スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Lee Konitz : You And Lee (1959年)[CD]

You And Lee Lee Konitz

オススメ度

★★★☆☆

所感


アルトサックス奏者、リー・コニッツのアルバム。6~9人のコンボ編成。のどかで明るく聴きやすい曲が中心。後年のLee Konitz : The Lee Konitz Duets (1967年)[CD]よりぜんぜんききやすくて普通。普通すぎる。このころはまだまだ普通のジャズだったんですね。
しっかりと編曲されたブラスのバッキング隊に、かろやかにのるサックスのアドリブを楽しむ、そんな感じの内容。
ジム・ホールに縁の深い面々が参加しているのも特徴。ジミー・ジュフリーがアルバム全体の曲のアレンジ。トロンボーンにボブ・ブルックマイヤー。なんとピアノにビル・エバンス。
もしやジム・ホールとビル・エバンスのはじめての共同作業(桃色脳内)があるかとおもいきや、ジミー・ジュフリーの采配により、ギターとピアノは入れ替わる編成となっており、共演はしておりませんでしたー。収録も完全に別の日の収録。ジム・ホールとビル・エバンスが蜜月の共演を果たすのはこの3年後、(Bill Evans & Jim Hall : Undercurrent (1962年)[CD])でございました。

ジム・ホールの演奏はバッキングのみ。ソロは無し。ジム的にはちょっとものたりませんが、ギターの音色やバッキングのタイミングの取り方が60年代のものに近づいているのがわかり、興味深いです。
アルバムはよいですがジム・ホール度の観点で星3つ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
You And Lee
アルバム名義
Lee Konitz
アルバムタイトル(邦題)
ユー・アンド・リー
アーティスト表記(日本語表記)
リー・コニッツ
収録年
#1,2,4,8 ; 1959/10/29,#3,5,6,7 ; 1959/10/30,at NYC
発売元,レーベル
Verve Records ,Original LP  MGV 8362
所有盤
国内CD
国内CD発売
ポリドール株式会社
CD発売日
1991/11/1
規格品番
POCJ-2149
JAN
4988005089397
定価
1,942円(税抜)
備考
上記所有CDは再販CDと思われる。初CD化のデータはおそらくポリドール 発売日1988/9/1 カタログ番号J28J-25102 JANなし。

曲目

  1. Ev'rything I've Got (Belongs To You)
    作曲
    Lorenz Hart;Richard Rodgers
  2. You Don't Know What Love Is
    作曲
    Don Raye;Gene DePaul
  3. You're Driving Me Crazy
    作曲
    Walter Donaldson
  4. I Didn't Know About You
    作曲
    Duke Ellington;Bob Russell
  5. You're Clear Out Of This World
    作曲
    Harold Arlen;Johnny Mercer
  6. The More I See
    作曲
    Harry Warren;Mack Gordon
  7. You Are Too Beautiful
    作曲
    Richard Rodgers;Lorenz Hart
  8. I'm Getting Sentimental Over You
    作曲
    Reg Howard;Ned Washington;George Bassman

演奏者

Ernie Royal, Marky Markowitz, Phil Sunkel
trumpet
Eddie Bert, Billy Byers
trombone
Bob Brookmeyer
valve trombone
Lee Konitz
alto sax
Bill Evans
piano (o ntracks #1,2,4,8)
Jim Hall
guitar (on tracks #3,5,6,7)
Sonny Dallas
bass
Elvin Jones
Roy Haynes
Jimmy Giuffre
arranger

スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Verve 共演者.LeeKonitz 共演者.BobBrookmeyer 共演者.JimmyGiuffre 共演者.BillEvans

拍手する

Lalo Schifrin : Piano, Strings, And Bossa Nova (1962年)[CD]

: Lalo Schifrin : Piano, Strings, And Bossa Nova

オススメ度

★★★☆☆

所感

ラロ・シフリンのボサノヴァアルバム。ビッグバンド編成。
ラロ・シフロンってぜんぜん知りませんでしたが、有名なヒトだったのですね・・・いかに自分の見識が狭いかと自覚。

引用:Wikipedia
ラロ・シフリン(Lalo Schifrin、1932年6月21日 - )は、アルゼンチン出身の作曲家、編曲家、ジャズピアニスト、指揮者。
『ブリット』、『ダーティハリー』、『燃えよドラゴン』といった映画や、『スパイ大作戦』、『スタスキー&ハッチ』といったテレビシリーズの作曲家として有名。

そんなこととは露知らず、ふつーに聴いてました。曲はすべてボサノヴァとサンバのみ。全体的にスピード感と勢いがある演奏で、聴きやすいアレンジ。ゆっくりのんびりした編曲はない。かといって曲調は明るいだけでなく、ちょっとメロウな雰囲気もございます。ラロ・シフリン自身のピアノは洗練された中にも情熱的な演奏です。それにしても1960年代前半のボサノヴァアルバムの多さには脱帽。プロデューサーはクリード・テイラー(後にCTIレコードを創設、ジム・ホールのアランフェス協奏曲を制作した人)。
さてジム・ホールおじさまのギターは、はっきりギター弾いてるなと聴いてわかるのは2~3曲。ほぼバッキング。
ほかにもあるかもしれないけど、ビッグバンドで埋もれて弾いてるかどうかよくわからんのです。ジム度は低いけど、全体的にはよいアルバムかなってことで星3つ。

詳細

アルバムタイトル(英題)
Piano, Strings, And Bossa Nova
アルバム名義(英語表記)
Lalo Schifrin
収録年
#1-7,1962/10/23  ; #8-12 1962/10/24 New York City
#25(Bonus Track) 1959/12/23
オリジナルレコード レーベル
MGM Records SE 4110  ,released 1963 (Reissue ; Verve Records V6-785 ,1969)
所有盤
海外CD
CD発売元
Verve Music Group
CD発売日
2008/9/23
規格品番
B0011960-02
UPC
602517833326
定価
-

曲目

  1. The Wave
    作曲
    Lalo Schifrin
  2. Insensatez
    作曲
    Antonio Carlos Jobim
  3. You And Me (Voce E Eu)
    作曲
    Carlos Lyra, Vinicius De Moraes
  4. Lalo's Bossa Nova (Samba Para Dos)
    作曲
    Lalo Schifrin
  5. Silvia
    作曲
    Lalo Schifrin
  6. Murmurio
    作曲
    Luiz Antonio,Djalma Ferreira
  7. Maria
    作曲
    Leonard Bernstein
  8. Rapaz De Bem
    作曲
    Johnny Alf
  9. Samba No Perroquet (Parrot Samba)
    作曲
    Djalma Ferreira
  10. Rio After Dark
    作曲
    Lalo Schifrin
  11. Time For Love
    作曲
    Leonard Feather
  12. I'm Looking Over A Four Leaf Clover
    作曲
    Harry Woods, Mort Dixon

演奏者#2,4,8,10

Lalo Schifrin
piano ,arranged
Chris White
bass
Rudy Collins
drums
Jim Hall
guitar
Carmen Costa
percussion
José Paulo
percussion
unknown
strings,others
Creed Taylor
producer

演奏者

Frank Rosolino
trombone
Lester Robertson
trombone
Art Pepper
alto sax
Richie Kamuca
tenor sax
Jimmy Giuffre
baritone sax,tenor sax,arr
George Morrow
bass
Mel Lewis
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Verve 共演者.LaloSchifrin

拍手する

Cool Heat : Anita O'Day Sings Jimmy Giuffre Arrangements [1959年](CD)

Cool Heat: Anita O'Day Sings Jimmy Giuffre Arrangements

オススメ度

★★★☆☆

所感

ジャズシンガー、アニタ・オデイのボーカルアルバム。
#1~12はタイトル通り、アルバム「Cool Heat: Anita O'Day Sings Jimmy Giuffre Arrangements」の音源。テナーサックスなどのジミー・ジュフリーがアレンジを手がけたもの。ジム・ホールのギターは12曲中、8曲演奏している。全体的にゆったりまったりスイングしてる感じ。

#13~24はボーナスアルバムとして「Anita O'Day Sings Cole Porter witjh Billy May 」を収録。こちらにはジム・ホールは関係していない。コール・ポーターのカバー集で、ビッグバンドの演奏。全曲、勢いがあって元気で激しいかんじ。ボーナスアルバムの扱いになってますが、歌はこっちのほうが好きかな・・・。

#25「Memories of you」は1959年公開の映画「The Gene Krupa Story」(ジャズドラマー、ジーン・クルーパの伝記映画)のサウンドトラックから収録。これはバーニー・ケッセルがギターを弾いてます。原曲がいいバラード曲だからでしょうが、かなりいい感じの歌と演奏です。
 
さて「Cool Heat」でのジム・ホールは基本的にはバッキングで、時々ソロもある。まぁ歌ものなので、際立って目立つというほどでもないかなーと。ジム度は星3つてことで。
 

詳細

アルバムタイトル(英題)
Cool Heat: Anita O'Day Sings Jimmy Giuffre Arrangements
アルバム名義(英語表記)
Anita O'Day
収録年
#2,4,8,10 1959/4/6 Los Angeles ; #1,5,9,11 1957/4/7 Los Angeles ; #3,6,7,12 1959/4/8 Los Angeles
  #13-24(Bonus Album) 1959/4/2 ,1959/4/9 Los Angeles
#25(Bonus Track) 1959/12/23
オリジナルレコード レーベル
#1-12 first issued on Verve Records MG V 8312,MG VS  6046
#13-24  Bonus Album from "Anita O'Day Sings Cole Porter witjh Billy May " Verve Records MG V 2118,MG VS  6059 
Anita O'Day Sings Cole Porter with Billy May
#12-13  Bonus trackfrom the soundtrack of the film "The Gene Krupa Story" Verve MG V 15010,MG VS 6105
所有盤
海外CD
CD発売元
American Jazz Classics
CD発売日
2010/4/5
規格品番
99016
EAN
8436028693375
定価
-

曲目

  1. Mack the knife
    作曲
    Bertolt Brecht, Kurt Weill, Marc Blitzstein
  2. Easy Come, Easy Go
    作曲
    Johnny Green, Edward Heyman
  3. Orphan Annie
    作曲
    traditional
  4. You're a clown
    作曲
    Joe & Aileen Albany
  5. Gone With The Wind
    作曲
    Allie Wrubel, Herbert Magidson
  6. Hooray for Hollywood
    作曲
    Johnny Mercer, Richard Whiting
  7. It had to be you
    作曲
    Gus Kahn, Isham Jones
  8. Come rain or come shine
    作曲
    Johnny Mercer,Harolf Arlen
  9. Hershey bar
    作曲
    Johnny Mandel
  10. A Lover Is Blue
    作曲
    James R.Mundy , James Oliver Young , Charles Carpenter
  11. My Heart Belongs To Daddy
    作曲
    Cole Porter
  12. The Way You Look Tonight
    作曲
    Jerome Kern,Dorothy Fields
  13. Just One Of Those Things
    作曲
    Cole Porter
  14. Love For Sale
    作曲
    Cole Porter
  15. You'd Be So Nice To Come Home To
    作曲
    Cole Porter
  16. Easy To Love
    作曲
    Cole Porter
  17. I Get A Kick Out Of You
    作曲
    Cole Porter
  18. All Of You
    作曲
    Cole Porter
  19. Get Out Of Town
    作曲
    Cole Porter
  20. I've Got You Under My Skin
    作曲
    Cole Porter
  21. Night And Day
    作曲
    Cole Porter
  22. It's de-lovely
    作曲
    Cole Porter
  23. I Love You
    作曲
    Cole Porter
  24. What Is This Thing Called Love
    作曲
    Cole Porter
  25. Memories of you
    作曲
    Eubie Blake, Andy Razaf

演奏者#2,4,8,10

Frank Rosolino
trombone
Jimmy Giuffre
reeds,arr
Alan Harding
reeds
Bud Shank
reeds
Jim Hall
guitar
George Morrow
bass
Mel Lewis
drums

演奏者#1,5,9,11

Frank Rosolino
trombone
Lester Robertson
trombone
Art Pepper
alto sax
Richie Kamuca
tenor sax
Jimmy Giuffre
baritone sax,tenor sax,arr
George Morrow
bass
Mel Lewis
drums

演奏者#3,6,7,12

Conte Candoli
trumpet
Tommy Reeves
trumpet
Jack Sheldon
trumpet
Frank Rosolino
trombone
Lester Robertson
trombone
Gil Falco
trombone
Jim Hall
guitar
George Morrow
bass
Mel Lewis
drums
Jimmy Giuffre
arr

演奏者#13-24

Mannie Klein
trumpet
Conrad Gozzo
trumpet
Ronnie Lang
alto sax
George Morrow
bass
Mel Lewis
drums
Billy May
arr,conductor
among others

演奏者#25

Benny Carter
alto sax
Eddie Miller
tenoer sax
Red Nichols
cornet
Moe Schneider
trombone
Heinie Beau
clarinet ,arr
Barney Kessel
guitar
Jess Stacy
piano
Morty Corb
bass
Gene Krupa
drums
Billy May
arr,conductor

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Verve 共演者.JimmyGiuffre 共演者.AnitaODay

拍手する

Herb Ellis Meets Jimmy Giuffre (1959年)[CD]

Herb Ellis Meets Jimmy Giuffre

オススメ度

★★★☆☆

所感

明るく楽しく聴きやすいアルバムで、結構好き。アルバムタイトルからしてジャズギタリスト、ハーブ・エリスとテナーサックスのジミー・ジュフリーのアルバムと思いきや、主役は完全にハーブ・エリスのリードギターです。ギターがメロディを弾いて、ジミー・ジュフリーやアート・ペッパーなどの管楽器は伴奏的なホーンセクションに徹して演奏しております。今回ばかりはジュフリーも自己トリオの変態志向はやめて、ふつーの楽しい演奏でございます。
ジム・ホールは右トラックでひたすら4分刻みのバッキングに徹しております。
曲は全体的に明るく爽やかな、ウエストコーストジャズってやつで、聴きやすい。4曲目はハーブ・エリスの完全なギターソロ。ジャズってよりはクラッシックみたいなオリジナル曲。
単純に音楽として考えると星4つってとこですが、ジム・ホール度を考えると星1つ!うひー 中間で星3つってことで。
ちなみに査収したCDはオリジナルLP1枚をCDにしたもの。単品CDはよっぽど出回ってないのかiTunesにCDをつっこんでもデータが無くて曲名が表示されなかった罠。

詳細

アルバムタイトル(英題)
Herb Ellis Meets Jimmy Giuffre
アルバム名義(英語表記)
Herb Ellis Meets Jimmy Giuffre
収録年
1959/3/26:Hollywood
オリジナルレコード レーベル
Verve Records  MG V-8311 mono, MG VS-6045 stereo
所有盤
海外CD
CD発売元
PolyGram Records,Inc
CD発売日
1999 July
規格品番
314559826-2
UPC
731455982626
定価
-

曲目

  1. Goose Grease
    作曲
    Herb Ellis, Jimmy Giuffre
  2. When Your Lover Has Gone
    作曲
    Einar Aaron Swan
  3. Remember
    作曲
    Jimmy Giuffre
  4. Patricia
    作曲
    Herb Ellis
  5. A Country Boy
    作曲
    Herb Ellis
  6. You Know
    作曲
    Jimmy Giuffre
  7. My Old Flame
    作曲
    Arthur Johnston, Sam Coslow
  8. People Will Say We're In Love
    作曲
    Richard Rodgers  and Oscar Hammerstein II

演奏者

Herb Ellis
guitar
Bud Shank
alto sax
Art Pepper
alto sax
Richie Kamuca
tennor sax
Jimmy Giuffre
tennor sax
Jim Hall
rhythm guitar (tracks1-3,5-8)
Joe Mondragon
bass
Stan Levey
drums
Lou Levy
piano (tracks1,3,5,7,9)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Verve 共演者.JimmyGiuffre 共演者.HerbEllis

拍手する

Bob Brookmeyer : The Blues Hot And Cold + 7X Wilder (1960年;1961年)[CD]

BobBrookmeyer The Blues Hot And Cold + 7X Wilder  

オススメ度

★★★★☆

所感



  BobBrookmeyer The Blues Hot And Cold
The Blues Hot And Cold
のジャケット

  BobBrookmeyer 7X Wilder
7X Wilderの
ジャケット

キマシタワー!これはひさびさによいジム・ホール。トロンボーン奏者であるボブ・ブルックマイヤーのLPアルバム「The Blues Hot And Cold」(#1~6、1960年)と「The Blues Hot And Cold + 7X Wilder」(#7~13、1961年)の2枚のアルバムを1枚のCDに収めたもの。ジャケットは「The Blues Hot And Cold 」の文字を加工したものになっている。ジム・ホールは「7X Wilder」のほうに参加。で、2枚のアルバムともかなりいいよいいよ~。The Blues Hot And Coldはジムおじさんがいないが、ボブ・ブルックマイヤーの演奏、音はけっこう好きなんで、ねっとりしたブルージィなボブのソロをじっくり堪能できてほっこりする。
一方「7X Wilder」はアメリカの作曲家アレック・ワイルダーの曲のカバー6曲と、彼のための自作曲1曲合わせて7曲を収録。ボブ・ブルックマイヤーはトロンボーンに変えてピアノも4曲で演奏しており、多才ぶりを発揮達者。特に#13などは、はじめトロンボーンを吹いていたのに中盤でピアノを演奏に変わるといる器用っぷり。
さてジム・ホールは全編にわたりバッキングとソロギターがあってたっぷり聴ける上に、ギタープレイの内容も大変レベルが高く、満足満足。ボブ名義のアルバムだがジムはボブと同等のソリストとして扱われている模様。しいていうならアート・ファーマーとのダブルヘッド結成以前の、ホーン+ギターのプロトタイプ的な印象かな。星4つ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
The Blues Hot And Cold + 7X Wilder
アルバム名義
Bob Brookmeyer Quartet
収録年
#1-6;"The Blues Hot And Cold":1960/6/16 at Los Angels, #7-13;"7X Wilder" :1961/6/29, at New York City
オリジナルレコードレーベル
"The Blues Hot And Cold" Verve Records MGV 8385(821 550-1) ,"7X Wilder" Verve Records V-8413
CD発売元,レーベル
Lone Hill Zazz , Licensed by Long Horn inc.
所有盤
輸入CD
CD発売日
2009/10/6
規格品番
LHJ10378
EAN
8436019583784
定価
N/A

曲目

  1. On the Sunny Siide of the Street
    作曲
    Count Basie
  2. Stoppin' At the Savoy
    作曲
    Bob Brookmeyer; based on "Stompin' At the Savoy" - Andy Razaf,Benny Goodman,Chick Webb,Edgar Sampson
  3. Languid Blues
    作曲
    Bob Brookmeyer
  4. I Got Rhythm
    作曲
    George Gershwin,Ira Gershwin
  5. Smoke Gets in Your Eyes
    作曲
    Otto Harbach,Jerome Kern
  6. Hot and Cold Blues
    作曲
    Bob Brookmeyer
  7. While We're Young
    作曲
    Alec Wilder,Morty Palitz,Bill Engvick
  8. That's the Way it Goes
    作曲
    Alec Wilder,Sidney Robin
  9. The Wrong Blues
    作曲
    Alec Wilder,Bill Engvick
  10. It's So Peaceful in the Country
    作曲
    Alec Wilder
  11. Blues for Alec
    作曲
    Bob Brookmeyer
  12. I'll Be Around
    作曲
    Alec Wilder
  13. Who Can I Turn to?
    作曲
    Alec Wilder,Bill Engvick

演奏者

Track#1-6: from Album "The Blues Hot And Cold "
Bob Brookmeyer
valve trombone
Jimmy Rowles
piano
Buddy Clark
bass
Mel Lewis
drums
Track#7-13:from Album "7X Wilder"
Bob Brookmeyer
valve trombone #8,#10,#12,#13,piano #7,#9,#11,#13
Jim Hall
guitar
Bill Crow
bass
Mel Lewis
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Verve 共演者.BobBrookmeyer 共演者.BillCrow

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。