That's How I Love The Blues! : Mark Murphy (1962年)[CD]

That's How I Love The Blues! : Mark Murphy  

オススメ度

★☆☆☆☆

所感

男性ボーカルのマーク・マーフィによるブルースアルバム。ジャズブルースってより、ほんとにブルース寄りの内容。でも歌はそつなく、あんまりアクが無くてこぎれいな感じ。B.B.キングやバディ・ガイみたいなパンチのあるブルースを想像すると期待はずれかも。白人男性の歌謡ってかんじですな。ジム・ホールのギターはひたすらバッキングに徹していて、しかもそんなにはっきりと聴こえてくるわけでもない、ほんとマニア収集むけアルバムですわ。全体の内容的は可もなく不可もなくってとこ。でさらにジム度も低いことが追い討ちをかけて残念ながら星1つ!悪くはないですよ。まぁ特徴があんまりないアルバムかなぁ・・・っと。

詳細

アルバムタイトル(原題)
That's How I Love The Blues!
アルバム名義
  Mark Murphy
収録年
1962/10/1,1962/12/26 and 28 at the New York City
オリジナルレコードレーベル
Riverside  Records RLP 441
CD発売元,レーベル
Riverside  Records
所有盤
海外CD
CD発売日
1989
規格品番
OJCCD-367-1 (RLP-9441)
UPC
025218036726
定価
N/A

曲目

  1. Going To Chicago Blues
    作曲
    Count Basie/Jimmy Rushing
  2. Senor Blues
    作曲
    Horace Silver
  3. That's How I Love The Blues
    作曲
    Hugh Martin/Ralph Blane
  4. Jelly Jelly Blues
    作曲
    Billy Eckstine/Earl Hines
  5. (I'm Left With The) Blues In My Heart
    作曲
    Benny Carter/Irving Mills
  6. Fiesta In Blue
    作曲
    Benny Goodman/Dave Lambert/Jimmy Mundy/Jon Hendricks
  7. Rusty Dusty Blues
    作曲
    J. Mayo Williams
  8. Blues In The Night
    作曲
    Harold Arlen/Johnny Mercer
  9. The Meaning Of Blues
    作曲
    Bobby Troup/Leah Worth
  10. Everybody's Crazy 'bout The Doggone Blues
    作曲
    Henry Creamer/Turner Layton
  11. Blues, Yor're The Mother Of Sin
    作曲
    Billy Eckstine/Sid Kuller
  12. Wee Baby Blues
    作曲
    Big Joe Turner/Pete Johnson

演奏者

Mark Murphy
vocals
Nick Travis,Clark Terry or Snooky Young
trumpets
Bernie Leighton or Dick Hyman
organ
Roger Kellaway
piano
Jim Hall
Guitar
Ben Tucker
Bass
Dave Bailey
drums
Willie Rodriguez
Conga or tambourine
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Riverside 共演者.MarkMurphy 共演者.RogerKellaway

拍手する

Bill Evans : Interplay (1962年)[CD]

jimhall_inter.jpg

オススメ度

★★★★☆

所感

典型的なモダンジャズ。初心者にもすげーわかりやすい。ビル・エヴァンスのクインテット(ピアノ、トランペット、ギター、ベース、ドラム)。ビル・エヴァンス名義のアルバムなので他のパートが目立たないと思いきや、各楽器のソロ回しが配置されており、当然ジムのソロプレイも負けじと目立ち聴きどころが多い。てことで星4つ。全体的には元気で勢いのある曲が多く、直球なかんじでずーっと聴いてるとちょっと飽きる・・・かも?バラードは#2.When You Wish upon a Star(星に願いを)くらいかなー。ビル・エヴァンスはやっぱトリオがベストなんですかね。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Interplay
アルバム名義
Bill Evans
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1962/6/16
発売元,レーベル
Riverside Records,Inc.
所有盤
輸入CD
CD発売元
Riverside Records,Inc.
CD発売日
1987
規格品番
OJCCD-308-2(RLP-9445)
UPC
025218630825
定価
-

曲目

  1. You and the Night and the Music
    作曲
    Arthur Schwartz,Howard Dietz
  2. When You Wish upon a Star
    作曲
    Ned Washington,Leigh Harline
  3. I'll Never Smile Again [Take 7]
    作曲
    Ruth Lowe
  4. I'll Never Smile Again [Take 6][*]
    作曲
    Ruth Lowe
  5. Interplay
    作曲
    Bill Evans
  6. You Go to My Head
    作曲
    Haven Gillespie,J. Fred Coots
  7. Wrap Your Troubles in Dreams (And Dream Your Troubles Away)
    作曲
    Billy Moll,Harry Barris,Ted Koehler

演奏者

Bill Evans
piano
Freddie Hubbard
trumpet
Jim Hall
guitar
Percy Heath
bass
Philly Joe Jones
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Riverside 演奏編成.クインテット 共演者.BillEvans

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ