スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Lee Konitz : You And Lee (1959年)[CD]

You And Lee Lee Konitz

オススメ度

★★★☆☆

所感


アルトサックス奏者、リー・コニッツのアルバム。6~9人のコンボ編成。のどかで明るく聴きやすい曲が中心。後年のLee Konitz : The Lee Konitz Duets (1967年)[CD]よりぜんぜんききやすくて普通。普通すぎる。このころはまだまだ普通のジャズだったんですね。
しっかりと編曲されたブラスのバッキング隊に、かろやかにのるサックスのアドリブを楽しむ、そんな感じの内容。
ジム・ホールに縁の深い面々が参加しているのも特徴。ジミー・ジュフリーがアルバム全体の曲のアレンジ。トロンボーンにボブ・ブルックマイヤー。なんとピアノにビル・エバンス。
もしやジム・ホールとビル・エバンスのはじめての共同作業(桃色脳内)があるかとおもいきや、ジミー・ジュフリーの采配により、ギターとピアノは入れ替わる編成となっており、共演はしておりませんでしたー。収録も完全に別の日の収録。ジム・ホールとビル・エバンスが蜜月の共演を果たすのはこの3年後、(Bill Evans & Jim Hall : Undercurrent (1962年)[CD])でございました。

ジム・ホールの演奏はバッキングのみ。ソロは無し。ジム的にはちょっとものたりませんが、ギターの音色やバッキングのタイミングの取り方が60年代のものに近づいているのがわかり、興味深いです。
アルバムはよいですがジム・ホール度の観点で星3つ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
You And Lee
アルバム名義
Lee Konitz
アルバムタイトル(邦題)
ユー・アンド・リー
アーティスト表記(日本語表記)
リー・コニッツ
収録年
#1,2,4,8 ; 1959/10/29,#3,5,6,7 ; 1959/10/30,at NYC
発売元,レーベル
Verve Records ,Original LP  MGV 8362
所有盤
国内CD
国内CD発売
ポリドール株式会社
CD発売日
1991/11/1
規格品番
POCJ-2149
JAN
4988005089397
定価
1,942円(税抜)
備考
上記所有CDは再販CDと思われる。初CD化のデータはおそらくポリドール 発売日1988/9/1 カタログ番号J28J-25102 JANなし。

曲目

  1. Ev'rything I've Got (Belongs To You)
    作曲
    Lorenz Hart;Richard Rodgers
  2. You Don't Know What Love Is
    作曲
    Don Raye;Gene DePaul
  3. You're Driving Me Crazy
    作曲
    Walter Donaldson
  4. I Didn't Know About You
    作曲
    Duke Ellington;Bob Russell
  5. You're Clear Out Of This World
    作曲
    Harold Arlen;Johnny Mercer
  6. The More I See
    作曲
    Harry Warren;Mack Gordon
  7. You Are Too Beautiful
    作曲
    Richard Rodgers;Lorenz Hart
  8. I'm Getting Sentimental Over You
    作曲
    Reg Howard;Ned Washington;George Bassman

演奏者

Ernie Royal, Marky Markowitz, Phil Sunkel
trumpet
Eddie Bert, Billy Byers
trombone
Bob Brookmeyer
valve trombone
Lee Konitz
alto sax
Bill Evans
piano (o ntracks #1,2,4,8)
Jim Hall
guitar (on tracks #3,5,6,7)
Sonny Dallas
bass
Elvin Jones
Roy Haynes
Jimmy Giuffre
arranger

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Verve 共演者.LeeKonitz 共演者.BobBrookmeyer 共演者.JimmyGiuffre 共演者.BillEvans

拍手する

Jazz Abstractions :John Lewis (1961年)[CD]

JohnLewis Jazz Abstractions

オススメ度

★★☆☆☆

所感

【2016/1/20】単品CDを査収したためカバーアートと情報更新
***
ジムマニア向けアイテムっす。ジョン・ルイスのレコードアルバムThe Golden StrikersとJazz Abstractionsを1枚に収録したCD。ジム・ホールは#11~19のJazz Abstractions(John Lewis Presents Contenporary Music Jazz Abstractions Compositions Gubther Schuller & Jim Hall)に参加。#2Piece For Guitar & Stringsではなんとジムおじさんが作曲。しかし全曲変態系の楽曲で上級者向けっぽい内容。なお、ジョン・ルイスは演奏してない。プロデューサー的な立場で制作したものだろうか。ジャズとして楽しむとなると、後半のVariants On a Theme Of Thelonious ,Monk(セロアニアス・モンクの楽曲「Criss-Cross」をテーマにした演奏)で、オーネット・コールマンがアルトサックスを、エリック・ドルフィーがバスクラリネット吹きまくるのが聴きどころかな。あと地味にピアノがビル・エバンス、ベースがスコット・ラファロで何気に豪華。内容はわるかないけどジム度で星2つ。

詳細※単品CD

アルバムタイトル(英題)
Jazz Abstractions
アルバム名義
John Lewis
収録年
#1-9Jazz Abstractions:#1-2.1960/12/19 #3-9.1960/12/20
オリジナルレコード レーベル
Atlantic Recording Corp.:Atlantic 1365
所有盤
国内CD
CD発売元
ワーナーミュージック・ジャパン
CD発売日
2013/1/23
規格品番
WPCR 27208
UPC
4943674129904
定価
952円+税

曲目

  1. Abstraction
    作曲
    Gunther Schuller
  2. Piece For Guitar & Strings
    作曲
    Jim Hall
  3. Variants On A Theme Of John Lewis DJango - Variant I
    編曲
    Gunther Schuller(作曲: John Lewis)
  4. DJango - Variant II
    編曲
    Gunther Schuller
  5. DJango - Variant III
    編曲
    Gunther Schuller
  6. Variation On A Theme Of Thelonious,Monk Criss-Cross - Variant I
    編曲
    Gunther Schuller(作曲: Thelonious Monk)
  7. Criss-Cross - Variant II
    編曲
    Gunther Schuller
  8. Criss-Cross - Variant III
    編曲
    Gunther Schuller
  9. Criss-Cross - Variant IV
    編曲
    Gunther Schuller

詳細※コンピレーション版

アルバムタイトル(英題)
The Golden Striker & Jazz Abstractions(2枚のLPアルバムを1枚のCDに収録)
アルバム名義
John Lewis
収録年
#1-10.The Golden Striker:1960/2/12,19602/16  #11-19Jazz Abstractions:#16-19.1960/12/19 #11-15.1960/12/20
オリジナルレコード レーベル
Atlantic Recording Corp.(Golden Striker:Atlantic 1334,Jazz Abstractions:Atlantic 1365)
所有盤
海外CD
CD発売元
Collectables Records Inc.
CD発売日
1999/6/22
規格品番
COL-CD-6252
UPC
090431625224
定価
N/A

曲目

  1. Fanfare I
    作曲
    John Lewis
  2. Piazza Navona
    作曲
    John Lewis
  3. Odds Against Tomorrow
    作曲
    John Lewis
  4. Fanfare II
    作曲
    John Lewis
  5. Pulcinella
    作曲
    John Lewis
  6. Fanfare II
    作曲
    John Lewis
  7. The Golden Striker
    作曲
    John Lewis
  8. Piazza Di Spagna
    作曲
    John Lewis
  9. Fanfare I
    作曲
    John Lewis
  10. La Cantatrice
    作曲
    John Lewis
  11. Abstraction
    作曲
    Gunther Schuller
  12. Piece For Guitar & Strings
    作曲
    Jim Hall
  13. Variants On A Theme Of John Lewis DJango - Variant I
    編曲
    Gunther Schuller(作曲: John Lewis)
  14. DJango - Variant II
    編曲
    Gunther Schuller
  15. DJango - Variant III
    編曲
    Gunther Schuller
  16. Variation On A Theme Of Thelonious,Monk Criss-Cross - Variant I
    編曲
    Gunther Schuller(作曲: Thelonious Monk)
  17. Criss-Cross - Variant II
    編曲
    Gunther Schuller
  18. Criss-Cross - Variant III
    編曲
    Gunther Schuller
  19. Criss-Cross - Variant IV
    編曲
    Gunther Schuller

演奏者:The Golden Striker(割愛)

演奏者:Jazz Abstractions #11-12

Ornette Coleman
alto sax(#11)
Jim Hall
guitar
Scott LaFaro
bass
Alvin Brehm
bass(#11)
Sticks Evans
drums(#11)
Charles Libove
violin
Roland Vamos
violin
Harry Zaratzian
viola
Alfred Brown
viola(#12)
Joseph Tekula
cello
Gunther Schuller
arrange

演奏者:Jazz Abstractions #13-19

Robert DiDomenica
flute
Eric Dolphy
flute(#13-15),bass clarinte,alto sax(#16-19)
Ornette Coleman
alto sax(#16-19)
Jim Hall
guitar
George Duvivier
bass
Scott LaFaro
bass
Bill Evans
piano
Sticks Evans
drums
Scott LaFaro
bass
Charles Libove
violin
Roland Vamos
violin
Harry Zaratzian
violra
Joseph Tekula
cello
Eddie Costa
vibraphone
Harry Zaratzian
violra
Joseph Tekula
cello
Gunther Schuller
arr

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Atlantic 共演者.JohnLewis 共演者.BillEvans 共演者.OrnetteColeman

拍手する

The Gary Mcfarland Orchestra (1963年)[CD]

The Gary Mcfarland Orchestra

オススメ度

★★☆☆☆

所感

ヴィブラフォン奏者、アレンジャーのゲイリー・マクファーランドによる、ストリングスを交えたコンボ編成のアルバム。ジャズというよりは完全に編曲で作りこんだイージーリスニングっぽい楽曲。彼が全曲作曲しているが、どれもボサとジャズの中間みたいな激しくもなく、バラッドでもないゆったりするような曲です。ヴィヴラフォンによるちょっとこじゃれた、落ち着いたBGMみたいな曲だけど、オシャレだけでなく全体的にどこか物悲しさを感じる曲が多いかなぁ。ゲイリー・マクファーランドって知らなかったが、調べると「ラウンジ系」などと評されており一部の界隈では有名・・・なのかな?彼は自身の楽器の演奏よりも、新しいタイプの曲作りやアレンジに関心があったらしい。

ジム・ホールがらみではこの他に「Stan Getz : Big Band Bossa Nova (1962年)」と「Nancy Harrow : You Never Know (1962年)」でアレンジャーおよび指揮者として共演している(共演というのかわからんが)。

本アルバムでは華々しくビル・エヴァンスの名を関していますが、あくまで主役はゲイリー・マクファーランドのヴィヴラフォン。ビルのピアノはわりと鳴ってますがそんなに主張の強い演奏でもなく(でも聴けばビルだな~っというスタイルだけど)、ジム・ホールともなれば#1、#3、#5の3曲でちょろちょろとソロやバッキングを弾いているのみです。アルバム全体としては可もなく不可もなくってとこですが、ジムおじさん度が足りないなーってことで星2つ。マニアアイテムでございます。

詳細

メディア
CD
アルバムタイトル(原題)
The Gary Mcfarland Orchestra Special Guest Sploist Bill Evans
アルバム名義
The Gary Mcfarland Orchestra
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1962/12/18,1963/1/24 at webster hall ,NYC
オリジナルレーベル
Verve Records
CD発売元,レーベル
Cherry Red Rcords
CD発売日
2005/10/31
規格品番
Five Four 3
EAN
5013929310322
定価
N/A

曲目

  1. Reflections In The Park
    作曲
    Gary Mcfarland
  2. Night Images
    作曲
    Gary Mcfarland
  3. Tree Patterns
    作曲
    Gary Mcfarland
  4. Peachtree
    作曲
    Gary Mcfarland
  5. Misplaced Cowpoke
    作曲
    Gary Mcfarland
  6. A Moment Alone
    作曲
    Gary Mcfarland

演奏者

Gary Mcfarland
vibraphone,arranger,conductor
Bill Evans
piano
Jim Hall
guitar
Richard Davis
bass
Ed Shaughnessy
drums
Spencer Sinatra
alto saxophone, flute
Julian Barber
viola
Allan Goldberg
viola
Aaron Juvelier
cello
Joseph Tekula
cello

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Verve 共演者.GaryMcfarland 共演者.BillEvans

拍手する

Bill Evans & Jim Hall : Undercurrent (1962年)[CD]

Undercurrent

オススメ度

★★★★★

所感

ビル・エヴァンスのピアノとジム・ホールのギターのデュオ。説明不要の超有名、名盤ジャズアルバム。オススメ度を星5つとしましたが、好みで大きく印象が左右されるでしょう。これはわからん人にはわからん、合わない人には合わない、好きな人は好き、という聴く人を選ぶアルバムかと思い至った次第です。

たぶん、これを聴いてなんとも思わない方は「曲が静か過ぎる」「ドラムもベースもいない」「退屈」という感想を持たれるのではないでしょうか。そうです。このアルバムはほんとに静かです。速いテンポの曲はMy Funny Valentineくらいで、あとはほとんどバラード。静謐にして深淵な夜の河の底流-アンダーカレント-のようにひっそりとピアノとギターの音が流れてゆく、そんなアルバムです。ビル・エヴァンスとジム・ホールの音による静かな対話のような、途切れることない円滑なフレーズの受け渡しにを聞き続けていると、音の波間に漂うような感覚を覚えます。ぼーっと酒でものみながら聴いていればぐっすり眠れることうけあいです。そんなわけでアルファー波でも出てるんじゃないかと思うほど安眠には最適な楽曲たち。それが故、変化や展開を求める方にはちょっと退屈と思われるのでしょう。だがそれがいい。もう好みというしかないですね。

ジム・ホールのギターとしては聴き所が満載なわけですが、特筆すべきはやはりMy Funny Valentineでのバッキング。CDではテンポが異なる2テイクが収録されています。この曲では従来のギターのコード伴奏を覆した奏法が行われており、ジム本人は「ハーモナイズドベースライン」と呼んでいる奏法があります。

従来のギターの常識では指板を抑えるコードは1コードにつき1つの状態でコードを抑えて、コードが切り替わるときに当然左手を変化させていたわけです。つまり1小節が1コードならそれほど左手は変化させません。ところがジムは1小節が1コードでも、1拍ごとにフォームを変化させる弾き方で演奏しています。しかもけっこうはやいテンポで。主に低音部を変化させて、ベースでいえば四分音符で弾く「ウォーキングベース」にあたることをギターで行いつつ和音も1拍ごとに変化させています。#2.の2分11秒あたりが特徴的でよくわかります。今ではジャズギターでこうした弾き方はわりとポピュラーな弾き方かと思いますが、多くのギタリストに衝撃を与えて広く認知させたのはジム・ホールと言われています。そう、ロックギターのライトハンド(タッピング)を普及させたのがエドワード・ヴァンヘイレンだったように、ジム・ホールも地味でありながらギターの革新者だったのです。

ギターについてはバッキングのみならず、ソロでも優れた演奏を聴けます。テクニック面で何かと評価が低くなりがちなジムですが、しっかりとした技術があってこそ、技術云々を話題にさせないほど叙情的で表情豊かな演奏ができるのだと思います。

ちなみに、ギター教則ビデオStarlicks Master Sessions With Jim Hall(内部リンク)ではジムと共演者のラリー・ゴールディングスがギターとピアノのデュオの解説で、ビル・エヴァンスを引き合いに出して次の通り会話しています。

ジム「ギターでピアノの伴奏をすることについてちょっと説明しよう。では・・・君のコーラス部分をやってみよう。私は邪魔にならないようにコードを弾くから。(演奏) ラリーのバックで弾くとき、私はスティーブ(ベース)がいたら弾いていたはずのベースも自由に使える。だから完成したコードを弾くことが多い。ギターが何を弾いていたかわかってたよね。」
ラリー「邪魔しないようにしていた。あなたが言っていたように、お互いの引いている部分がダブらないようにしていた。あなたとビル・エヴァンスとの、あの有名なレコードの事が即座に心に浮かんだ。あのレコードを聴き込めば、あなたがいかに巧くバランスをとっていたかがよくわかる。ステレオのバランスを調整して聴いてみるとわかるのが、ビル・エヴァンスがソロをプレイしている時、彼は左手を全然使っていなかった。あなたがベース部分も含めてカバーできるから。弾きすぎると、曲が汚くなるばかりだ。」
ジム「そこが君を雇った理由だ(笑)。君はよく聴くからね」
ラリー「いまだに勉強中だよ」
ジム「君がいったようにビルが左手をぜんぜん使っていない長い部分があるんだ。不思議なバランスがある。マイ・ファニー・バレンタインの最初のコーラスの部分全部だっと思ったけど。」
ラリー「ええ、しばらくは気がつかなかった。音があまりにもふくらみがあるから」

この会話にもあるように、ジム・ホールは雑誌などのインタビューでもしばしば「相手の音をよく聞くことが大切だ」と答えています。ジム・ホールは自己中心的な演奏はせず、共演者との協調を重視しているがゆえ、このようなたった2つの楽器でのアルバムで、非常に密度の高い演奏を実現できたのではないでしょうか。ま、好き好きですがー。

追記 初CD化版とリマスター版(2014/7/26)
記事先頭にある、青みがかったジャケットは1988年にブルーノートレーベルから再発されたLPとCDのジャケットです(管理人所有ののCDをスキャンしたもの)。2002年に再発された24ビットリマスター版のCDではUnited ArtistsのオリジナルLPの白黒調のデザインが採用されました(白黒というよりはセピア調)。その後、何度か再発していると思いますが白黒調のデザインのままのようです。
1988年版と2002年版では収録曲の順番も違います。

詳細(1988年の初CD化版)

メディア
CD
アルバムタイトル(原題)
Undercurrent
アルバム名義
Bill Evans & Jim Hall
収録年
1962/4/24(#3,5,6),1962/5/14 (all others)
発売元,レーベル
Bluenote(Capitol Records,Inc.)*LP:United Artists Records UAJS 15003
所有盤
海外CD
CD発売元
Capitol Records,Inc.
CD発売日
1988
規格品番
CDP 7 90583 2
UPC
077779058327
定価
N/A

曲目(1988年の初CD化版、[*]はオリジナルLPにないボーナストラック)

  1. My Funny Valentine (Alternate Take) [*]
    作曲
    Richard Rodgers,Lorernz Hart
  2. My Funny Valentine
    作曲
    Richard Rodgers,Lorernz Hart
  3. I Hear A Rhapsody
    作曲
    Fragose,Baker,Gasparre
  4. Dream Gypsy
    作曲
    Veevers
  5. Stairway To The Stars [*]
    作曲
    Malnec,Signorelli,Parish
  6. I'm Getting Sentimental Over You [*]
    作曲
    Bassman,Washington
  7. Romain
    作曲
    Jim Hall
  8. Romain (Alternate Take) [*]
    作曲
    Jim Hall
  9. Skating In Central Park
    作曲
    John Lewis
  10. Darn That Dream
    作曲
    DeLange,Van Heusen

詳細(2002年の24ビット リマスター版CD)

メディア
CD
アルバムタイトル(原題)
Undercurrent
アルバム名義
Bill Evans & Jim Hall
収録年
1962/4/24(#3,5,6),1962/5/14 (all others)
発売元,レーベル
Bluenote(Capitol Records,Inc.)*LP:United Artists Records UAJS 15003
所有盤
海外CD
CD発売元
Capitol Records,Inc.
CD発売日
2002/7/16
規格品番
724353822828
UPC
724353822828
定価
N/A

曲目(2002年の24ビット リマスター版CD、[*]はオリジナルLPにないボーナストラック)

  1. My Funny Valentine
    作曲
    Richard Rodgers,Lorernz Hart
  2. I Hear A Rhapsody
    作曲
    Fragose,Baker,Gasparre
  3. Dream Gypsy
    作曲
    Veevers
  4. Romain
    作曲
    Jim Hall
  5. Skating In Central Park
    作曲
    John Lewis
  6. Darn That Dream
    作曲
    DeLange,Van Heusen
  7. Stairway To The Stars [*]
    作曲
    Malnec,Signorelli,Parish
  8. I'm Getting Sentimental Over You [*]
    作曲
    Bassman,Washington
  9. My Funny Valentine (Alternate Take) [*]
    作曲
    Richard Rodgers,Lorernz Hart
  10. Romain (Alternate Take) [*]
    作曲
    Jim Hall

演奏者、スタッフ

Bill Evans
Piano
Jim Hall
Guitar
Alan Douglas
Original sessions produced (for Oritinal LP,UAJS 15003)
Michael Cuscuna
Produced for releases (for Oritinal LP,UAJS 15003)
Bill Schwartan
Recording Engineer (for Oritinal LP,UAJS 15003)
Malcom Addey
Remixed to digital (for CD 1988,CDP 7 90583 2)
Ron McMaster
Remixed from the original three-tracks masters and mastered in 24-bit (for CD 2002,724353822828)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.BlueNote 演奏編成.デュオ・ピアノとギター 共演者.BillEvans

拍手する

Bill Evans : Loose Blues (1962年)[CD]

Bill Evans : Loose Blues

オススメ度

★★★★☆

所感

まどろみのよな耽美。ビル・エヴァンスの派手ではないがじわじわとくるアルバム。ビル・エヴァンスによる同時期のアルバム「Interplay」(riverside,1962年)[内部リンク]があっけらかんと能天気な内容だったのに対し、本作品ではビル・エヴァンスの持ち味である内省的でストイックな楽曲LooseBluesやTime Rememberedがあり、曲ごとにさまざまな変化を楽しめるようになっている。また、ズート・シムズ(テナーサックス)のダンディでエロい演奏によってちょっと落ち着いた大人な雰囲気をさらに出している。ジム・ホールについてはソロやテーマの演奏がわりとあり、熱意あるジム・ホールのファンならとりあえず手にしてもよいかと。ちなみに、ジム・ホールが後にたびたびデュオ演奏を行うこととなるロン・カーター(ベース)とセッションした音源は、手持ちのアルバムではこれが最古になる。これがジム史上、初の組み合わせかわ定かではないけど・・・。アルバムとしてはまぁまぁ楽しめるので星4つ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Loose Blues
アルバム名義
Bill Evans
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1962/8/21,22
発売元,レーベル
Mile Stone Records,Inc.
所有盤
輸入CD
販売元
Mile Stone Records,Inc.
CD発売日
1992
規格品番
MCD-9200-2
UPC
025218920025
定価
-

曲目

  1. Loose Blues
     作曲:Bill Evans
  2. Loose Bloose [Alternate Take]
     作曲:Bill Evans
  3. Time Remembered
     作曲:Bill Evans
  4. Funkallero
     作曲: Bill Evans
  5. My Bells
     作曲:Bill Evans
  6. There Came You
     作曲: Bill Evans
  7. Fudgesickle Built for Four
     作曲:Bill Evans
  8. Fun Ride
     作曲:Bill Evans

演奏者

Bill Evans
piano
Zoot Sims
tenor sax
Jim Hall
guitar
Ron Carter
bass
Philly Joe Jones
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.MileStone 演奏編成.クインテット 共演者.RonCarter 共演者.BillEvans 共演者.ZootSims

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。