スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Billy Taylor : Impromptu (1962年)[CD]

Billy Taylor Impromptu

オススメ度

★★★★☆

所感

ジャズ・ピアニストであり作曲家でもあるビ リー・テイラーのカルテットによるアルバム。メンバーはジム・ホール(ギター)、ボブ・クランショウ(ベース)、ビル・パーキンス(ドラム)。全曲ビリー・テイラーの自作曲であることが特徴で、曲は古きよきスイング・ジャズの雰囲気をどこかにおわせるビバップ・ジャズでわかりやすく親しみやすい。ほとんどアップテンポな曲でバラードは無い。しかしながら曲ごとに多様な展開があり、飽きにくい構成となっている。所有CDの帯には世界初CD化と銘打っていることや、ライナーノーツの解説から、このアルバムはビリー・テイラーのアルバムの中でもわりとレアなアルバムらしい。

ジム・ホールはギターで全曲参加しており、ソロパートも多めに散りばめられている。1962年の録音ってことで、当時のジム・ホールの特徴である手数が多い演奏なので、ジム・ホールのファンとしてもなかなか楽しめる。ちなみにジムはボブ・クランショウとソニー・ロリンズのカルテットで共演(サブカテゴリ 共演者.Sonny Rollins)、ビル・パーキンスとはジョンン・ルイスとのアルバム(Grand Encounter : 2° East - 3° West,1957年)で共演している。

ところで超個人的な感想だけど・・・2曲目の表題曲Impromptuで、ピアノによる低音のイントロおよびラストのベースのリフが日本のアニメ作品「カウボーイ・ビバップ」のテーマ曲「Tank!」(作曲:菅野よう子、外部リンク:第13回日本ゴールドディスク大賞 アニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤー授賞アルバム)にかなり似ており茶を吹いた。当然Impromptuが先なんだけど。まぁどうでもいいけどー。

詳細

メディア
CD
アルバムタイトル(原題)
Impromptu
アルバム名義
Billy Taylor
アルバムタイトル(邦題)
インプロンプテュ
アーティスト表記(日本語表記)
ビリー・テイラー
収録年
1962/5/8-10
発売元,レーベル
Original LP:Mercury Records SR 60722
所有盤
国内CD
制作発売元
ユニバーサル クラッシックス&ジャズ
CD発売元
ユニバーサルミュージック株式会社
CD販売元
ビクターエンタテインメント株式会社
CD発売日
2002/12/18
規格品番
UCCM 9126
JAN
4988005319517
定価
2,000円

曲目

  1. Capricious
    作曲
    Billy Taylor
  2. Impromptu
    作曲
    Billy Taylor
  3. Don't Go Down South
    作曲
    Billy Taylor
  4. Muffle Guffle
    作曲
    Billy Taylor
  5. Free And Oozy
    作曲
    Billy Taylor
  6. Paraphrase
    作曲
    Billy Taylor
  7. Empty Ballroom
    作曲
    Billy Taylor
  8. At La Carrousel
    作曲
    Billy Taylor

演奏者

Billy Taylor
piano
Jim Hall
guitar
Bob Cranshaw
bass
Bill Perkins
drums
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Mercury 演奏編成.カルテット 共演者.BillyTaylor

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。