スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Marian McPartland : 85 Candles (2003年)[CD]{ライブ録音}

MarianMcpartland85Candles 

オススメ度

★★★☆☆

所感

ジャズ・ビアニストのマリアン・マクパートランド(1918年3月20日生)のライブアルバム。アメリカのラジオ局NPR(National Public Radio)での彼女のレギュラー番組「Marian McPartland's Piano Jazz」の放送25周年と彼女の85歳の誕生日祝賀を兼ねた2003年3月21日のライブイベントを収録。錚々たる面子でCD2枚組みのボリュームたっぷりな内容で、ジャズアルバムとしてはなかなか満足。今をときめくジャズボーカルのノラ・ジョーンズの歌もあったり、楽曲も分かりやすく楽しげな選曲でジャズ初心者がBGM的にながすにもよいかな、とも思う。ジム・ホールと過去に共演したことがある面子もたくさんいて出演者リストを眺めるとなかなか圧巻。だがジム・ホールの出番は2曲のみ、そのうち1曲は曲というよりいつもの即興変態楽器会話でございまして実質#6.I Can't Believe That You're In Love With Meの1曲のみってとこか。その1曲も演奏全体は軽快なスイングなんだけど、ジムおじさまの演奏が若干手元が不安なかんじが・・・っとかそんなわたくしが大それたことを言えるわけがっ!うむむ。ジム度は低いよーってことで星3つ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
85 Candles Live in New York
アルバム名義
Marian McPartland & Friends
収録年
2003/3/21
発売元,レーベル
Condord Records
所有盤
輸入CD
販売元
Concord Music Group,Inc.
CD発売日
2005/3/15
規格品番
CCD2-2218-2
UPC
013431221821
定価
N/A

曲目:Disk1

  1. I Love You
    作曲
    Cole Porter
    演奏
    Bill Charlap, piano
    Ravi Coltrane, tenor sax
    Phil Woods, alto sax
    Dave Douglas, trumpet
    Gary Mazzaroppi, bass
    Glen Davis, drums
  2. The Nearness Of You
    作曲
    Ned Washington/Hoagy Carmichael
    演奏
    Norah Jones, vocals
    Marian McPartland, piano
    Gary Mazzaroppi, bass
    Glenn Davis, drums
  3. Tangerine
    作曲
    Victor Schertzinger/John H. Mercer
    演奏
    Marian McPartland, piano
    Chris Potter, alto sax
    Bill Crow, bass
    Glenn Davis, drums
  4. Last Night When We Were Young
    作曲
    Harold Arlen/Y. Harburg
    演奏
    Phil Woods, alto sax
    Bill Charlap, piano
    Gary Mazzaroppi, bass
    Glen Davis, drums
  5. Twilight World
    作曲
    Marian McPartland
    演奏
    Marian McPartland, piano
    Karrin Allyson, vocals
    Bill Crow, bass
    Glen Davis, drums 
  6. I Can't Believe That You're In Love With Me
    作曲
    Jimmy McHugh/Clarence Gaskill
    演奏
    Marian McPartland, piano
    Jim Hall, guitar
    Regina Carter, electric violin
    Glen Davis, drums
    Gary Mazzaroppi, bass
  7. Free Piece
    作曲
    Jim Hall/Marian McPartland
    演奏
    Marian McPartland, piano
    Jim Hall, guitar
  8. Old Friend
    作曲
    Stephen Sondheim
    演奏
    Barbara Carroll, vocals & piano
    Gary Mazzaroppi, bass
    Glen Davis, drums
  9. Have You Met Miss Jones?
    作曲
    Richard Rodgers/Lorenz Hart
    演奏
    Barbara Carroll, piano
    Gary Mazzaroppi, bass
    Glen Davis, drums
  10. Take The 'A' Train
    作曲
    Billy Strayhorn
    演奏
    Marian McPartland, piano
    George Wein, piano
  11. Summertime
    作曲
    Ira Gershwin/DuBose Heyward/George Gershwin
    演奏
    Jason Moran, piano
    Marian McPartland, piano

曲目:Disk2

  1. All Blues
    作曲
    Miles Davis
    演奏
    James Williams, piano
    Ravi Coltrane, tenor sax
    Phil Woods, alto sax
    Dave Douglas, trumpet
    Gary Mazzaroppi, bass
    Glenn Davis, drums
  2. My Foolish Heart
    作曲
    Ned Washington/Victor Young
    演奏
    Roy Hargrove, trumpet
    Marian McPartland, piano
  3. But Not For Me
    作曲
    Ira Gershwin/George Gershwin
    演奏
    Curtis Stigers, vocal
    Marian McPartland, piano
    Gary Mazzaroppi, bass
    Glenn Davis, drums
  4. Memories Of You
    作曲
    Andy Razaf/Eubie Blake
    演奏
    Jon Faddis, trumpet
    Dr.Billy Taylor, piano
  5. Yesterdays
    作曲
    Jerome Kern/Otto A. Harbach
    演奏
    Marian McPartland, piano
    Bill Crow, bass
    Glenn Davis, drums
  6. While We're Young
    作曲
    Morty Palitz/William Engvick/Alec Wilder
    演奏
    Jackie Cain, vocal
    Marian McPartland, piano
  7. I've Told Every Little Star
    作曲
    Jerome Kern/Oscar Hammerstein II
    演奏
    Jackie King, guitar
    Marian McPartland, piano
    Gary Mazzaroppi, bass
    Glenn Davis, drums
  8. Capricious
    作曲
    Billy Taylor
    演奏
    Marian McPartland, piano
    Dr.Billy Taylor, piano
  9. What Am I Here For
    作曲
    Frankie Laine
    演奏
    Nnenna Freelon, vocal
    Marian McPartland, piano
  10. Onyx Mood/Soft Lights & Sweet Music/Kaleidoscope
    作曲
    Dick Hyman/Irving Berlin/Marian McPartland
    演奏
    Bill Charlap, piano
  11. Lester Leaps In
    作曲
    Lester Young
    演奏
    Jon Faddis, trumpet
    Clark Terry, flugelhorn
    Dr.Billy Taylor, piano
    Loren Schoenberg, tenor sax

    Gary Mazzaroppi, bass
    Glenn Davis, drums
-
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Concord 共演者.MarianMcPartland

拍手する

Ron Carter and Jim Hall : Telephone (1984年)[CD]{ライブ録音}

Telephone

オススメ度

★★★★☆

所感


テンションあがるわー!ジム・ホールとロン・カーターの共演ライブアルバム第3弾。前はそれほど好きでもなかったけど、最近聴きしたら良かった。珍しく観客の歓声が多めに入っていて興奮気味な会場の様子が良く伝わる。観客の熱気に応じるように2人の演奏もどこかいつものクールさを投げ打って、ヒートアップしたご様子でございます。レーベル主催のコンコード・ジャズ・フェスティバル(場所コンコード・パビリオン)での録音。演奏の勢いに押されて星4つ。

どういうわけか、録音の音質そのものはちょっとぼやっとしており、本アルバムより2年前の第2弾Live at Village West(1982年)[サイト内リンク]のほうが音は鮮明だ。マスター音源のせいかミックスがよくないのか原因は不明だけど、音的には第1弾のAlonte Together(1972年)に逆戻りした印象。

それにしても選曲や演奏には緩急抑揚があり、なかなかよい。4.Chorale and Danceはジム・ホールのオリジナルで、スリリングで多彩な展開に富んだ曲でよい。イントロとエンディングのスローな部分はバロック音楽から曲想を得たという。#5.Alone Togetherは1972年のものよりテンポが速めで、10分に及ぶ気合の入った聴き応えのある演奏だ。#6.Stardustはジムの複雑でありながら美しいギターバッキングにのせてロン・カーターが歌心たっぷりにベースを奏でるバラードで味わい深い。#7.Two's Bluesもジム・ホールのオリジナルで、名盤Concierto/アランフェス協奏曲(1975年)[サイト内リンク]でもベースはロン・カーターで、緊張感のあるカッコいいユニゾンを展開している。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Telephone
アルバム名義
Ron Carter and Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
テレフォン
アーティスト表記(日本語表記)
ロン・カーター&ジム・ホール
収録年
1984/8
発売元,レーベル
Concord Records
所有盤
国内CD
CD発売元
ビクターエンタテインメント株式会社
CD発売日
2002/6/21
規格品番
VICJ-60931
JAN
4988002430215
定価
2,520円

曲目

  1. Telephone
    作曲:Ron Carter
  2. Indian Summer
    作曲:Victor Herbert,Al Dubin
  3. Candlelight
    作曲:Ron Carter
  4. Chorale and Dance
    作曲:Jim Hall
  5. Alone Together
    作曲:Haward Dietz,Arthur Schwarts
  6. Stardust
    作曲:Hoagy Carmichael,Mitchell Parish
  7. Two's Blues
    作曲:Jim Hall

演奏者

Jim Hall
guitar
Ron Carter
bass

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Concord 共演者.RonCarter 演奏編成.デュオ・ベースとギター 録音.ライブ録音

拍手する

Ron Carter and Jim Hall : Live at Village West (1982年)[CD]{ライブ録音}

Ron Carter and Jim Hall Live at Village West

オススメ度

★★★☆☆

所感

ひそやかに熱い1枚。ジム・ホールとロン・カーターの共演ライブアルバム第2弾。ライナーノーツによると次の通り制作の経緯が紹介されている。

ニューヨークのNational Public Radioというラジオ局が、ヴィレッジ・ウエストでのライヴによる「ジャズ・アライヴ」という番組を放送していた。本アルバムでの演奏はそのために収録 されたものなのである。ジムとロンは、この音源の権利を自分たちに戻すという条件でO.K.し、そのテープがコンコードへと持ち込まれた

ジム・ホールとロン・カーターの共演第1弾は本アルバムから10年前のAlonte Together(1972年)。1970年代は2人ともそれぞれ個人の活動が忙しくなってデュオのライブができなくなっていたが、あれから10年たって1982年にデュオを再活動させたときのアルバムになる。

聴いてまず思ったのが、たった10年で録音技術ってすげー向上したんだなーと関心。同じ2人の演奏でも10年前の作品と比べて明らかに音質がクリアになってて、ギターの繊細な音使いがとてもよく聴こえる。一方、ロン・カーターのベースの音もブリブリとうねるような、ねっとりした音がはっきり聴こえてきてよいかも。

さて、肝心の曲だがそつなくハイレベルな演奏。#2.All The Things You Areはジムがよく弾く曲で、そのときによって3拍子だったり4拍子だったりするが本アルバムではミドルテンポの4拍子。#9.Laverne WalkのギターとベースのめんどくさいフレーズのユニゾンはConciertoのTwo's Bluesを思わせる、躍動感のある演奏で好き。しかし全体的にこれだー!ってな強力な1曲に欠けるような気がして惜しい。んなわけで星3つ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
Live at Village West
アルバム名義
Ron Carter and Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
ライブ・アット・ザ・ヴィレッジ・ウエスト+2
アーティスト表記(日本語表記)
ロン・カーター&ジム・ホール
収録年
1982/11
発売元,レーベル
Concord Records
所有盤
国内CD
CD発売元
ビクターエンタテインメント株式会社
CD発売日
2002/6/21
規格品番
VICJ-60930
JAN
4988002430208
定価
2,520円

曲目

  1. Bag's Groove
    作曲:Milt Jackson
  2. All The Things You Are
    作曲:Jerome Kern,Oscar Hammerstein II
  3. Blue Monk
    作曲:Thelonious Monk
  4. New Waltz
    作曲:Ron Carter
  5. Down From Antigua [*bonus track]
    作曲:Jim Hall
  6. Summer Night [*bonus track]
    作曲:Harry Warren,Al Dubin
  7. St.Thomas
    作曲:Sonny Rollins
  8. Embraceable You
    作曲:George Gershwin,Ira Gershwin
  9. Laverne Walk
    作曲:Oscar Pettiford
  10. Baubles, Bangles And Beads
    作曲:Robert Wright,George Forrest

演奏者

Jim Hall
guitar
Ron Carter
bass

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Concord 共演者.RonCarter 演奏編成.デュオ・ベースとギター 録音.ライブ録音

拍手する

George Shearing,Jim Hall : First Edition (1981年)[CD]

First Edition

オススメ度

★★★★☆

所感

ジム・ホールのギターとジョージ・シアリングのピアノのデュオアルバム。アルバム全体的に明るい雰囲気だ。わりと親しみやすい演奏のアルバムなのでジャズの入門にもよさげかも。だがしかしヘビーなファンにはちょっと甘ったるくて、おもはゆい、物足りない、てな印象を受けるかも。判断が難しいが甘めの星4つにしときますわー。

このアルバムでのオススメはスタンダードの#6.I Hear a Rhapsodyだ。ちょっと速めのテンポで展開し、ソロを交互に受け渡しながら一気にかけぬける爽快なアレンジだ。まったくのアドリブというよりは、ある程度展開を練って演奏していると思われる。

また、楽器の録音の音がきれいでよく、臨場感が伝わる。ときおりジムおじさんが口ずさんでいるのがわかるけど、まぁそれはいつものことなので気にしない。ギターの音色はアンプの音をひろってるんだけど、若干、弦が鳴るアコギ的な生音もすこしミックスされているような印象。

ギターとピアノの演奏は繊細だが遊び心のあるかんじ。ジョージ・シアリングのピアノが優雅でありながら、かわいらしい部分もあるせいか、どこと無くジム・ホールのギターもいつもよりはリラックスして楽しく弾いてるようだ。ジャズバラードといえば哀愁を帯びた曲を想起することもあるが、本作品のバラード#3、#8では哀愁ではなく、みずみずしく恥らう乙女が夢見るようなロマンチックな曲が展開しており、わたくしのような汚れたおっさんは聞いててちょっとこっぱずかしくなることもあるのでこっそり一人で聴きます・・・。

詳細

アルバムタイトル(原題)
First Edition
アルバム名義
George Shearing , Jim Hall
アルバムタイトル(邦題)
ファースト・エディション
アーティスト表記(日本語表記)
ジョージ・シアリング&ジム・ホール
収録年
1981/9
発売元,レーベル
Concord Records
所有盤
国内CD
CD発売元
ビクターエンタテインメント株式会社
CD発売日
2000/6/7
規格品番
VICJ-60599
UPC
4988002401895
定価
1,995円

曲目

  1. Street of Dreams
    作曲:John Lewis,Victor Young
  2. To Antonio Carlos Jobim
    作曲:George Shearing
  3. Careful
    作曲:Jima Hall
  4. I See Nothing to Laugh About
    作曲:Marvin Fisher
  5. Without Words
    作曲:Jim Hall
  6. I Hear a Rhapsody
    作曲:Barker,Gaparre,Bard,Fragos
  7. To Tommy Flanagan
    作曲:George Shearing
  8. Emily
    作曲: Mercer,Mandel

演奏者

George Shearing
piano
Jim Hall
guitar

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.Concord 演奏編成.デュオ・ピアノとギター 共演者.GeorgeShearing

拍手する

Jim Hall Trio featuring Tom Harrell :These Rooms (1988年)

TheseRooms : Jim Hall Trio featuring Tom Harrell

オススメ度

★★★☆☆

所感

まったり。ジム・ホール・トリオにトム・ハレル(フリューゲルホーン、トランペット)を加えてのカルテット編成。スタンダード曲も多いし、ジムおじさんのアルバムとしては普通の部類になるでしょうか。カルテットだだけでなく、ギターソロ、デュオなどの演奏編成もあり、いろいろな楽しみ方ができる。曲調はわりとゆったりめの曲が多い。フリューゲルホーンといえばジムとアート・ファーマーとのコンビを思い浮かべるが、この楽器でほかのプレイヤーってあんまり見かけないなぁ。知らんだけかも。ドラムはジム・ホールの最新作(2008年現在)Hemispheresでも参加してるジョーイ・バロン。ジムの公式アルバムではこれが初参加となるのかね。金物系やスネア、総じて音色がやわらかい印象のドラマーだな。フリューゲルホーン独特の温かみのある音色、やわらかい印象のドラムと相まって全体的にほわーっとした印象をうけるアルバムだ。まったりと和むのには最適かと。10曲もあるんだからもうちょっと刺激がほしいかなーと若干物足りなさも感じるので星3つ。

#3.Something Tells Meはジム・ホールのギターとトム・ハレルのトランペットによるデュオ。#5.All Too Soonはギターソロ。アルバムタイトル曲である#6.These Roomsは長い無調音楽のような意味不明イントロが5分続いたあと、やっとこさふつーのテーマになるという実験的な内容。90年代のジム・ホール壊れ系(笑)の兆しが見えます。#7.Darn That Dreamはジムとスティーブ・ラスピナ(ベース)のデュオ。

詳細

アルバムタイトル(原題)
These Rooms
アルバム名義
Jim Hall Trio featuring Tom Harrell
アルバムタイトル(邦題)
ジーズ・ルームス
アーティスト表記(日本語表記)
ジム・ホール・トリオ・フューチャリング・トム・ハレル
収録年
1988/3/9,10
発売元,レーベル
Concord Jazz,Inc.
所有盤
国内版CD
販売元
コロムビアミュージックエンタテインメント株式会社
CD発売日
2006/4/19
規格品番
COCB-53536
JAN
4988001914679
定価
2,300円(税込)

曲目

  1. With a Song in My Heart
  2. 作曲
    Lorenz Hart;Richard Rodgers
  3. Cross Court
  4. 作曲
    Jim Hall
  5. Something Tells Me
  6. 作曲
    Jane Hall
  7. Bimini
  8. 作曲
    Jim Hall
  9. All Too Soon
  10. 作曲
    Carl Sigman;Duke Ellington
  11. These Rooms
  12. 作曲
    Jim Hall
  13. Darn That Dream
  14. 作曲
    Eddie DeLange;James Van Heusen
  15. My Funny Valentine
  16. 作曲
    Lorenz Hart;Richard Rodgers
  17. Where or When
  18. 作曲
    Lorenz Hart;Richard Rodgers
  19. From Now On
  20. 作曲
    Tom Harrell

演奏者

Jim Hall
guitar
Steve LaSpina
bass
Joey Baron
drums
Tom Harrell
flugelhorn,trumpet

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : 演奏編成.カルテット レーベル.Concord 共演者.TomHarrell 共演者.SteveLaSpina 共演者.JoeyBaron

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。