The Complete "Jazz Guitar" : Jim Hall Trio (1957年)[CD]

Complete Jazz Guitar Jim Hall Trio

オススメ度

★★★★☆

所感


iTunes Jim Hall
Jim Hall

これはジム・ホールの初リーダー作であるレコードアルバム「Jazz Guitar」(1957年、Pacific 1227)の完全版です。まぁ内容的には星3つだけど満足感で4つ。
「Jazz Guitar」のレコーディング時は11曲録音されて、最初にレコードが発売されたときはそのうち10曲が採用され、以来、さまざまなカット、トラックの差し替えなどの編集がなされてきたようで、全11曲が収録されたレコード、CDが存在しませんでした。2006年になってスペインのレーベル「Gambit Records」から「Complete Jazz Guitar」と名づけたこのCDが、はじめて全11曲を完全な形で収録し発売したもの、とのことです。発売当時はまー別にいらないや~と思っていたものの、最近またレーベル名がEssential Jazz Classicsと変わって再発されたので査収。うむ。マニアアイテム。どこがどう違うとかは一般人にはもう関係ないやーってレベル(笑)#1~#11が「Jazz Guitar」の音源で、#12~16はボーナストラック。

Amazonから引用:
12曲目以降はボーナス・トラックで(12)はジョン・ルイス名義の「John Lewis Piano」(Atlantic 1272)から。(13)から(15)の3曲も同じくルイス名義の「The Wonderful World Of Jazz」(Atlantic 1375)から。ラストの(16)もルイス名義で、東西両海岸の名手が邂逅した「Grand Encounter」(Pacific Jazz 1217)から。

アルバム「Jazz Guitar」の変遷

  • 1957年:「Jazz Guitar」発売。1st LP Editionとも言われ、Pacific Jazz Records カタログナンバーPJ 1227。本CDでいうところの#1~10が収録され、11.Too Close For Comfortは未収録。
  • 19XX年(詳細時期不明):「Jazz Guitar」再発売。2nd LP Editionとも言われ、#3.This Is Alwaysがマスターテープ紛失により除外、かつ各トラックのピアノ、ベースソロなどをカットされ再生時間が短くなる。9曲収録。
  • 1963年:タイトルが単に「Jim Hall」となり、Pacific Jazz Records カタログナンバー PJ 79 発売。2nd EditionにLarryBunkerのドラムをオーバーダビングしたドラム入りの編集版。ジャケットがこのときだけ変更。※JIM HALL Maniacs さんに、このドラム入りバージョンのジャケットがあります。すげー。
  • 1988年:初CD化。国内では「ジャズ・ギター PLUS」というタイトルで1989年2月22日発売(東芝EMI、CJ28-5153、JAN 4988006631113)  基本は2nd LP Editionのトラックが短い編集版 で、#3.This is Alwaysがマスター紛失のため未収録。#2.Things Ain't What They Used to Beの未カット版をAlternate take(別バージョン)と称して#3に追加。また、未発表音源のToo Close For Comfortを#11として追加。11トラック(10曲+Alternate take)収録。
  • その後何度かCDが再発されるが、3.This is Alwaysが無い状態。実際、わたくしが査収していたJazz Guitar (2001年8月29日発売 TOCJ-9318 JAN 4988006794771)は2nd LP Edition準拠のトラックが短い編集版 で、#2.Things Ain't What They Used to BeのAlternate takeが無くなり、10曲収録。
  • 2006年、海外レーベルからComplete Jazz Guitarが発売。1st LP Editionに準拠したノーカット版にToo Close For Comfortが加わりレコーディング当時の全11曲を完全収録。
    一部比較すると、#1.Stomping At The Savoyの再生時間はComplete JazzGuitarでは4:39であるのに対し、手元のカット編集版は4:03です。
  • なお、All Music.com によるとEMIミュージック・ジャパンのTOCJ-6819(2006 ※2007年7月26日発売 4988006843875のことか?)をComplete Jazz Guitarと指しており、これ以後の国内再発CDは完全版・・・なのかは査収してないので不明。
参考文献

詳細(初回発売)

アルバムタイトル(原題)
The Complete "Jazz Guitar"
アルバム名義
Jim Hall Trio
収録年
1957/1/10,24
オリジナルレーベル、カタログナンバー
Pacific Jazz Records (PJ 1227)
所有盤
輸入CD
CD発売元
Gambit Records
CD発売日
2006/11/12,2009(reissue)
規格品番
69259
EAN
8436028692590

詳細(別レーベルとなって再発)

CD発売元
Essential Jazz Classics
CD発売日
2011
規格品番
EJC55494
EAN
843602869779

曲目(#1~11がJazz Guitar。#12~16は別アルバムから転用したボーナストラック)

  1. Stomping At The Savoy
    作曲
    Andy Razaf,Benny Goodman,Chick Webb,Edgar Sampson
  2. Things Ain't What They Used to Be
    作曲
    Mercer Ellington,Ted Persons
  3. This is Always
    作曲
    Harry Warren ,Mack Gordon
  4. Thanks for the Memory
    作曲
    Leo Robin,Ralph Rainger
  5. Tangerine
    作曲
    Victor Schertzinger,Johnny Mercer
  6. Stella By Starlight
    作曲
    Johnny Mercer,Victor Schertzinger
  7. 9:20 Special
    作曲
    Ned Washington,Victor Young
  8. Deep In A Dream
    作曲
    Earle Warren,William Engvick
  9. Look for the Silver Lining
    作曲
    Buddy DeSylva,Jerome Kern
  10. Seven Come Eleven
    作曲
    Benny Goodman,Charlie Christian
  11. Too Close For Comfort
    作曲
    Jerry Bock,Larry Holofcener,George David Weiss
  12. Two Lyric Pieces: Pierrot / Columbine [bonus track]
    作曲
    John Lewis
  13. I Remember Clifford [bonus track]
    作曲
    Benny Golson
  14. Two Degrees East, Two Degrees West [bonus track]
    作曲
    John Lewis
  15. I Should Care [bonus track]
    作曲
    Axel Stordahl,Paul Weston,Sammy Cahn
  16. Skylark [bonus track]
    作曲
    Hoagy Carmichael, Johnny Mercer

演奏者(#1-11)

Jim Hall
guitar
Carl Perkins
piano
Red Mitchell
bass

演奏者(#12) Massachusetts,1957/8/24,John Lewis 「John Lewis Piano」(Atlantic 1272)

Jim Hall
guitar
John Lewis
piano

演奏者(#13-15) New York, 1960/6/29,John Lewis 「The Wonderful World Of Jazz」(Atlantic 1375)

Jim Hall
guitar
John Lewis
piano
George Duvivier
bass
Connie Kay
bass

演奏者(#16)Los Angels,1956/2/10,John Lewis 「Grand Encounter」(Pacific Jazz 1217)

Jim Hall
guitar
Carl Perkins
piano
Parcy Heath
bass
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Gambit 共演者.RedMitchell

拍手する

Ruby Braff with Hank Jones Complete Recordings Featuring Jim Hall (1958年)[CD]

Ruby Braff with Hank Jones Complete Recordings Featuring Jim Hall

オススメ度

★★☆☆☆

所感

ガーシュウィンのカバー集。ジャズの古典ですな。Ruby Braff(Trumpet),HankJones(Piano) 名義のの3枚のLPアルバム「Ruby Braff Goes Girl Crazy(1958)」1~9曲目、「You're Getting to Be a Habit With Me(1961)」10-~13曲目、「Easy Now(1958)」14~18曲目をCD1枚にまとめたもの。
そのうちジム・ホールが弾いてるのはガーシュウィンのカバーアルバムともいえる「Ruby Braff Goes Girl Crazy(1958)」の9曲分。ガーシュウィンのメロウな曲とかは好きなので、そこそこ楽しめる。ジムの若かりし頃の瑞々しくてはつらつとした演奏が聴ける。だいぶシンプルだけど。曲ごとにソロパートはある。ギターだけでいえば後半のMundell Loweのほうがこの頃は一枚上手かーってな気がします。まぁ初期のサイドマンとしての参加だし、マニアならぞどーってことで。

外部リンク:
ジョージ・ガーシュウィン(Wikipedia)
Mundell Lowe(公式、英語)

詳細

アルバムタイトル(原題)
Ruby Braff with Hank Jones Complete Recordings Featuring Jim Hall
アルバム名義
Ruby Braff with Hank Jones
アルバムタイトル(邦題)
N/A
アーティスト表記(日本語表記)
N/A
収録年
1958/12/4,5(#1-9),1961(#10-13),1958/8/19(#14-18)
発売元,レーベル
Gambit Records.D.L.
所有盤
輸入CD
CD販売元
Gambit Records.D.L.
CD発売日
2007
規格品番
69260
EAN
843602869606
定価
-

曲目

  1. Embraceable You
    作曲
    George & Ira Gershwin
  2. Treat Me Rough
    作曲
    George & Ira Gershwin
  3. But Not For Me
    作曲
    George & Ira Gershwin
  4. Boy! What Love Has Done For Me
    作曲
    George & Ira Gershwin
  5. I Got Rhythm
    作曲
    George & Ira Gershwin
  6. Bidin' My Time
    作曲
    George & Ira Gershwin
  7. Could You Use Me?
    作曲
    George & Ira Gershwin
  8. Barbary Coast
    作曲
    George & Ira Gershwin
  9. Medley (Bidin' My Time / But Not For Me / Embraceable You)
    作曲
    George & Ira Gershwin
  10. When Your Lover Has Gone
    作曲
  11. You're Getting To Be A Habit With Me
    作曲
    Dubin-Warren
  12. Let's Do It
    作曲
    Cole Porter
  13. Taking A Chance On Love
    作曲
    Duke-Latouche-Fetter
  14. Give My Regards To Broadway
    作曲
    George M.Cohan
  15. Willow Weep For Me
    作曲
    Ann Ronell
  16. This Is My Lucky Day
    作曲
    DeSylva-Brown-Henderson
  17. Someday You'll Be Sorry
    作曲
    Louis Armstrong
  18. Yesterdays
    作曲
    Jerome Kern-Otto Harbach

演奏者 アルバム Ruby Braff Goes Girl Crazy(1958年) #1-9

Ruby Braff
trumpet (on all tracks)
Hank Jones
piano (on all tracks)
Al Corn
tennor sax
Jim Hall
guitar
George Duvivier
bass(on tracks 3,5,6)
Bob Haggat
bass(on tracks 1,2,4,7,9)
Buzzy Drootin
drums

演奏者 アルバム You're Getting to Be a Habit With Me(1961年)#10-13

Ruby Braff
trumpet (on all tracks)
Hank Jones
piano (on all tracks)
Mundell Lowe
guitar
Milt Hinton
bass
Don Elliot
vibes
Don Lamond
drums

演奏者 アルバム Easy Now(1958年)#14-18

Ruby Braff
trumpet (on all tracks)
Hank Jones
piano (on all tracks)
Mundell Lowe
guitar
Leonard Gaskin
bass
Don Lamond
drums

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 演奏編成.クインテット レーベル.Gambit 共演者.HankJones 共演者.RubbyBraff

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ