スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Charlie Haden - Jim Hall (1990年)[CD]{ライブ録音}

Charlie Haden -Jim Hall

オススメ度

★★★★☆

所感

国内盤CD

ベーシスト、チャーリー・ヘイデン(1937/8/6-2014/7/11)とジャズギタリスト、ジム・ホール(1930/12/4-2013/12/10)のデュオによるライブ・アルバム。1990年7月2日、カナダ、モントリオール・ジャズ・フェスティバルでのライブ音源。

嗚呼なんということでしょう。今年2014年の8月にぼけっとネットを巡回していたらたまたま見かけたユニバーサルミュージックのニュースでさらっとこのアルバムのリリースが予告されているのを見たときの高揚感ときたら。ていうか4月に告知されていたのにまったく気がつかなかったわー。
以来いまかいまかと待ちかねていたわけですがようやく国内CDは予定通り2014年10月1日に発売。そして別途注文した海外CDは遅延の案内があり到着未定。海外CDなんてそんなもんだよねー。待つことはジムおじさまのレーベルArtistshareで鍛えられました。

さて与太話はいいとして音源はというと。
うん。1990年のジム・ホールといえば私的にはかなり好きな時期。演奏も叙情的なものからビビッドなスタイルまでいろいろありよいかなと。
チャーリー・ヘイデンのベース演奏はっと、失礼、Jim Hall & Basses(2001年)はあんまり聴いてなかったのであまり印象になかったのですが、わりとまったりというか、すごく基本的なプレイですね。それに比べると年長のジム・ホールのほうがまだぜんぜん若々しく元気なプレイ。Down From Antiguaの弦が切れんばかりの激しいカッティングソロときたら聴いてるほうが汗かくわー。

ジムおじさま+ベースのデュオといえば、ロン・カーターやレッド・ミッチェルが思い浮かぶけど、あれらは緊張感がある曲があったりして緩急があったけど、このアルバムは全体的にのんびりしてるというか穏やかな印象かな。まぁBig Bluesとかおなじみのジャズブルースや、後期のジムおじさまの特徴である変態意味分からん系が最後にあったりして、変化はあるんだけど。なんというか若かりし頃(といっても40代)のとんがった感じとは違って、二人とも円熟の時期でなごやかな空気が感じられます。
などとすごく抽象的な感想ですが、詳しくは国内CDのライナーノーツなどを御参照くださいってことでー。

あとは音源の問題と思いますが、終始サーッという昔のカセットテープのノイズみたいのが聞こえるのが気になる。1990年の音源でこれかよー。たぶん本来は発売目的がなかった、簡単にとったPA音源とかを使ったのかなぁと憶測。

ジムおじさまが存命のころにこれを聞いていたら星3つかな、てところですが、今このタイミングでリリースされたということで、思い出補正で星4つですっ!

ちなみに国内では3種類のCDが入手でき、iTunes Storeでもダウンロード購入できます。

追記 海外サイト「HDtracks」でもダウンロード購入できます(情報提供:Shaolinさん)。
http://www.hdtracks.com/charlie-haden-jim-hall-live-from-montreal-international-jazz-festival-canada-1990
(注)96kHz/24ビットの高解像音源を購入できますが、対応機器がないと本来の音質で再生されません

関連:

詳細

アルバムタイトル(英題)
Charlie Haden - Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
チャーリー・ヘイデン&ジム・ホール
アルバム名義(英語表記)
Charlie Haden & Jim Hall
アルバム名義(英語表記)
チャーリー・ヘイデン&ジム・ホール
収録年
1990/7/2 Jazz Beat at the Montreal International Jazz Festival Live in Concert
オリジナルレコード レーベル
Impulse! Canadian Broadcasting Corporation. Under exclusive license to Impulse! Universal Music France
Maked & Distributed
Universal Music LLC
所有盤
国内CD
制作
ユニバーサル クラッシクス&ジャズ
国内CD 発売・販売元
ユニバーサルミュージック合同会社
CD販売元
A&M Records
CD発売日
2014/10/1
規格品番
UCCM-1229
JAN
4988005845535
定価
2,600円+税

曲目

  1. Bemsha Swing
    作曲
    Thelonious Monk ,Denzil Best
  2. First Song
    作曲
    Charlie Haden
  3. Turnaround
    作曲
    Ornette Coleman
  4. Body And Soul
    作曲
    lyrics:Edward Heyman, Robert Sour,music:Johnny Green
  5. Down From Antigua
    作曲
    Jim Hall
  6. Skylark
    作曲
    lyrics:Johnny Mercer,music:Hoagy Carmichael
  7. Big Blues
    作曲
    Jim Hall
  8. In The Morment
    作曲
    Charlie Haden

演奏者

Charlie Haden
bass
Jim Hall
guitar

(以下、2種類の海外CD。推測なので店舗にご確認ください)
下記はたぶんJewelcase仕様。いわゆるプラスチックケース。
Amazon掲載のEANが0602537841820。メーカーの規格品番(カタログナンバー)3784182なので

下記は多分digipack仕様。Amazon掲載のEANが0602537841837。
メーカーの規格品番(カタログナンバー)3784183なので
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 共演者.CharlieHaden レーベル.Impulse!

拍手する

After The Lights Go Down Low : Freda Payne (1963年)[CD]

Freda Payne After The Lights Go Down Low  

オススメ度

★★★★☆

所感

女性シンガー、フリーダ・ペインのジャズボーカルアルバム。レコーディング当時19歳で、デビューアルバム。3日間の録音日のうち、最終日の1963年9月19日が彼女の20日の誕生日だったという。その若さで既に貫禄のある、みずみずしくも堂々とした歌いっぷりがすばらしい。全体的には元気はつらつな曲が多いが時折スローな歌も入っている。
前半トラック1~6はビッグバンド編成で錚々たるメンバー。後半トラック7~12は楽器5人とコンパクトなコンボ編成。ジム・ホールは後半の6曲に参加している。
歌モノなのでジム・ホールは基本的にバッキングの演奏。しかしながら#8 'Round Midnightのギターソロが聴き所。うーん、かっけぇー!同じ曲の完全インスト版の、Live!(1975年)と聞き比べるのもまた一興。バラードの#11 I wish I knewではジムお得意のギターのみのバッキングとボーカルで歌いだし、バンドが合流。エンディングもギターバッキングのみとなるアレンジ。実にすがすがしい演奏。ちなみに#7はミドルテンポの軽快なスイングで、主にバッキングギター、#9はサンバ調でひたすら高速なストロークのみ、#10はスローでマイナーな静かなバッキング、#12の陽気快活な曲もストロークメイン。ジム度はあんまり高くないけどRound Midnightがかっこえーからいいかーってなことで甘めの星4つ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
After The Lights Go Down Low and Much More!!!
アルバム名義
Freda Payne
収録年
#1,2:1963/9/17,#3-6:1963/9/18,#7-12:1963/9/19 at RCA Studios,New York City
オリジナルレコードレーベル
Impulse Records A-53
CD発売元,レーベル
Verve Musuc Group
所有盤
輸入CD
CD発売日
2005/9/13
規格品番
B0004271-02
UPC
602498802748
定価
N/A

曲目

  1. After The Lights Go Down Low
    作詞 作曲
    Alan White/Leroy Lovett/Belmont
  2. Sweet Pumpkin
    作曲 作曲
    Ronnell Bright
  3. Blue Piano
    作詞 作曲
    Duke Ellington/Bob Thiele/Bill Katz/Ruth Roberts
  4. The Things We Love To Do
    作詞 作曲
    Clara Ward/Stanley Clayton
  5. Awaken My Lonely One
    作詞 作曲
    Philip Moody/Doris Pony Sherrell
  6. Sweet September
    作詞 作曲
    Peter Stanley/Bill McGuffie/Lorraine Philips
  7. I Cried For You
    作詞 作曲
    Abe Lyman/Arthur Freed/Gus Arnheim
  8. 'Round Midnight
    作詞 作曲
    Thelonious Monk/Bernie Hanighen/Cootie Williams
  9. Out Of This World
    作曲
    Johnny Mercer/Harold Arlen
  10. ELonely Woman
    作曲
    Ornette Coleman/Margo Guryan
  11. I Wish I Knew
    作曲
    Mack Gordon/Harry Warren
  12. It's Time
    作曲
    Pauline Rivelli/Stanley Clayton/Ruth Roberts

演奏者

Track#1-6(Side:A)
Freda Payne
Vocal
Al Derisi,Jimmy Nottingham,Ernie Royal,Nick Travis
Trumpet
Quentin Jackson, Al Raph
Trombone
Bob brookmeyer
Valve trombone
Philwoods
alto sax
Seldon Powell ,Zoot Sims
Tennor sax
Sol Schlinger
Baritone sax
Hank Jones
Piano
Art Davis
Bass
Gus Johnson
Drums
Manny Album
Arranger,Conductor
Track#7-12(Sise:B)
Philwoods
alto sax
Hank Jones
Piano
Jim Hall
Guitar
Art Davis
Bass
Walter Perkins
Drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 共演者.PhillWoods 共演者.HanlJones 共演者.WalterPerkins レーベル.Impulse!

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。