Folk Jazz : Bill Smith (1959年)[CD]

Bill Smith Folk Jazz

オススメ度

★★★☆☆

所感

クラリネット奏者ビル・スミスのリーダー作、カルテット編成。タイトルのフォークジャズが示すとおり、いわゆるイギリスやアメリカのフォークソング(民謡)をジャズアレンジしたアルバム。地味と思いきや、意外と明るく楽しげでよい。ビル・スミスはよく知らないのですが調べてみると、ジュリアード音楽院に通い、カリフォルニア大学バークレー校で作曲の勉強をしたりとさまざまな学校に 行ったり学位を取得したりとかなりの勉強好きで努力家みたいです。クラッシク音楽にも精通する彼のアイドルはベニー・グッドマンてことで、楽しげなダンス パーティ向けのジャズが繰り広げられる、そんなアルバム。
ジム・ホールがギター、シェリー・マンがドラム。ベースのモンティ・バドウィッグってわからんなーと思ったら、ビル・エバンス/シェリー・マンとトリオでアルバムを残してたりするんだね。
ジム・ホールのギターはソロがかなり多くて満足。ジムファンにはまぁまぁおすすめ。しかし全体的にいまひとつパンチがたりないかなーってことで星3つ。

詳細

アルバムタイトル(英題)
Folk Jazz
アルバム名義(英語表記)
Bill Smith Quartet
収録年
 #3,5,6,9,-12 1959/2/16 ; #1,2,4,7,8 1959/11/24,Contemporary's studio,Los Angels
オリジナルレコード レーベル
Contemporary M359, S7591
所有盤
輸入CD
CD発売元
Contemporary Records(Fantasy Inc)
CD発売日
2003/4/22
規格品番
OJCCD-1956-2(S-7591)
UPC
025218195621
定価
N/A

曲目

  1. A-Roving
    作曲
    A street tune  in early 17th-century England;believed to be the oldest capstan chantey
  2. Greensleeves
    作曲
    Brought to Colonial America from England
  3. Nobody Knows The Trouble I've Seen
    作曲
    A spiritual
  4. John Henry
    作曲
    American steeldriller's work song
  5. Wayfaring Stranger
    作曲
    Possibly sung as early as the Revolutionary War
  6. Three Blind Mice
    作曲
    Traditional
  7. Go Down, Moses
    作曲
    A spiritual,originally with anti-slavery words
  8. Blow The Man Down
    作曲
    A halyard chantey
  9. Black Is The Color Of My True Love's Hair
    作曲
    Early English folk song
  10. Reuben, Reuben
    作曲
    James Van Heusen/Johnny Burke
  11. Nobody Knows The Trouble I've Seen (Alt. Take 1)
    作曲
    (Bonus Track)
  12. Reuben, Reuben (Alt. Take 14)
    作曲
    (Bonus Track)

演奏者:#1-11

Bill Smith
clarinet
Jim Hall
guitar
Monty Budwig
bass
Shelly Manne
drums
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Contemporary 共演者.BillSmith 共演者.ShellyManne

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ