スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する

Jim Hall And Red Mitchell (1978年) [LP]{ライブ録音}

Jim Hall And Red Mitchell

オススメ度

★★★★★

所感

Jim Hall And Red Mitchell 2
写真はジャケット裏側。
レッド・ミッチェル。

キングレコードの国内盤
は白黒写真ですが、

USA盤(AH5)は
ジャケット表裏とも
カラー写真らしい。

【2016/5/30 追記】(外部リンク)ArtistShareがJim Hall and Red Mitchellの未公開音源アルバムを2016/9/16にCDとダウンロード版(フォーマット不明、high-quality downloadと表示)で発売予定です。このページで紹介しているレコード音源とは別の日1978/1/18のライブ音源の予定。
【2016/12/3 追記】(内部リンク)上記の未公開音源のアルバムが発売されました。こちら。Jim Hall And Red Mitchell : Valse Hot Sweet Basil 1978 (1978年) [CD]{ライブ録音}
***
ジム・ホール関連100枚目のアルバム蒐集。もう、ゴールしていいよね・・・。そのマイルストーンとなる1枚として、ようやく入手。未だにCD化されていなく、その高評価っぷりに伝説と化しているレコード・アルバムがこの「ジム・ホール & レッド・ミッチェル」じゃー!!感極まって自我崩壊悦楽至極。噂に違わない至高の内容でございます。そう、これはCDではなく、LPレコードです。レコードは手を出すまいと思ってましたが、とうとう手を出してしまったよ・・・。ジム・ホールの素の音で、これほど濃密なアルバムにまた出会えたことに感謝。私見ですがジム・ホール最高峰のアルバムと認識している「LIVE!」(1975年)に勝るとも劣らない内容でございます。

音や雰囲気としては「LIVE!」のダークでウェットなリバーブ感と「LIVE IN TOKYO」(1976年)のライトでドライなリバーブ感の中間といったところか。いや、若干ウェット寄りかな。全体的には「LIVE!」のような鬼気迫る緊迫感ではないものの、ジム・ホールとレッド・ミッチェルが演奏中にお互いに刺激しあって呼応する様子が生々しく伝わってくる、精気に満ちたアルバムだ。手数は多めだが、LIVE!と違うのは抑えるところは抑える、といった「退き」の部分がわりとあるところ。どっちかというとレッド・ミッチェルのほうが弾きまくっており、それにジムがひきずられて高揚したフレーズを走らせるといった印象。

ベストテイクはミーハーだがやはりFly Me to The Moon。有名な曲だが、この曲としては意外ともいえる速めのテンポで刺激的に展開しており秀逸の演奏だ。
中古LPを入手したわけですが、帯付き、ライナーノーツつきで完璧な状態!とおもったら先達様の記述を見ると新品ではWaltz Newの楽譜が付いてたらしい。それが抜けてます。p1にはこのオリジナルレコードを発売したレーベル「アーチストハウス」についての説明もあり。(2010/5/4:楽譜はUSA盤に付属していたようですが、国内版の付属については不明。)

ライナーノーツより引用
80年代をリードする本格的ジャズ・レーベル”アーチストハウス”
A&Mでホライズン・レーベルをスタートされたジョン・スナイダーがA&Mより独立、自ら設立したのが"アーチストハウス"です。(中略)まだ三十歳にもならないスナイダーはノース・カロライナ州シャーロットの出身で音楽と法律の学位を取得しており、トランペットもこなします。彼がレコード業界入りしたきっかけはクリード・テイラーに雇われてCTIレーベルで働くからになったからで、1973年のことです。(中略)およそ二年後に彼はCTIを離れてホライズン・レーベルを設立、そのレーベルをもってA&Mの傘下に入りました。(中略)スナイダーはかねてから構想していた自らの裁量によって運営できる新レーベル”アーチストハウス”を発足させ独立しました。

ふむふむ。クリード・テイラーっつたら「アランフェス協奏曲」(1975年)のプロデューサーじゃねーか。ちなみジョン・スナイダーはJohn Snyder - ArtistshouseMusicで経歴や現在の職について確認できます。ライナーノーツp4は「COMPLETE JIM HALL DISCOGRAPHY」と銘打った1955年から1978年までのジム・ホールが参加したレコードアルバムを網羅したリストがありもう平身低頭、資料としても一級品の価値あり。垂涎垂涎。とにかくこのレコードは内容・資料的価値ともにジムファンなら抑えるべき一品でございます。内容的には厳しくみると星4つといったところだが、希少価値と主観により星5つ。

Jim Hall And Red Mitchell 3 Jim Hall And Red Mitchell 4 Jim Hall And Red Mitchell 5 Jim Hall And Red Mitchell 6 Jim Hall And Red Mitchell 7
写真は帯付きの状態、ジャケット内側、ライナーツなど。

詳細

アルバムタイトル(英題)
Jim Hall And Red Mitchell
アルバムタイトル(邦題)
ライヴ・アット・スウィート・ベイジル
アルバム名義(英語表記)
Jim Hall And Red Mitchell
アルバム名義(日本語表記)
ジム・ホール & レッド・ミッチェル
収録年
1978/1/20,1978/1/21
オリジナルレコード レーベル
Artist House(AH 5) 外部リンク John Snyder - ArtistshouseMusic
所有盤
国内LPレコード(33 1/3 r.p.m)
発売元
キングレコード株式会社
発売日
1978/9/5
規格品番
GP-3165
JAN
N/A
定価
2,500円

曲目 Side A

  1. Big Blues (6:25)
    作曲
    Jim Hall
  2. Beautiful (7:56)
    作曲
    Red Mitchell
  3. Waltz New (5:07)
    作曲
    Jim Hall

曲目 Side B

  1. Fly Me to the Moon (7:09)
    作曲
    Bart Howard
  2. Blue Dove (9:19)
    作曲
    Mexican folk song
  3. Osaka Express (4:40)
    作曲
    Jim Hall

演奏者

Jim Hall
guitar
Red Mitchell
bass
スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

tag : レーベル.ArtistHouse 共演者.RedMitchell

拍手する
プロフィール

kawagu

Author:kawagu
江ノ島が好き。

カテゴリ
タグ(サブカテゴリ)
最新記事
リンク
最新コメント
Amazon
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。