシタワー!これはひさびさによいジム・ホール。トロンボーン奏者であるボブ・ブルックマイヤーのLPアルバム「The Blues Hot And Cold」(#1~6、1960年)と「The Blues Hot And Cold + 7X Wilder」(#7~13、1961年)の2枚のアルバムを1枚のCDに収めたもの。ジャケットは「The Blues Hot And Cold 」の文字を加工したものになっている。ジム・ホールは「7X Wilder」のほうに参加。で、2枚のアルバムともかなりいいよいいよ~。The Blues Hot And Coldはジムおじさんがいないが、ボブ・ブルックマイヤーの演奏、音はけっこう好きなんで、ねっとりしたブルージィなボブのソロをじっくり堪能できてほっこりする。
一方「7X Wilder」はアメリカの作曲家アレック・ワイルダーの曲のカバー6曲と、彼のための自作曲1曲合わせて7曲を収録。ボブ・ブルックマイヤーはトロンボーンに変えてピアノも4曲で演奏しており、多才ぶりを発揮達者。特に#13などは、はじめトロンボーンを吹いていたのに中盤でピアノを演奏に変わるといる器用っぷり。
さてジム・ホールは全編にわたりバッキングとソロギターがあってたっぷり聴ける上に、ギタープレイの内容も大変レベルが高く、満足満足。ボブ名義のアルバムだがジムはボブと同等のソリストとして扱われている模様。しいていうならアート・ファーマーとのダブルヘッド結成以前の、ホーン+ギターのプロトタイプ的な印象かな。星4つ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
The Blues Hot And Cold + 7X Wilder
アルバム名義
Bob Brookmeyer Quartet
収録年
#1-6;"The Blues Hot And Cold":1960/6/16 at Los Angels, #7-13;"7X Wilder" :1961/6/29, at New York City
オリジナルレコードレーベル
"The Blues Hot And Cold" Verve Records MGV 8385(821 550-1) ,"7X Wilder" Verve Records V-8413
CD発売元,レーベル
Lone Hill Zazz , Licensed by Long Horn inc.
所有盤
輸入CD
CD発売日
2009/10/6
規格品番
LHJ10378
EAN
8436019583784
定価
N/A

曲目

  1. On the Sunny Siide of the Street
    作曲
    Count Basie
  2. Stoppin' At the Savoy
    作曲
    Bob Brookmeyer; based on "Stompin' At the Savoy" - Andy Razaf,Benny Goodman,Chick Webb,Edgar Sampson
  3. Languid Blues
    作曲
    Bob Brookmeyer
  4. I Got Rhythm
    作曲
    George Gershwin,Ira Gershwin
  5. Smoke Gets in Your Eyes
    作曲
    Otto Harbach,Jerome Kern
  6. Hot and Cold Blues
    作曲
    Bob Brookmeyer
  7. While We're Young
    作曲
    Alec Wilder,Morty Palitz,Bill Engvick
  8. That's the Way it Goes
    作曲
    Alec Wilder,Sidney Robin
  9. The Wrong Blues
    作曲
    Alec Wilder,Bill Engvick
  10. It's So Peaceful in the Country
    作曲
    Alec Wilder
  11. Blues for Alec
    作曲
    Bob Brookmeyer
  12. I'll Be Around
    作曲
    Alec Wilder
  13. Who Can I Turn to?
    作曲
    Alec Wilder,Bill Engvick

演奏者

Track#1-6: from Album "The Blues Hot And Cold "
Bob Brookmeyer
valve trombone
Jimmy Rowles
piano
Buddy Clark
bass
Mel Lewis
drums
Track#7-13:from Album "7X Wilder"
Bob Brookmeyer
valve trombone #8,#10,#12,#13,piano #7,#9,#11,#13
Jim Hall
guitar
Bill Crow
bass
Mel Lewis
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Verve 共演者.BobBrookmeyer 共演者.BillCrow

拍手する

Bob Brookmeyer : Kansas City Sounds (Kansas City Revisited) (1958年)[CD]

Kansas City Sounds (Kansas City Revitsied)  

オススメ度

★★★☆☆

所感



Kansas City Revitsied
Kansas City Revisited
のジャケット

Stretching Out
Stretching Outの
ジャケット

CDのアルバムタイトルは「Kansas City Sounds」となっているが、トロンボーン奏者であるボブ・ブルックマイヤーのLPアルバム「Kansas City Revisited」(#1~6)とテナーサックス奏者であるズート・シムズらのLPアルバム「Stretching Out」(#7~12)の2枚のアルバムを1枚のCDに収めたもの。ジャケットは「Kansas City Revisited」の文字を加工したものになっている。ジム・ホールは「Kansas City Revisited」のほうに参加。#2、#3はブルース。さらに#2、#5はボーカル曲になっており、完全にジャズ・インストではないちょっと変則的な内容。しかしながら、#1、#4のハイテンポなスイングジャズではジム・ホールが高速スケールのソロを弾きたおしており満足。#6のミドルテンポの楽しいナンバーでもジムのソロが長めにはいっている。ジムのギターは、音が50年代にしては細すぎずちょうどよい太いアンプサウンドがでていたり、演奏はスイープやらダブルストップやらさりげなくこまごまとしたテクニックが入っており、1955~1957年ごろの音源と聞き比べるとジムの急成長が伺える。内容はいいんだけど、ジム的には曲数がちょっと物足りないかな~ってことで星3つ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Kansas City Sounds
アルバム名義
Bob Brookmeyer
収録年
#1-6;"Kansas City Revited":1958/10/23 at Olmstead Sound Studios,New York City, #7-12;"Stretching Out" :1958/12/27, at Nola Studios,New York City
オリジナルレコードレーベル
United Artists UAS-5008,
CD発売元,レーベル
Fresh Sound Records
所有盤
輸入CD
CD発売日
2007/3/28
規格品番
FSR CD 430
EAN
8427328604307
定価
N/A

曲目

  1. Jumping At the Woodside
    作曲
    Count Basie
  2. A Blues
    作曲
    Clarence "Big" Miller
  3. Blue and Sentimental
    作曲
    Count Basie, Jerry Livingston,  Mack David
  4. Doggin' Around
    作曲
    Edgar William Battle,Herschel Evans
  5. Travlin' Light
    作曲
    music : Trummy Young ,Jimmy Mundy,lyrics : Johnny Merce
  6. Moten Swing
    作曲
    Buster And Bennie Moten
  7. Stretching Out
    作曲
    Bob Brookmeyer
  8. Now Will You Be Good?
    作曲
    Harry Jentes, Harry Pease, Arthur Terker
  9. Pennies from Heaven
    作曲
    music : Arthur Johnston , lyrics : Johnny Burke
  10. King Porter Stomp
    作曲
    Morton-Burke-Robbins
  11. Ain't Misbehavin'
    作曲
    music : Fats Waller, Harry Brooks, lyrics : Andy Razaf
  12. Bee Kay
    作曲
    Bill Potts

演奏者

Track#1-6: from Album "Kansas City Revited"
Bob Brookmeyer
valve trombone
Al Cohn
tenor sax
Paul Quinichette
tenor sax
Nat Pierce
piano
Jim Hall
guitar
Addison Farmer
bass
Osie Johnson
drums
Clarence "Big" Miller
vocals (on tracks #2 and #5)
Track#7-12:from Album "Stretching Out"
Harry Edison
trumpet
Bob Brookmeyer
valve trombone
Zoot Sims
tenor sax
Al Cohn
tenor and baritone sax
Hank Jones
piano
Freddie Green
guitar
Eddie Jones
bass
Charlie Persip
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.UnitedArtists 共演者.BobBrookmeyer

拍手する

The Street Swingers : Bob Brookmeyer (1957年)[CD]

The Street Swingers Bob Brookmeyer  

オススメ度

★★★★☆

所感

これはバルブ・トロンボーン奏者ボブ・ブルックマイヤーの2枚のアルバムを1枚に納めたCD(mp3販売もある)。#1~6「The Street Swingers」(1957年)、#7~14は「The Dual Role Of Bob Brookmeyer」(1954-1955年)。ジム・ホールが参加しているのは#1~6「The Street Swingers」で、ジャケットにもなっているほう。The Street Swingersはボブ・ブルックマイヤーが2人のギタリスト、ジミー・レイニーとジム・ホールを迎えたアルバム。ジャケットにこの3人しか写っていないので、リズム隊抜きの演奏かと思ったら、ベースにはビル・クロウ、ドラムにはオシー・ジョンソンもいてクインテットになっている。なのでわりと聞きやすいというかとっつきやすい演奏内容でございます。なお、ボブ・ブルックマイヤーはタイトル曲#2.Street Swingesではピアノを弾いている。ピアノ弾けたなんて知らんかったー。やはり偉大ですな。
The Street Swingers Bob Brookmeyer 2 The Dual Role of Bob Brookmeyer

さてさてジムおじさまは活動初期のこの50年代になんと2曲も自作曲を提供。マニア垂涎ですな。アルバムの全体的には、1~2曲目はまったり進行だが、残り3~6曲目はテンポがあがってけっこうハイになれる楽しい曲が続きなかなかよいですよ!ジムおじさまのステキバッキングとソロもわりとあって聴き応えばっちり。しかしながらモノラル音源のためギター2本が同じセンターから鳴っており、どちらジミー・レイニーか、ジム・ホールなのかの利き酒ならぬ利きジムが試される内容でございます。ファンなら査収してもよいんじゃないでしょうかってことで星4つ。

ついでにジム・ホールとボブ・ブルックマイヤーのデュオアルバム「Live at the North Sea Jazz Festival (1979年)」なんかもオススメ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
The Street Swingers
アルバム名義
Bob Brookmeyer
収録年
#1-6:1957/12/13 & 16 at New York ,#7-10:1955/6/30 at New Jersey,#11-14:1954/1/6 at New York (#7-14 from "The Dual Role Of Bob Brookmeyer")
オリジナルレコードレーベル
Pacific Jazz Recoeds PJ1239
CD発売元,レーベル
Lone Hill Jazz
所有盤
輸入CD
CD発売日
2006/6/17
規格品番
LHJ10374
EAN
8436019583746
定価
N/A

曲目

  1. Arrowhead
    作曲
    Jim Hall
  2. Street Swinger
    作曲
    Bob Brookmeyer
  3. Hot Buttered Noodling
    作曲
    Jimmy Raney
  4. Musicale du jour
    作曲
    Bob Brookmeyer
  5. Raney Day
    作曲
    Jim Hall
  6. Jupiter
    作曲
    Jimmy Raney
  7. Rocky Scotch (Bonus Track)
    作曲
    Bob Brookmeyer
  8. Under the Lilacs (Bonus Track)
    作曲
    Bob Brookmeyer
  9. They Say It's Wonderful (Bonus Track)
    作曲
    Irving Berlin
  10. Potrezebie (Bonus Track)
    作曲
    Jimmy Raney
  11. Revelation (Bonus Track)
    作曲
    Gerry Mulligan
  12. Star Eyes (Bonus Track)
    作曲
    Gene de Paul,Don Raye
  13. Nobody's Heart (Bonus Track)
    作曲
    Richard Rodgers,Lorenz Hart
  14. Loup-Garou (Bonus Track)
    作曲
    Teddy Charles

演奏者

Track#1-6(The Street Swingers)
Bob Brookmeyer
valve trombone & piano
Jimmy Raney
guitar
Jim Hall
guitar
Bob brookmeyer
Valve trombone
Bill Crow
bass
Osie Johnson
drums
Track#7-10(The Dual Role Of Bob Brookmeyer)
Bob Brookmeyer
valve trombone
Jimmy Raney
guitar
Teddy Kotick
bass
Mel Lewis
drums
Track#1-14(The Dual Role Of Bob Brookmeyer)
Bob Brookmeyer
valve trombone and piano
Teddy Charles
vibraphone
Ed Shaughnessy
drums
Nancy Overton
vocal(on track 13 only)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Pacific 共演者.BobBrookmeyer 共演者.JimmyRaney

拍手する

Gerry Mulligan :Complete Studio Recordings (1963年)[mp3]

Gerry Mulligan :Complete Studio Recording  

オススメ度

★★★☆☆

所感

バリトン・サックス奏者のジェリー・マリガンのアルバム「Night Lights(1963年)」の全6曲と「Butterfly With Hiccups(1964年)」の全8曲の2枚をあわせ、さらにボーナストラックで「Feelin' Good(1965年)」から1曲を収録した全15トラックのたコンピレーション。ジャケットイラストはButterfly With Hiccupsのもので、文字の部分を加工したデザインとなっている。
Night Litghtsについてはリンク先の通り。
Butterfly With Hiccupsは、Night Litghtsの一部のレコーディング時のバンドメンバーと収録したほかの楽曲を収録したもの。Night Litghtsはカバー曲が多く、短調のミディアムからスローな曲を中心としたストイックな内容だが、Butterfly With Hiccupsはジェリー・マリガンのオリジナルのジャズが多く、長調でテンポがはやく明るく元気な曲が多い。演奏メンバーはジムの友人であり共演したこともあるアート・ファーマー(フリューゲルホーン)、ボブ・ブルックマイヤー(トロンボーン)などで、基本はブラス隊のテーマ演奏+ソロ回しといった内容。ジェリー・マリガンは曲によってはサックスではなくピアノを弾いている。
ジム・ホールはButterfly With Hiccupsのトラックでは4曲の参加(Butterfly With Hiccups、Old Devil Moon、The Ant Hill、Crazy Day)。ギターは参加している曲が少ないながらも利き所があり、かっちり分かれた左チャンネルから流麗なソロとバッキングを聴けて満足。まーふつーに楽しめるってことで星3つ。
なお、本作品はButterfly With Hiccupsの単品CDがどうしても見つからず、mp3販売で入手。はじめてmp3のダウンロード購入ってのをしたよ。時代よのう。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Sextet - Complete Studio Recordings
アルバム名義
Gerry Mulligan
収録年
1963/10/3,1963/10/11 1964/9/25 ,1965/10/20,21,22
オリジナルレコードレーベル,カタログナンバー
Limelight Records(Mercury Records,Inc.) LS 86004
所有盤
mp3
CD販売レーベル
LONEHILLJAZZ
発売日
2005/5/28
規格品番
LHJ10222
EAN
8436019582220
定価
1,500円(mp3)

曲目

  1. Butterfly With Hiccups [from Butterfly With Hiccups]
    作曲
    Gerry Mulligan
  2. Old Devil Moon [from Butterfly With Hiccups]
    作曲
    Harburg - DeSylva - Brown
  3. The Ant Hill [from Butterfly With Hiccups]
    作曲
    Gerry Mulligan
  4. Crazy Day [from Butterfly With Hiccups]
    作曲
    Gerry Mulligan
  5. Night Lights [from Night Lights]
    作曲
    Gerry Mulligan
  6. Manha De Carnaval (Black Orpheus) [from Night Lights]
    作曲
    Antônio Maria,F. Llenas,Luiz Bonfá
  7. Wee Sma[from Night Lights]ll Hours
    作曲
    Bob Hilliard,David Mann
  8. Prelude In E Minor [from Night Lights]
    作曲
    Fryderyk Chopin,arr.Gerry Mulligan
  9. Festive Minor [from Night Lights]
    作曲
    Gerry Mulligan
  10. Tell Me When [from Night Lights]
    作曲
    Gerry Mulligan
  11. You'd Be So Nice To Come Home To [from Butterfly With Hiccups]
    作曲
    Cole Porter
  12. Theme For Jobim [from Butterfly With Hiccups]
    作曲
    J. Hicks
  13. Blues For Lynda [from Butterfly With Hiccups]
    作曲
    Gerry Mulligan
  14. Line For Lyons [from Butterfly With Hiccups]
    作曲
    Gerry Mulligan
  15. The Lonely Nights (Night Lights) [from Feelin' Good]
    作曲
    Gerry Mulligan

演奏者

Gerry Mulligan
baritone saxophone,piano(on track 5),clarinet (on track 15)
Art Farmer
trumpet,fluegelhorn (3,4)
Bob Brookmeyer
tromborne (except track 15)
Jim Hall
guitar (except track 15)
Bill Crow
bass (except track 15)
Dave Baily
drums (except track 15)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Mercury 共演者.GerryMulligan 共演者.ArtFarmer 共演者.BobBrookmeyer

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。